美味しい米焼酎とは何があるのか?お酒好きが選ぶおすすめ4選を紹介

  • メンバー
  • 更新日:
42view
favorite

お酒が好きな方も多くおられると思います。
お酒をみんなで一緒に飲んで楽しく飲むのも良いですし、1人で飲んでみてお酒の味を確かめてみるのも良いと思います。
お酒にもいろいろな種類がありますが、米焼酎というのを聞いたことがあるかもしれません。
米焼酎は辛口のものからワインのようにフルーティーのものまであり、いろいろな種類があります。
美味しい米焼酎を飲みたいと誰もが思うはずなので、今回は米焼酎のおすすめを紹介していきたいと思います。

お酒好きが選ぶおすすめの美味しい米焼酎とは?那須酒造の球磨の泉

この米焼酎は那須酒造場というところで作られている米焼酎になります。
この酒造場は家族3人という少ない人数で米焼酎を作っていますが、こだわりを持った方法で作られいます。
この那須酒造場の米焼酎は常圧蒸留方式で作られた米焼酎となっており、この方法で作っているため、もろみの持つ自然で豊かな風味の味わいを持ったコクのある米焼酎となっています。
この焼酎に使われている米も地元である球磨産米を使っており3年以上の長期貯蔵をして熟成させていくなどの徹底的なこだわりのもとに作られています。
この酒造場で作られている「球磨の泉」はそのこだわりの製法で作られた米焼酎であるので、フルーティーに仕上がっていて味わいも丸みのある優しい味になっています。
球磨焼酎は個性の強い味を持つ焼酎が多いですが、この「球磨の泉」であれば誰もがクセをあまり感じずに楽しく飲んでいくことができるはずです。
食事の際にも食が進んでいくはずなので、米焼酎でもおすすめできます。

お酒好きが選ぶおすすめの美味しい米焼酎とは?高橋酒造のしろ

おすすめできる米焼酎には高橋酒造で作られている「しろ」という米焼酎があります。
この焼酎は熊本の南端の人吉球磨地方の高橋酒造が作っており、この酒造は500年以上も受け継がれてきた米焼酎を作っている歴史のある酒造となっています。
また、500年の歴史の伝統ある製法に磨きをかけて新しい焼酎を生み出し続けてもいます。
高橋酒造では米からこだわりを持っており、厳選した美味しい国産米を使用しています。水でもミネラルを豊富に含んだ人吉盆地の清水を使用して丁寧に造られています。
このようなこだわりを持った製法で作られていることから、高橋酒造で作られている「しろ」は上品な香りを放って軽やかな口当たりを持つ、すっきりとした味わいのある米焼酎となっています。
見た目も透明感がしっかりある綺麗な米焼酎になっています。
上品な香りとすっきりとした味わいからどんな料理とも相性が良くなっており、魚料理でも肉料理でも「しろ」で飲みながら食事を楽しむことができます。

お酒好きが選ぶおすすめの美味しい米焼酎とは?ブラックストーン

おすすめできる米焼酎として、「ブラックストーン」という名前のある米焼酎があります。
この米焼酎は良い意味で米焼酎らしくないスタイルとなっており、ボトルが普通の米焼酎のものとは違いスタイリッシュのあるボトルになっています。
見た目からだけであれば、ワインのように見えることもありますが、中身はしっかりと米の風味がある米焼酎となっています。
「ブラックストーン」は秋田県の発酵工業で作られているものであり、米焼酎を作るときも清酒の米粕と米麹だけを原料にしています。
これらの原料を用いて丁寧にじっくりと熟成させていきます。
このようなこだわりを持って造られた「ブラックストーン」は熟成された米焼酎として吟醸酒のような良い香りと米の旨味がしっかり感じることのできる米焼酎となっています。
米焼酎として魚料理などと一緒に飲むこともできますし、見た目の良さもあるので誰かのお祝いの品としてプレゼントすることもできます。
米焼酎として1度飲んでみることをおすすめします。

お酒好きが選ぶおすすめの美味しい米焼酎とは?木下醸造の文蔵

「文蔵」という米焼酎は木下醸造所から作られています。
この酒造場は1862年から創業されているので、100年以上も米焼酎を造っている歴史のある酒造場になります。
「文蔵」は手作りの麹が使われており、米焼酎を造るためのかめの中でじっくり発酵していきます。
蒸留方法も昔ながらの常圧蒸留という方法で造っていくため、昔ながらの味わいを再現しています。
このこだわりのある方法で造られていく「文蔵」は味わいもとても濃い米の味わいとなっており、「これこそが米焼酎だ」という味を楽しむことができるようになっています。
この米焼酎をゆっくり飲むことによりふんわりとした米の甘みが口の中だけでなく鼻からも感じることができます。
米焼酎の風味を楽しむことができるようになっており、熊本県の球磨焼酎の銘柄でも有名な1つとなっています。
料理にも合うように造られてもいるため、料理と合わせながらちびちび飲んで味わいを楽しむこともできます。
米の味わいが好きな方におすすめできます。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3