焼酎でつくるカクテル!知らなきゃ損する魅力満載レシピ4杯

焼酎は糖質も低く、ヘルシーなお酒!そんな焼酎を使った和風カクテルのレシピを4種類ご紹介します。どれも魅力たっぷりで知らなきゃ損しちゃいますよ!

  • メンバー
  • 更新日:
62view
favorite
焼酎でつくるカクテル!知らなきゃ損する魅力満載レシピ4杯

カクテルというと、洋酒をベースにしているイメージが定番だと思います。

ですが、普通の洋酒を使ったカクテルはカロリーが高かったり、アルコールの度数がきつかったりしますよね。

ですが、日本人には焼酎という、身近なお酒がありますよね。

実は焼酎はとても健康に良いお酒なんです。

動脈硬化を予防したり、血栓を予防してくれたり、そして女性には嬉しいダイエットや美肌にも効果があったりします。

焼酎をカクテルに使うだけで、いつもよりも健康的なカクテルへと変化しますよ!

【1】スパイシーな焼酎カクテル「スパイシーオータム」


寒い夜には体を温かくしてくれるホットカクテルはいかがでしょうか?

「スパイシーオータム」は、スパイスを入れる事により、体を芯から温めてくれるホットカクテルが完成します。

作り方はとても簡単。鍋にシナモンとクローブをお好みの量を入れて煮込みます。

そこにぶどうジュースを入れて、一煮立ちさせたら、すぐに火を止めます。

これに、焼酎を加えたら完成です。

シナモンは血管を保護してくれる効果があるので、寒い季節には特にピッタリです。

更にシナモンはシワやシミを改善し、薄毛の改善にも役立ちますし、クローブは胃腸の状態を整えてくれます。

そして、クローブには心を静めてくれる効果があるので、まさに寝る前に飲むにはピッタリなカクテルです。

どの焼酎でも相手は良いのですが、より美味しく飲むにはサッパリしている米焼酎が向いています。

疲れた心と体を癒す為には、温かなホットカクテルは外せません。

寝る前の一時を静かに過ごしたい時にはおすすめです。

【2】苦味の効いた大人の焼酎カクテル「ノクターン」


時には、少し苦味のあるカクテルを飲みたいという時には、「ノクターン」をおすすめします。

まずは、グラスに焼酎を注ぎます。

そこにスィートベルモットをゆっくり注ぎかき混ぜます。

スィートベルモットは、甘味があり、赤みがある方をロッソ、赤くはない方をブランコと分かれています。

甘さと苦味が欲しいと思う時にはロッソを選ぶと良いでしょう。

そして、スィートベルモットにはハーブやスパイスが使われています。

さらに、レモンの皮を軽く絞り完成です。

そして、このカクテルの名前である「ノクターン」(夜想曲)は、「夜の情緒を表す、叙情的な楽曲」の事で、静かに夜を過ごす心にピッタリの曲です。

よく知られているのは、ショパンの「夜想曲」ですよね。

時には、クラッシックの王道とも言えるメロディを聴きながら、同じ名前のカクテルを傾けるというのも、とても大人っぽくてお洒落なひと時ですよね。

一人で春の夜を過ごす時にも、とてもセンチメンタルな気分にさせるカクテルです。

癖の少ない麦焼酎がおすすめです。

【3】宝石のような焼酎カクテル「トパーズライト」


「トパーズライト」は、まさにトパーズのように美しい黄色のカクテルです。

作り方はとてもシンプルで簡単です。

お好みのグラスに、ジンジャーエールと焼酎を注げば完成です。

簡単なので、飲みたくなったらすぐに作れるのが魅力ですね。

そして、ジンジャーエールを自作する事により、より味わいの強い「トパーズライト」を作る事が出来ます。

作り方はとても簡単で、生姜を擦って、砂糖と水、ハチミツとレモンをお好みで混ぜて炭酸水と割れば完成です。

手作りのジンジャーエールを作っておけば、いつでも自分好みの「トパーズライト」を作る事が出来ますよ!

辛味が強い方が良かったら、生姜の量を増やしたり、甘味が強い方が好きだったら、砂糖を多めにすれば、自分好みに仕上げる事が出来ます。

そして、どの焼酎が良いのかというと、少し甘めの強い芋焼酎を使うのが、美味しく飲めます。

ジンジャーエールの辛味も少し抑えられますし、ほのかに甘味を感じた方が、より生姜の風味を味わう事が出来ます。

【4】ハードボイルドな焼酎カクテル「ギムレット」


「ギムレット」というカクテルの名前を聞いた事はありませんか?

ハードボイルド小説が好きという方ならご存じのカクテルです。

レイモンド・チャンドラーの小説に出てくるこのカクテルは、ハードボイルドの世界を堪能したいという人におすすめのカクテルです。

本来のギムレットは、ジンとライム・ジュースで作るカクテルで、少し強めのカクテルです。

ライム・ジュースは甘すぎると感じる時には、生のライムを絞ってグラスに入れるのが良いでしょう。

そして、ジンの代わりに焼酎を使う事によって、爽やかなギムレットが堪能出来ます。

この時に使う焼酎は、どの焼酎でも合うのですが、中でもそば焼酎が良いでしょう。

口当たりの良いそば焼酎を使う事で、ギムレットを普段よりも、更に飲みやすくしてくれます。

まるでハードボイルド小説の中にいるように、かっこよくキメて飲んでくださいね!

#呑んべぇ焼酎カクテル であなたの作ったカクテルを自慢してください♪

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3

関連するタグ