梅酒をおいしく味わおう!梅雨と梅酒との関係を知ると興味深い!

  • メンバー
  • 更新日:
21view
favorite

梅雨は漢字表記をすると梅と雨になり、梅酒との関係を知ると興味深いものです。基本的に梅雨といえば夏の暑さが厳しくなる前の長雨の時期になりますが、梅酒の原料になる青梅がちょうどおいしく味わえるタイミングになります。梅雨はじめじめとしているため外出をしたくないもので、自宅でゆったりと酒を呑むようにすると良いものです。梅酒は自宅で自分自身で作ってから呑めるため、梅雨の時期に合わせて考えると好みの味になります。

知らないと損をする!梅雨の時期に梅酒がおいしい理由

基本的に梅雨の時期に梅酒の原料として使われる青梅の収穫のピークになり、暑くなる前のじめじめした時期のためおいしくなります。また、青梅は雨が降り続くため水分を与えてもらえ、日光を浴びることを繰り返すことで美味しく味わえるものです。梅酒の飲み方は人それぞれですが、水割りやソーダ割りをするとアルコール度数が低くなるため気軽に味わえます。梅雨の時期は夏が近付いてきたことを知るタイミングになり、収穫時期に合わせて仕込みが始まる傾向が強いです。梅酒の選び方は人それぞれですが、失敗をしないようにするためにはアルコール度数や風味を確かめて決める必要があります。6月11日は季節の移り変わりを表す暦の雑節では「入梅」としているため、2004年から「梅酒の日」として制定されていることが特徴です。このため、多くの蔵元では夏バテ防止をするために仕込みを始める蔵元があり、食事と一緒に呑むなど自分なりに考えておいしく味わえます。

お酒好きなら知ろう!梅雨の時期に梅酒をおいしく味わう方法

梅雨の時期は湿度が高くてじめじめとしているため、なんとなくダルいことやスッキリしないなど不調を感じることが多いものです。梅はクエン酸をたっぷり含むため健康に良く、体にとって大切なミネラル成分のカリウムやカルシウム、マグネシウムが含まれ、血圧の上昇を抑えて骨の健康維持をするために効果があります。梅雨の時期は自宅で青梅を使って梅酒を作れるため、仕込んでからオリジナルの味にして気軽に味わえるようにすると効果的です。梅酒の飲み方は人それぞれですが、梅雨の時期は湿気が多いものの暑さが厳しくないためロックや水割りなどにするとおいしく飲めます。梅は酸味があって食欲をそそるため飲み会などで呑むと場の雰囲気を盛り上げやすく、アルコール度数を低くするとフルーティーになるため女性や初心者にも飲みやすいものです。お酒好きなら梅雨においしく梅酒を味わえる方法を知ると良いもので、飲み会やパーティーなどを盛り上がるきっかけになります。

自分で作っておいしく味わおう!梅雨に好みに合わせて梅酒を作る方法

梅雨の時期は梅酒の原料として使われる青梅が収穫時期を迎える頃になり、雨が続いて家にいても何もすることがない場合は自分自身で作ると楽しいものです。梅酒は青梅以外に4リットルの保存瓶、アルコール度数が35度程度のお酒、氷砂糖を準備し、自宅で3ヶ月以上放置するとおいしくなります。味は氷砂糖や使用する酒の種類に応じて変化するため、好みに合わせて調整できることが魅力です。梅は丁寧に水洗いをしてからヘタをきれいに取り、瓶にお酒と氷砂糖を入れてそのまま放置するとできます。使用する酒はホワイトリカーを入れることが多いですが、日本酒など好みに合わせて決めると独特な風味になることが特徴です。梅雨の時期は空いた時間を使って家族で梅酒を作り、仕上がった時にどのような味になるかを楽しみにするように考えると興味を持てます。梅酒は1日あれば作れますがどのように甘さを調整するか考え、長く漬け込むとまろやかさでジューシーになるため良いものです。

酒好きな人に選ばれる!梅雨の時期でもおいしく味わえる梅酒

梅酒は梅の風味を味わえるお酒のため、梅雨の時期に自宅で飲みやすくなるように選ぶと良いものです。最近では店で瓶や缶に入れて販売され、素材にこだわってアルコール度数を調整することやソーダ割りなどで好みに合わせて気軽に飲めます。梅酒はそのまま飲んでも良いですが、ゼリーなどのデザートや料理に隠し味として入れると効果的です。梅雨の時期は梅酒の販売数が増える傾向があり、アルコール度数が強くて梅の味が濃いものになると水割りやソーダ割りなど好みに合わせてアレンジできます。熟成方法は樽に入れると木の薫りがするため上質な味わいになり、アルコールの種類や梅の品種などにこだわって決めると興味深いです。梅酒サワーはアルコール度数が低くて女性や初心者にも飲みやすく、梅雨の時期に急に飲みたくなった場合にも気軽に味わえます。お酒が好きな方は梅酒の種類などにこだわって選ぶ傾向があり、場の雰囲気を盛り上げるように決めると効果的です。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3