知ってた?日本酒に賞味期限がない理由!おいしく飲むタイミングとは

今回は気になる日本酒の賞味期限とおいしく飲めるタイミングについて調べてみました!

  • メンバー
  • 作成日:
345view
favorite
知ってた?日本酒に賞味期限がない理由!おいしく飲むタイミングとは

日本酒って基本的に賞味期限がないってご存じですか?

え、本当にないのかな?と思って、私も家にある日本酒の賞味期限を探してみましたが、書いてありませんでした。

実は、ほとんどの日本酒のラベルには、賞味期限の記載がありません。

でも、いくら賞味期限がないって言われても、味が変わらないってことはありませんよね?

だいたいいつまでなら飲んでも大丈夫なのでしょうか?

今回は気になる日本酒の賞味期限とおいしく飲める寿命について調べてみました!

実は日本酒には賞味期限がない?


日本酒を買ったものの、飲む機会がなかったものや、いいお酒を頂いたときは「特別な時に飲もう」なんて思って、しばらく置いておくことってありますよね。

日本酒は長く放置しているとメイラード反応という変化がおきて、黄色っぽい褐色になります。

実はそれで熟成が進み、まろやかになっていくのです。

基本的に通常の日本酒は火入れをしているので風味が低下することがないものです。

火入れとは60~65度くらいのお湯で加熱することです。

通常の日本酒は出荷前にこの火入れをされているので、開封していなければすぐに飲む必要はありません。

適切な状況で保存されていれば、未開封の日本酒は長期熟成酒され古酒として味わうことができます。

生の日本酒なら賞味期限に気を付けよう


日本酒は基本的に賞味期限がなく、熟成も可能とお伝えしましたが、熟成に向いている日本酒とそうでない日本酒があります。

その日本酒のおいしさがどこでピークを迎えるのかは、そのお酒それぞれなのです。

日本酒好きは種類ごとの特徴を把握して最適なタイミングで飲めるようにすることを考え、製造年月と照らし合わせて開栓する時期を決める傾向が強いです。

基本的に「火入れ」という加熱処理がされている日本酒なら1年間、生酒など加熱処理がされていない日本酒なら6~7ヶ月間が目安です。

しかし、保存状態が悪いと劣化してしまうため注意が必要で、光や空気に触れないようにすることが大事です。

日光にあたるとくさみがでてしまったり高温の場合もやはり「老香」(ひねか)と呼ばれる独特の香りがついてしまいますので、直射日光のあたらない温度が一定の場所で保存するのが適しています。

古いものをうまく使おう!日本酒の賞味期限が切れたあとにすべきこと


では、開封してしまったり、日光にあたってしまった日本酒はどうしたらよいのでしょうか。

そういった日本酒は、料理酒として使用することをおすすめします。

ごはんを炊くときに入れると、ごはんがふっくらした仕上がりになります。

また、カチカチになったお餅を柔らかくすることもでき、日本酒を吹きかけて1時間ほど置くと食べやすくなるものです。

ラーメンの仕上げに日本酒を入れると麺の油臭さを消してくれ、スープの味にまろやかさをプラスしておいしくなります。

他にも、ドレッシングのお酢の代わりに沸騰させてアルコールを飛ばした日本酒を入れるとまろやかさがあり、苦手な場合にも食べやすくなるように味を調整できます。

このように、さまざまな活用法があるので、古い日本酒の味が劣化していたらぜひ捨てずに活用してみてくださいね。

いつ飲む?日本酒のおいしさの賞味期限は


では、日本酒を一番おいしい状態で飲むにはどのタイミングで飲めばよいのでしょうか?

それは実は「好みとお酒による」としか言いようがありません。

しぼりたてのフレッシュな味わいを好むのであれば、やはり出荷したてを飲んだほうがいいですし、熟成された味わいがお好みであればしばらく適切な状態で保存したものをのんでみるのがいいでしょう。

ただ、古酒として売られていない日本酒は、酒蔵が長期熟成させなくてもおいしいからこそ出荷されているので必ずしも寝かせておけばいいというものでもないと思います。

もちろん生酒のような火入れをしていないお酒は、はやめに飲むほうがいいですね。

一番いいのは、購入するときに保存方法や飲み頃を聞いておくことです。

そうすればその銘柄の一番のおいしいタイミングを知ることができますね!

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3

関連するタグ