ちらし寿司をもっとおいしく楽しむお酒!日本酒だけじゃない種類とアレンジレシピ♪

  • ライターN
  • 更新日:
238view
favorite
ちらし寿司をもっとおいしく楽しむお酒!日本酒だけじゃない種類とアレンジレシピ♪

おめでたい席や、家族や親せきがたくさん集まるにぎやかな席でよく見かけるのがちらし寿司ではないでしょうか。

見た目にも華やかなちらし寿司は、場の雰囲気を盛り上げるだけではなく子供から大人まで楽しめ会話まで弾ませてくれるなくてはならない存在ですよね。

ただし、呑んべぇさんとしては「ちらし寿司って呑む時にはちょっと重いかなぁ」なんて思ってしまいませんか?

合うお酒もなんとなく”日本酒”のみなイメージがあり、いろいろなお酒を楽しみたい呑んべぇさんからすると「他のおつまみがいいかなぁ」ととっつきづらい存在でもありますよね。

しかし!!ちらし寿司は意外にお酒との相性が良く、合わせるお酒しだいでものすごいポテンシャルを秘めているのです!!

今回は、呑んべぇさんから嫌煙されがちな「ちらし寿司」を美味しく頂くための合わせるお酒と、アレンジ方法をご紹介します♪

え!?意外!!ちらし寿司に合うお酒は日本酒だけじゃなかった!

ちらし寿司をはじめ、和食にあうお酒といえば、やはり一番に思い浮かぶのは「日本酒」ですよね。日本のお料理である和食ですから、日本のお酒「日本酒」が合うのは当然っちゃー当然なのですが、実は「日本酒」意外でも和食にあうお酒があるのです。

それが「ワイン」です!

ワインなんて渋みと酸味で繊細な和食の味わいが台無しだよ!なんて思うなかれ!ワインはワインでも、ブドウから日本で作られている純日本産のワインは和食との相性も抜群です♪

特に、メルシャンのワインは「日本の食卓に出る料理に合うワイン」というコンセプトの元作られているため、ちらし寿司をはじめとする和食との相性も抜群♪

特に、ちらし寿司であれば海鮮が乗っていますから、白ワインとのペアリングを楽しむのがいいですね♪

ちらし寿司にワインなんて、ちょっとおしゃれでですよね。いつもの家族や親せき、友達などの気心の知れた人達との楽しい時間を盛り上げるちょっとしたスパイスとしてもワインを選んでみるのもいいですね♪

   

お酒にあう!ちらし寿司のアレンジレシピ

ちょっと贅沢♪ハマグリとレンコンのちらし寿司

■材料(4人分)

米 / 2合
昆布(5×5センチ) / 1枚
はまぐり / 400g
干ししいたけ / 3枚
にんじん / 1/3本
油揚げ / 1枚
れんこん / 1節
きぬさや / 30g
卵 / 1個
酒 / 大さじ2
塩 / 少々
サラダ油 / 少々
だし汁 / 1カップ
みりん / 大さじ3
砂糖 / 適宜
しょうゆ / 適宜
A 酢 / 大さじ3
  砂糖 / 大さじ1
  塩 / 小さじ1

■レシピ

①ハマグリを鍋に入れ、被るぐらい酒と水を入れます。中火にかけ、煮立ったらアクを取り、ハマグリの口が開いて1~2分したら火を止めハマグリを取り出します。

②ハマグリの煮汁を研いだお米に入れ炊飯します。この時に、昆布も一緒に入れましょう。水は、2合のメモリよりもやや少なめに入れるのがポイントです。

③干しシイタケは水でもどして千切り、ニンジンは細切り、油揚げは熱湯をかけて油ぬきし細かく切ります。鍋にし汁、みりん、砂糖小さじ1/2、しょうゆ小さじ1/2を入れて中火にかけます。

