酒をおいしく味わおう!日本酒を飲むなら賞味期限に注意すべし

  • メンバー
  • 更新日:
10view
favorite

日本酒は賞味期限がないためどのようにするか迷いますが、古くなると酒のピークを過ぎて風味が低下していることもあります。しかし、ピークであれば本格的な味わいがあり、酒の素材本来の風味を堪能できることが特徴です。日本酒は搾りたてにするとおいしいと言われますが、その時にピークを迎えてしまうものは寿命が短い傾向があります。酒はタンクや瓶などで貯蔵すると味が大きく変わりやすく、最適な時期を決めて飲む方法が望ましいです。

知らないと損をする!日本酒と賞味期限の関係

日本酒を自宅に買ったものの、そのまま飲まずに長時間放置して大丈夫なのかと思うこともあります。日本酒は長く放置することや日光に長時間当たればメイラード反応で黄色っぽい褐色に変化し、火落ちやタンパク混濁の影響でなるものです。味自体は甘かったり苦かったり熟成酒とは違ったものになり、場合によっては口に合うこともあります。基本的に日本酒は賞味期限の表示義務がなく思っているよりも長いこともあり、火入れをしていれば風味が低下することがないものです。しかし、永久にそのまま放置すると酒の味は劣化するもので、料理などに使ってごまかすなど考えると有効活用できます。酒の味のピークは種類によって違うものですが、空気や光に触れると短くなるため保管する時は最適な場所を選ぶことが重要です。最近では独特な風味を出すために長期熟成酒として製造から長期間にわたって保管されていることも多く、古酒としておいしく味わえるために人気があります。

日本酒好きは知っている!日本酒と賞味期限の味の関係

日本酒は基本的に賞味期限が表示されていないためおいしくなるタイミングが分かりにくいものですが、貯蔵する方法や環境によって大きく変わるものです。お酒は米や麦などを原料として麹で発酵させて作られているため、ある程度時間が経過すると風味や香りなどが大きく変化します。基本的に日本酒のテイスティングは減点方式が主流でしたが、最近ではヨーロッパに倣って加点方式になっていることが特徴です。日本酒は古くなると熟成されるものと劣化するものがありますが、製造されてすぐに飲めるように作られているものはすぐに風味が低下しやすくなります。日本酒好きは種類ごとの特徴を把握して最適なタイミングで飲めるようにすることを考え、製造年月と照らし合わせて開栓する時期を決める傾向が強いです。基本的に加熱処理がされていれば1年間、生酒など加熱処理がされていないと6~7ヶ月間になります。しかし、保存状態が悪いと変わるため注意が必要で、光や空気に触れないようにすることが大事です。

古いものをうまく使おう!日本酒の賞味期限が切れたあとにすべきこと

日本酒は基本的に賞味期限が切れるとおいしくなくなると考えがちですが、飲んでも問題ないものの口に合わないとそのまま捨てることもあります。しかし、お酒は肉や魚などの料理の調味料として入れると本格的な仕上がりになるため、下準備として使うなど工夫すると効果的です。他にも炊飯をするために入れるとツヤを出せるため、ふっくらした仕上がりになります。また、カチカチになったお餅を柔らかくすることもでき、日本酒を吹きかけて1時間ほど置くと食べやすくなるものです。ラーメンの仕上げに日本酒を入れると麺の油臭さを消してくれ、スープの味にまろやかさをプラスしておいしくなります。他にも、ドレッシングのお酢の代わりに日本酒を入れるとまろやかさがあり、苦手な場合にも食べやすくなるように味を調整できます。このように、日本酒は賞味期限が切れても捨てずに様々な方法で使えるため、好みに合わせてアレンジするなど考えると大切に味わえることが魅力です。

日本酒好きが考える!日本酒をうまく味わえる賞味期限とは

日本酒が好きな人はラベルに賞味期限の表示がなく、絞り上がった日を確かめて賞味期限を計算する傾向があります。ちなみに、酒はおいしく飲める期間が存在するもので、種類ごとによって違うため事前に自分自身で把握することが大事です。最近では古くてもそれなりにおいしい日本酒が多く、搾りたてとは違った熟成した味わいを堪能できます。最近では、贈り物などで人気の日本酒を選ぶ傾向がありますが、おいしく飲めるタイミングが分からないと意味をなさないものです。賞味期限は酒の種類や保存の状態などで大きく変わるもので、古い酒屋さんになると熟成したものとして売る店もあります。日本酒は使用する素材や製法などでおいしく飲めるタイミングが変わる傾向があり、酒好きであれば熟知しているため聞くと参考になるものです。酒は宴会などをするために役立ちますが最適なタイミングで飲むと素材の風味を味わえ、様々な種類の飲み比べをするとハマるようになります。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3