安い麦焼酎はどれがおすすめか?特徴を確かめて決めよう

  • メンバー
  • 更新日:
74view
favorite

麦焼酎は様々な種類があり、安くておいしいと手軽に本格的な味わいを堪能できます。安い商品はアルコール度数が少なく飲みやすいことが特徴で、宴会などを盛り上げるために選ぶと効果的です。初心者でもおすすめのお酒はアルコール度数が低くて飲みやすく、どのような点を確かめて選ぶか考えると食事と一緒に味わえます。麦焼酎は高級な素材を使っていると価格が高く見えますが、安くてもそれなりにおいしい酒もあるため好みに合わせて決めると効果的です。

知らないと損をする!おすすめの価格が安い麦焼酎の特徴

麦焼酎の選び方は人それぞれですが、失敗をしないようにするためにはおいしく飲めるように決めることが大事です。焼酎はアルコール度数や辛口か甘口かで味わいが異なり、事前に利用者の評価を確かめて少しでもおいしく飲めるようにする必要があります。自宅用に選ぶ時は気軽に飲めるようにしたいもので、2000円程度で販売されているものもあるため好みに合わせて決めるといいものです。他にもパッケージやボトルのデザインに合わせて決めるといいもので、自宅に飾って本格的な味を楽しめるようにすると満足できます。麦焼酎はCMでも宣伝するほど人気が高く、本格的な素材を使っているためおいしく味わえます。プロがおすすめする焼酎は人によって違いますが、試飲などをして試行錯誤して決めるようにすると効果的です。価格が安くて人気の焼酎は離島など自然豊かな場所で作られた種類が多く、米の甘みや旨味があるためにお湯割りなどで味わうと初心者でも飲みやすくなります。

焼酎好きなら知ろう!安いおすすめの麦焼酎の選び方

焼酎を飲む時はアルコール度数が低いと初心者にも飲みやすくなり、安いものだけでなく風味を実感できるものを探したいものです。いいちこは下町のナポレオンと呼ばれるほど人気が高く、麦焼酎の中でもっともポピュラーで安心して飲めます。他にも二階堂などコスパが高いものも多く、こだわりを持って決めると良いものです。焼酎を選ぶポイントは人それぞれですが、安くても良い素材を使っていると興味を持って選べます。ランキングは様々な種類の焼酎を知るきっかけになり、ロックやストレートなどで味わえるように決めると効果的です。麦焼酎はウィスキーを思わせるような本格的な味わいのため、飲み会などを盛り上げるために選ぶと雰囲気が良くなります。焼酎を選ぶポイントは素材の香りや後味などで、価格が安いと毎日晩酌をすることもできて良いものです。麦は様々な産地があるため焼酎の味わいが大きく変化しやすく、コスパが良いものを探して飲み比べると満足できます。

【お手頃焼酎】安いおすすめの麦焼酎5選

麦焼酎を選ぶ時はランキングを参考にすると決めやすく、それぞれのお酒の特徴を知ると興味深いです。1位は薩摩酒造の神の河25度で、750mlで1098円とオトクです。原料に二条大麦を100%使用し、3年間貯蔵して琥珀色がきれいな長期貯蔵麦焼酎でふくよかな香りとまろやかな味わいがします。2位はいいちこシルエットで720mlで880円とお得になり、お湯割りや水割りで豊かな風味と香りを楽しめることが特徴です。3位は田苑酒造の金ラベルで、1800mlで1430円と量が多いです。仕込みタンクや貯蔵タンクにクラシック音楽を振動として聞かせ、ホワイトオークの樽の中で原酒を100%貯蔵しています。4位は宝酒造の知心剣で720mlで1398円と高いですが、国産の二条大麦を100%使用し黒麹を使って仕込んでいることが特徴です。5位は薩摩酒造の麦わら帽子で、720mlで1121円ですが麦本来のサッパリとした甘みがあります。このように、安くてもおいしい麦焼酎はプレゼントとしても喜ばれ、好みに合わせて決めると良いものです。

お酒のプロが選ぶ!安いおすすめの麦焼酎とは

お酒を選ぶ時はプロが厳選した麦焼酎も気になるもので、糖質がゼロのためお腹周りが気になる中高年だけでなく女性にも支持されていることが特徴です。麦焼酎の発祥は16世紀の長崎県の壱岐であり、大麦を原料として麦麹を使って作られます。麹は白麹と黒麹があり、前者は泡盛に使われるなど濃厚で骨太で後者は大正時代に黒麹が突然変異して生まれすっきりしてまろやかな味わいが特徴です。中でも、下町のナポレオンと呼ばれるいいちこは麦焼酎の中では人気が高く、お湯割りやソーダ割りにレモンを加えると本格的な味になります。いいちこ日田全麹は麹のみを原料とした全量大麦麹仕込みで造られ、使用される麹の量は通常の3倍になっていることが特徴です。他にも、二階堂シリーズは製法は今でも門外不出ですが、スッキリとまろやかな味わいがします。また、下町のカリスマのキンミヤ焼酎もあり、甲類焼酎の最高峰でピュアでスッキリした味わいを楽しめることが特徴です。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3