全部で20分!宅飲みのおつまみをもっと簡単に!同時進行レシピ4選!

今回は、宅飲みをより楽しみたい方に簡単に作れるおつまみ4選をご紹介します。

  • メンバー
  • 作成日:
127view
favorite
全部で20分!宅飲みのおつまみをもっと簡単に!同時進行レシピ4選!

宅飲みは飲みたいときにいつでも実行できる、一番手軽なお酒の楽しみ方ですよね。

お気に入りのお酒を宅飲みで楽しむには、もちろんおいしいおつまみが欠かせません。

「おいしいおつまみを家でも食べたい!でも、凝った料理を作るのは面倒!」

という方も多いと思います。

ではおうちで簡単に作れるおつまみには、いったいどんなものがあるのでしょうか?

今回は、宅飲みをより楽しみたい方に簡単に作れるおつまみ4選をご紹介したいと思います。

お酒にあうものばかりを選んだのでぜひ参考にしてくださいね。

【01】とろける!宅飲みのおつまみは簡単「クリチ塩辛オムレツ」


宅飲みで簡単に作れるおつまみの一つめは、「クリームチーズと塩辛のオムレツ」です。
卵とクリームチーズがとろける味わいは最高のおつまみです。

クリームチーズと塩辛のオムレツのレシピ

材料
・卵3個
・生クリーム30ml
・塩こしょう少々
・バター10g
・オリーブオイル大さじ1

ソースの材料
・クリームチーズ50g
・塩辛50g
・生クリーム30ml
・小ねぎ(小口切り)少々

まず、クリームチーズは冷蔵庫から取りだして、常温にもどしておきます。

ボウルにソースの材料を入れて、なめらかになるまでよくかきまぜます。

また、もう1つボウルを用意して、卵、生クリーム、塩こしょうを入れてまぜあわせます。

それから、フライパンを中火にかけて、有塩バターとオリーブオイルを入れます。

有塩バターがとけてきたら、卵、生クリーム、塩こしょうをまぜあわせたものを入れ、オムレツのかたちに焼きます。

オムレツをお皿に盛り付けて、ソースと小ねぎをかけたら完成です。

クリームチーズのまろやかなお味が塩辛とあわさって、日本酒によくあうおつまみとなっています。

【02】ワインに♪宅飲みにぴったりのおつまみ簡単「アヒージョ」


宅飲みにぴったりのおつまみの2つめは、ワインの定番おつまみとして知られるアヒージョです。

「アヒージョ」とは、スペイン語で「きざんだにんにく」を意味しています。

スペイン語では「食材名+アルアヒージョ」がお料理の名前となっています。

今回ご紹介するのはベーコンときのこを使ったお手軽アヒージョです。

ベーコンときのこのアヒージョのレシピ

材料
・きのこ150g
・ベーコン25g
・にんにく1片
・エキストラバージンオリーブオイル50g
・塩適宜
・ブラックペッパー適宜
・パセリ小さじ4分の1

まず、にんにくは縦半分に切って芯をとりのぞき、包丁の腹の部分で軽くおしつぶします。きのこは食べやすいひと口大に切り、ベーコンは5mm幅の短冊に切ります。

フライパンにオリーブオイルをそそぎ、にんにく、きのこ、ベーコンを入れて中火で焼きます。

きのこが色づき、ひとまわり小さくなって中に火が通ったら、塩とブラックペッパーで味をつけます。

仕上げにパセリをふりかけたら完成です。

ワインとパンによくあう、とてもおいしいおつまみとなっています。

【03】ヘルシーな宅飲みにおつまみを簡単に!「生ハムとアボカドのサラダ」


ついつい偏ってしまいがちですが、サラダって意外とお酒によくあいますよね!

中でも栄養価が豊富で濃厚なアボカドの味わいは、ビールや白ワインによくあうと評判です。

生ハムとアボカドのサラダのレシピ

材料
・アボカド1個
・生ハムの切り落とし少々
・マヨネーズ大さじ2
・ヨーグルト大さじ1
・こしょう少々

アボカドは皮をむいて真ん中の種をとりのぞき、食べやすい大きさに切ります。

生ハムを加えます。

マヨネーズ、ヨーグルト、こしょうで味つけをして、お皿に盛りつけたらできあがりです。

簡単すぎてびっくりしちゃいますね!

アボカドはとても栄養価の高い食べ物として有名です。

ビタミンEや各種ビタミンの他、鉄やリンのようなミネラルも含んでいます。

果肉の脂肪分は、コレステロールを減らす作用がある一価不飽和脂肪酸(オレイン酸)が主体なのでうれしいです。女性にも人気が高いアボカドを使って、ぜひ簡単なおつまみサラダを作ってみてくださいね。

さわやかなヨーグルトがこってりしたアボカドにとてもよくあい、お酒がすすんでしまうおつまみです。

【04】満足!宅飲みにぴったりのおつまみは簡単「ツナとゆで卵のパリパリ餃子」


宅飲みにぴったりの簡単おつまみ4つめは、オーブントースターで簡単に作れてしまうパリパリ餃子です。

でも普通の餃子とちがって、材料を刻まなくてもいいので楽ちんですよ!

ツナとゆで卵のパリパリ餃子のレシピ

材料
・餃子2枚
・卵1個
・ツナ缶1個
・イタリアンハーブソルト少々
・マヨネーズ大さじ1

まず、お鍋に卵がかくれるくらいの水を入れ、卵とひとつまみの塩を入れてから火にかけます。

沸騰したら中火にし、さらに11~12分程度ゆでて、ゆで卵を作ります。

できあがったら冷水に入れ、冷ましてから卵のからをむき、ゆで卵をフォークで小さくつぶします。

油を切ったツナと卵をまぜ、イタリアンハーブソルトとマヨネーズで和え、餃子の皮に包みます。

アルミホイルをしいたオーブントースターで焼き色がつくまで焼いたらできあがりです。

餃子の皮がパリッとしており、ジューシーなツナと卵がおなかをいっぱいにしてくれます。

ちょっとボリュームのあるものを食べたいときに「ツナとゆで卵のパリパリ餃子」はとてもオススメです。

全部で20分!手際よく宅飲みのおつまみを簡単に作ろう

レシピを4つご紹介したので、これらを全部一度に作る方法をご紹介します。

最初にクリームチーズを常温にもどします。

次ににゆで卵を作ります。

ゆで卵がゆであがるまでに、アヒージョに使うキノコとベーコンを切り、オイルをかけて火にかけます。

その間にアボカドと生ハムのサラダを作ります。

その後、クリームチーズと卵を混ぜておきます。

その間ゆで卵がゆであがったら、卵をむいて餃子を成型します。

そして餃子をオーブンへ入れている間に、クリームチーズと卵のオムレツを焼きます。

アヒージョが出来上がり、オムレツが焼きあがった頃に、ちょうど餃子がオーブンで焼きあがります。

手際よくやると20分くらいですべて用意できますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

   
この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3

関連するタグ