自宅でおいしく味わえるように選ぼう!お土産として買う酒を選ぶコツ

  • メンバー
  • 更新日:
8view
favorite

旅行をする時はお土産として地酒を選ぶと自宅でも呑め、会話を盛り上げて楽しめるようにすると良いものです。酒は地元のブランドであれば希少価値があり、素材の特徴や製造方法などを確かめて興味を持って決めると記念に残せます。お土産はその土地の特色を生かして製造されるものを選びたいもので、人気の地酒を知ると興味深いです。また、酒はその土地の歴史や文化などを知るきっかけになり、お土産として購入し自宅で飲み比べると楽しめます。

知らないと恥をかく!酒をお土産として選ぶポイント

酒は多くの種類があるためどのように選ぶか迷いますが、旅行や出張などでお土産として購入する際には希少価値があることや他の場所では味わえないものを選ぶと効果があります。地酒は地元で長く続いていることが特徴で、素材の選び方や作り方などを研究して興味を持って決めたいものです。酒は基本的に酒米と米麹を使って作られますが、精米歩合やアルコール度数などを比較して決めるとおいしく味わえます。人気の地酒は銘柄が有名なため旅行の記念として購入し、自宅で呑めるようにすると良いものです。しかし、酒は使用する素材や製法に応じて味が変わるため、口に合わないこともあり試飲があればしてから選ぶと安心できます。酒は種類が多くどれも同じ味ではなく個性的なものがあるため、事前に情報を確かめてから決めることが大事です。お土産として選ばれる酒は地域に根付いたものや歴史が長い蔵元が多く、ブランド化しているため呑むと特別な気分を味わえます。

お酒が好きなら地域ごとの特徴を把握しよう!お土産としての酒の選び方

お土産として酒を選ぶ時は地域ごとの特徴を知らないと曖昧になるため、家族や友人などが飲みやすいものを選べるようにしたいものです。最近では地酒の人気が高く、地域の歴史や文化などを知るきっかけになるため注目されています。酒は日本全国に多くの種類がありますが、純米酒以外に麦や芋などを使った焼酎など好みに合わせて決めると良いものです。お酒はアルコール度数や精米歩合、発酵の仕方などで味が変わり、歴史が長い蔵元であれば伝統の手法が受け継がれています。人気の酒は販売店や飲食店などでブランド化しているため知名度が高く、お土産として購入して飲み比べると趣深いです。酒好きであれば限定販売などを狙って希少性が高いものをお土産として購入し、使用する素材や製法などを研究すると興味がわきます。地酒は地元の酒米や水などの素材を使うためお土産として購入すると記念に残せ、旅行や出張などに行く前に知ると興味を持って選びやすいです。

初心者でも旅行をするために役に立つ!お土産としておすすめの酒7選

初心者がお土産として酒を買いたい時はどのように選ぶか迷うおので、事前にその土地でしか購入できないものを知ると役に立ちます。1番目ははこだてビールは函館山の天然の地下水を使い、麦芽100%で副原料を使っていない純粋なビールです。ネーミングも五稜の星や北の夜景など函館ならではの名前で、お土産としてふさわしいです。2番目は遠野麦酒「ZUMONA」で、遠野がビールの原料であるホップの生産地で230年続く日本酒の酒造会社が伝統と技術を生かして醸造しています。ネーミングは昔話にちなみ、民話の里として有名な遠野ならではです。3番目は江戸開城で、東京都の都心にありながら江戸時代に芝は若松屋が酒造りを始めた場所で作られています。4番目はハマワインで、低アルコールでぶどうの風味が味わえることが特徴です。5番目は奈良県のビール醸造所の白-hakuで、6番目は佐賀県の天山スパークリング、7番目はくり焼酎三代の松があり、それぞれ地元の素材を使って伝統的な製法で仕上げています。

酒のマニアが選ぶ!お土産として人気の酒

酒は人によって好みが分かれますが、お土産として選ぶためには専門家のセレクトを知ると興味を持てます。神奈川県の松田町にある中沢酒造は河津桜が有名で、1825年に創業して小田原藩に酒を納めていました。亮は当主の名前に由来しますが、河津桜の花を分離させた酵母と地元産の酒米で仕込んでいるため花見などで人気が高いです。他にも、酒が有名な新潟県の中でも北雪酒造の酒は海外での知名度が高く、旅行や出張のついでにお土産として選ぶと効果があります。また、健康的な酒を楽しめる福岡県の林龍平酒造所の酒粕焼酎の五代目龍平が有名です。1837年に創業された酒蔵で、地元に愛されて米の旨味を引き出せるように水を選んでいます。他にも、甘酒会の革命児ともいえる精米歩合50%の甘酒ヌーボーがあり、酒以外にスイーツや料理などに使えて人気です。酒のマニアが選ぶお土産としてふさわしい銘柄はその場所でしか味わえないもので、興味があれば参考にすると役に立ちます。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3