煮立ったら、ニンジンをいれて2分ほど煮ます。

2分たったらニンジンを取り出します。代わりに、砂糖大さじ1、しょうゆ小さじ1、干ししいたけ、油揚げを鍋に入れて弱火で煮汁がなくなるまで弱火で煮ます。

④卵をほぐして塩を加え、サラダ油で熱したフライパンで薄く焼き、粗熱が取れたら連切りにします。

⑤レンコンの皮をむいて5ミリ程度の半月切りにします。甘酢(酢大さじ3、砂糖小さじ4、レモン汁小さじ2、塩少々)に15分ほど浸します。

⑥きぬさやは熱湯でゆでて水気を取ります。

⑦A(酢大さじ3、砂糖大さじ1、塩小さじ1)をごはんに混ぜます。作った煮物を加えて、器に盛ります。器にもれたら、ハマグリ、錦糸卵、レンコン、きぬさやを加えて完成です。

お手軽コスパ♪さばの水煮缶チラシ寿司

■材料(4人分)

ご飯 / 2合
すしのこ / 分量どおり
白ごま / 好きな分量
生姜 / ひとかけら
玉子 / 2個
砂糖小さじ / 2杯
鯖水煮缶 / 1缶
人参 / 半分
酒 / 大さじ1杯
醤油 / 小さじ2杯
でんぶ / 好きなだけ
大葉か三つ葉 / 好きなだけ
海苔 / 好きなだけ

■レシピ

①暖かいごはんにすしのこをまぜます(お酢でも代用化)

②砂糖を入れた卵を、サラダ油を引いたフライパンで薄く焼き錦糸卵を作ります

③生姜は千切りにします

④酢飯に白ごま、生姜をまぜ冷まします。

⑤鯖水煮缶を汁ごと、ニンジン、酒、醤油をフライパンに入れ、汁がなくなるまで中火で煮詰めます。

⑥酢飯の上に、先ほど作った煮物を、でんぶ、千切り玉子、大葉か三つ葉を飾り、海苔も散らしたら完成です。

一緒に呑むだけじゃない!ちらし寿司をもっとおいしくするお酒の使い方

ちらし寿司とお酒といえば、まず思い浮かぶのはペアリングですよね。ちらし寿司は和食ですから、日本のお酒である日本酒や焼酎はもちろんの事、意外とワインとの相性も良い!というお話しをしましたよね。

ここでは、ちらし寿司とお酒とのペアリングという視点ではなく、ちらし寿司をもっとおいしくする調味料としてお酒を使ってみましょう!

すし酢って何で作られているの?

ちらし寿司のご飯である『酢飯』は、すし酢をご飯に混ぜて作りますよね。まず、お酒を調味料として使うときにこの『すし酢』にお酒を入れてアレンジするというのがおすすめです。

では、『すし酢』はどの様にして作られているのでしょうか?すし酢に入っているのは、一般的に・米酢、砂糖、塩です。よく、すし酢がないときにはお酢と砂糖と塩を混ぜ代用している家庭も多いですよね。

呑んべぇさんであれば、ここにお酒を加えて個性を出してみましょう!

例えば、砂糖の代わりに『梅酒』を使ってみましょう。お酢に梅酒、塩を混ざれば梅の甘酸っぱい香りが広がる一味違った酢飯を作る事ができます。

そのほかにも、砂糖の代わりにゆずやシソのリキュールも香り高くいいアクセントになりますよね!

ぜひお家にあるお酒を使って、お酒に合うちらし寿司の酢飯作りにチャレンジしてみてください♪

梅乃宿 ゆず酒 720ml 出典:Amazon

梅乃宿 ゆず酒 720ml

リキュール ゆず酒
商品名:梅乃宿 ゆず酒 720ml
製造元:奈良 梅乃宿酒造
原材料:ゆず
容量:720ml

でしこのお酒(てまり) 赤しそ梅酒 出典:Amazon

でしこのお酒(てまり) 赤しそ梅酒

アルコール度数: 12%

   
この記事を書いた人
ライターN

最新記事

記事バナー3