迷ずこれ!ブレンデッドウイスキーをプレゼントに!絶対嬉しい銘柄3選

今回は数あるウイスキーの中から、プレゼントにピッタリなブレンデッドウイスキーを3選ご紹介します。

  • メンバー
  • 作成日:
765view
favorite
迷ずこれ!ブレンデッドウイスキーをプレゼントに!絶対嬉しい銘柄3選

「お世話になったウイスキー好きのあの方に、ウイスキーをプレゼントしたい!」

そんな風に思って、酒屋さんへ行って、ウイスキーの数の多さにびっくりしたこと、ありませんか?

ハイボールなどで身近になってきたものの、プレゼント向きのウイスキーというと、ウイスキー好きの方以外にとってはけっこう敷居が高いお酒です。

どれが美味しくって、どれなら喜んでもらえるのか全然わからない!という方も多いでしょう。

高ければいいという訳でもないですし、予算だってありますよね?

そんな時には、ブレンデッドウイスキーがおすすめです。

今回は数あるウイスキーの中から、プレゼントにピッタリなブレンデッドウイスキーを3選ご紹介します。

どうしてブレンデッドウイスキーがプレゼントにいいの?

それにしても、ウイスキーにはいろいろ種類があるのですが、なぜブレンデッドウイスキーがプレゼントに最適なのでしょうか?

まずは、ブレンデッドウイスキーについてご紹介しますね。

ブレンデッドウイスキーとは?

ブレンデッドウイスキーは文字通りいくつかの蒸留所で造られているウイスキー原酒をブレンダーの手によってブレンドされているものを言います。

反対に一つの蒸留所のモルト(大麦)ウイスキーのみが使われているものをシングルモルトと呼びます。

ウイスキーには大麦麦芽(モルト)以外にも、トウモロコシやライ麦などから造られているものもあり、それらがブレンドされているものが「ブレンデッドウイスキー」です。

複数の蒸留所で造られていても、大麦麦芽(モルト)から作られたウイスキーだけをブレンドしたものは「ヴァッテドモルト」といいます。

特徴としては、シングルモルトのほうが蒸留所の個性が色濃く出る反面、好き嫌いが分かれることがある一方で、ブレンデッドはブレンダーの手によって味、香りの調節が行われており、人を選ばない飲みやすさがあります。
 
つまり、贈る方のウイスキーの好みをしっかり熟知しているのであれば「シングルモルト」のウイスキーをプレゼントしてもよいのです。

でも、普段呑んでいるものとは別のウイスキーを贈りたい場合や、好みをそこまで知らない場合は、飲む人を選ばない「ブレンデッドウイスキー」がプレゼントには適している!という訳なんです。

【01】ブレンデッドウイスキーをプレゼントするなら「ジョニ青」で!

ジョニーウォーカー ブルーラベル ギフトボックス入り 出典:amazon

ジョニーウォーカー ブルーラベル ギフトボックス入り

原材料・成分
大麦
アルコール度数:40度

ジョニーウォーカーブルーラベルといえば、「世界で一番売れているウイスキー」として名高いジョニーウォーカーの最高級品です。

まさに「究極のスコッチ」と呼ばれています。

ジョニーウォーカーは青の他に、赤、黒、緑、ゴールドなど、豊富なラインナップがあります。

赤と黒はコンビニでも見かけるのでなじみ深いのではないでしょうか。

そして、この青はそんなジョニーウォーカーの頂点ともいえる存在。

個人的にはジョニーウォーカーのみならずあらゆるブレンデッドの頂点ではないかと思います。

なんと1万樽に1樽という選び抜かれた原酒をブレンドして作られており、30年以上の長期熟成を経た原酒もブレンドされている超1級品です。

その味わいは熟成感が強く、はちみつやリンゴのようなエステル香の奥にチーズの香りを感じることができます。

特に暖炉で薪が燃えるような香ばしさを持つフィニッシュが印象的で、記憶に残る一杯となるでしょう。

お世話になった上司や恩師に贈りたい、どこに出しても恥ずかしくない逸品です。

【02】定番のブレンデッドウイスキーのプレゼントに「バランタイン17年」

バランタイン 17年 40度 750ml [並行輸入品] 出典:amazon

バランタイン 17年 40度 750ml [並行輸入品]

原産国 スコットランド
原材料:モルト・グレーン/ アルコール分 40度
内容量:700ml

こちらも有名なブレンデッドです。

ブレンデッドとしては前述のジョニーウォーカーに次いで世界2位の売り上げを誇っています。

中でもこの17年は、バランスに優れ飲みやすく芳醇な味わいと香りが特徴の高級ボトルです。

ちょっとここで脇道に逸れますが、ウイスキーのラベルによく書いてある年数表示は蒸留してから熟成させた年数を表しています。

ブレンデッドでは使っているすべての原酒が最低でも表示した年数熟成されたことを意味します。

なので、『バランタイン17年』であればどの原酒も少なくとも17年以上熟成されていることになります。

17年のもあるでしょうが、中には18年、もしかしたら25年30年なんていうものも入っているかもしれません。

しかも、このバランタインには40種類以上の原酒がブレンドされています。

たくさんの超熟原酒によって作り出されるブレンデッドの香りと味わいは奥深さと軽やかさを実現しています。

香りはバニラの甘い香りがあり、クセがなく飲みやすく、アルコールぽさを一切感じさせない軽やか飲み口です。

ウイスキー好きでも17年という長期熟成のウイスキーはなかなか手が出ず飲む機会もそう多くないものです。

プレゼントで頂けたとなればとても嬉しいはずです。あなたの周りのウイスキー好きにぜひ贈ってみてください。

【03】年上の方にブレンデッドウイスキーをプレゼントするなら『オールドパー12年』

オールドパー 12年 [ ウイスキー イギリス 750ml ] 出典:amazon

オールドパー 12年 [ ウイスキー イギリス 750ml ]

アルコール度数: 40%
原産国名:イギリス
原材料・成分:大麦

最後にご紹介するのは「オールドパー12年」です。

このブレンデッドは様々なエピソードで有名です。

例えば、遣欧米使節団がイギリスから日本に持ち帰ったウイスキーであり、また、田中角栄や吉田茂など日本の名だたる政治家たちが愛した酒でもあります。

そして、このオールドパーという名前にも逸話があります。そもそもオールドパーとはイギリスに実在した人物のことを指します。

オールドはおじいさん、とかお年寄り、という意味で、彼の本名はトーマス・パー。なんと152歳まで生きたとされています。

「オールドパー」の名前ははそんな長生きのトーマス・パーにあやかって名付けられました。

長寿を願うお酒として年上の方に贈るのに最適です。

焦がしたカラメルやブドウのような甘い香りと、どっしりしたボディと強い甘みを感じます。

全体的に味が濃い、という印象を受けます。

ロックやハイボールでも味が崩れない万能型のブレンデッドウイスキーと言えるでしょう。

日本でも古くから愛されてきたオールドパー。エピソードと一緒にその濃厚な味わいを楽しむことができます。

年上の方はもちろんのこと、晩酌用として贈るのもおすすめです。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3