本当にそば焼酎が好きなら飲んでおきたいおすすめ4選!

  • メンバー
  • 更新日:
39view
favorite

そば焼酎は、癖が少なく飲みやすい事から、多くの焼酎ファンを虜にしています。
いも焼酎は、ちょっと味に癖があるけれど、そば焼酎はあっさり飲めるという人も多いです。
他の焼酎だと、ジュース等で割るという人も多いですが、そば焼酎だと、水やお湯で割るだけでも飲みやすいという意見も多いです。
そして、そば焼酎ならではの楽しみは、原料であるそばを茹でた時のそば湯で割るという方法もあります。
そこで、あらゆるタイプのそば焼酎をご紹介したいと思います。

おすすめそば焼酎は、100%そばである

そば焼酎が本当に好きだという人には、やはり1度は飲んで欲しいのが、宝酒造さんが販売している「十割(とわり)」です。
なぜおすすめなのかというと、まさにその名の通り、全てがそばで造られているのです。
原料から、麹にはそば以外の物は使われてはいません。
一口飲んだ瞬間には、そば焼酎の味を堪能出来ますが、後味はサッパリしていて、とても飲みやすいそば焼酎です。
冷酒で飲むのもおすすめですが、せっかくの100%そば焼酎です。
ここは、やはりそば湯で割って飲むのが良いでしょう。
そば湯には、そばの栄養がたっぷり出ているので、とてもおすすめしたい飲み方です。
そば湯は、そば粉と水を熱湯でかき混ぜればもう完成という優れものです、
後はお好みでそば焼酎と混ぜれば、これでそば焼酎そば湯割りの完成です。
毎日の晩酌の最後に飲むと、スッキリとします。
1.8リットルで2,530円という金額で、サイズも値段もとてもお買い求めしやすいので、毎日でもそば焼酎が飲みたいという人にはおすすめです。

おすすめそば焼酎は、そばの味で決まる!

そして、やはりこだわりたいのは原料であるそば本来の味です。
橘倉酒造さんが造る「峠」は、そば屋さんに絶大な人気を誇るそば焼酎で、そばの名産地である信州のそばを使っています。
更に、黄麹、吟醸酵母を用い、米麹以外はそばで造るというこだわりの1品です。
そして、原料であるそばを8割りも使っているという事も、大きな特徴です。
そば焼酎に含まれるそばの割合は、そのほとんどが3割り程度です。
これほどそばの割合が多いそば焼酎は、なかなかありません。
金額も、1.8リットルてを2,650円とリーズナブルなのはもちろんの事ですが、その口当たりのまろやかさと、飲む時に香る芳醇な香りは、そば焼酎好きにはたまらない1品となっています。
おすすめの飲み方としては、やはりそのままの味わいを楽しむ為にも、ロックで飲むのが理想的です。
やはりそば焼酎の味を左右するのは、そばの味です。
そばの名産地のそば焼酎を厳選して飲むのも、とてもおすすめです。

おすすめそば焼酎は、熟成期間で決める

長期熟成させたそば焼酎は、その芳醇な香りと、ふくよかな味わいが人気です。
雲海酒造さんの「那由多の刻」は、その人気も絶大で、女性にも多くの愛飲者がいます。
雲海酒造さんは、そば焼酎を日本で初めて造る事に成功した蔵元で、宮崎県の五ヶ瀬川の湧水を仕込み水として使用し、樽の中で3年も熟成されたそば焼酎です。
長期間熟成された「那由多の刻」は、琥珀色に輝き、その見た目も人々を惹き付ける理由となっています。
そして、その人気はやはり飲みやすさにあります。
まろやかな味わいで、焼酎を初めて飲むという人にもおすすめしたいそば焼酎です。
その飲み方としては、水割りやお湯割りで飲むのが、一番美味しく飲める飲み方です。
720ミリリットルで1,500円で、シンプルなボトルのデザインから、自分で飲むのも良いですし、手土産としてホームパーティーなどに持参するのもおすすめです。
誰もが飲みやすく感じるそば焼酎の、熟成された深い味わいを堪能して欲しいです。

おすすめそば焼酎は、自然の恩恵に感謝しながら

そして、そば焼酎の味の決めては、なんといっても使用する水によって変わります。
神楽酒造が造る「神楽の舞」は、宮崎県は高千穂で誕生しました。
そして、使用しているのは祖母山系の地下水を使用しています。
そば焼酎を美味しくするのは、もちろん、原料であるそば本来の美味しさも大切ですが、やはり水の力も大きいのです。
そば焼酎に最適な
そして、大自然の恩恵をたっぷりと受けて造られたこの焼酎は、そばの風味を存分に味わう事が出来、その深いコクを堪能する事が出来ます。
美味しい飲み方としては、氷を入れたオン・ザ・ロックでも飲みやすく感じますし、そば湯で割っても、更に味わいが深くなります。
とてもスッキリとした後味なので、 女性にもとてもおすすめです。
720ミリリットルで1,200円前後で購入する事ができて、そばの香りと、豊かな味わいを堪能する事が出来るのです。
一人で静かに飲む事も、皆でワイワイ飲む時にも、おすすめしたいそば焼酎です。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3