麦焼酎とビールの違いとは?カロリーと飲み方も比べてみた!

麦焼酎とビール。どちらも同じ麦からできているため、同じような飲み物だと思われる方もいるかもしれません。 今回はそんな麦焼酎とビールについて、作り方やカロリー、楽しみ方の違いを紹介します。

  • メンバー
  • 更新日:
344view
favorite
麦焼酎とビールの違いとは?カロリーと飲み方も比べてみた!

麦焼酎とビール。お酒を飲まない人にとっては、どちらも同じ麦からできているため、同じような飲み物だと思われる方もいるかもしれません。

でも飲んだことのある人は分かるかと思いますが、それぞれ全く違う飲み物ですよね?

それもそのはず、焼酎とビールでは製法が全く違うのです。

アルコール度数も全然違うので、全く別の飲み物と考えたほうがいいでしょう、

今回は、そんな麦焼酎とビールの違いについて、さらにはそれぞれのカロリーや美味しい楽しみ方を紹介します。

麦焼酎とビールの違いは、お酒の造り方がが全く違うんです


麦焼酎とビールの違いで決定的なのは製造方法です。

お酒の製造方法は大きく二つあり「醸造酒」と「蒸留酒」に分かれています。

ビール、ワイン、日本酒などが醸造酒。焼酎、泡盛、ウイスキーやブランデーなどが蒸留酒です。

醸造酒は米や麦などの穀物やブドウなどの果実を原料として酵母菌や麹菌で発酵させる製法になります。原料を発酵させてその後濾過し、不純物を取り除いたものが醸造酒です。

ビールは大麦の麦芽を発酵させ、それに香り付けとしてポップを加えて作るのが一般的です。

蒸留酒も、途中までは醸造酒と同様に発酵させるのですが(焼酎は麹菌)その後蒸留という工程を行います。蒸留は、醸造された液体を加熱することでアルコール成分が気化し、その気化した成分を冷やすことで液体に戻すのです。

この工程でアルコール度数の高いお酒が完成します。これを蒸留酒といいます。

このように原料は同じでも、製法が異なるため麦焼酎とビールは味もアルコール度数も全く違う飲み物になるのです。

麦焼酎とビールの違いはカロリーと糖質にも表れていた!

製法が全く違う麦焼酎とビールですが、実は太りやすさなども違ってきます。

結論から言いますと、比較した場合は麦焼酎のほうが「太りにくい」飲み物といえるでしょう。

カロリーだけを見ると、麦焼酎のほうが度数が高いので、同じ度数に水で薄めて飲んだ場合、缶ビール一本分のカロリーが140kcalだとすると、同じ量飲んだ場合の麦焼酎のカロリーは56.4kcalです。

これだけでももちろん、麦焼酎の方がローカロリーで太りにくい飲み物と思われます。

ですが、実は一番決定的な違いは「糖質」です。

ビールは醸造酒の性質上、糖質も多く含んだ飲み物になります。種類によっても違いますが350ml缶でおよそ糖質11g程含まれています。

その反面麦焼酎は不純物が取り除かれた蒸留酒なので、糖質は0gなのです。

お酒だけを飲むのであれば麦焼酎はほぼ太らないと考えてもいいでしょう。ですが実際はそうはいきません。

麦焼酎などの蒸留酒は、アルコール度数が高いので、一緒におつまみを食べたりジュース等甘いもので割って飲んでしまうことが多々あります。

せっかく麦焼酎の糖質が0でもおつまみに糖質の高いものを食べてしまえば、トータルの総摂取量はビールを超えてしまうことも少なくありません。

こうなってはどちらが太りやすいかわからないですね。

それぞれの特徴を頭に入れ、飲みすぎ食べすぎに注意することが一番大切なのです。

麦焼酎とビールの違いをいかした、おいしいお酒の楽しみ方

度数があるからこその麦焼酎の楽しみ方

既に紹介した通り、麦焼酎は蒸留酒なのでその高いアルコール度数が特徴です。

また、麦焼酎は焼酎の中でもクセの少ない蒸留酒と言えますので、様々な飲み方を楽しむことができます。

ロックやストレート、水割り、お茶割り、酎ハイ、ソーダ割などなど、幅広い組み合わせで楽しめるお酒と言えます。

またお料理と一緒に楽しむにも、最適なお酒ですね。和食と特に相性がいいですが、どんな料理にも合いますし、料理によって飲み方を変えられるのも強みと言えるでしょう。

糖質制限をされている方にとっては糖分が0なことも嬉しい特徴。

ジュースなどの甘いもので割ってしまうとビール以上の糖質になってしまいますが、糖質を含まない飲み物で割れば、糖質0でお酒を楽しむことが出来ます。

また割る前提で飲む場合には、ビールよりも結果的にお酒の消費量自体は抑えられますから、お財布にも優しいお酒だといえます。

私のおすすめは何といっても麦焼酎の麦茶割り。カロリーも糖質もほとんどなく、香ばしさが倍増してなんの料理にも合う魔法の飲み物です。緑茶やウーロンハイに飽きたらぜひ試してみてください。

糖質を抑えるおいしいビールの楽しみ方

ビールはなんといってものど越しがたまらないですよね。

お風呂上りに冷たいビールを飲むときのおいしさといったら、格別です。

またそのまま割らずに飲むことができ、度数もそれほどないので、思い立ったら気軽に飲めるというのがビールの楽しみ方であるといえます。

もちろん、ビールもどんな料理とも相性がよく、おつまみや食事と一緒に飲めばさらにおいしいのは言うまでもありません。

ただ、糖質が思ったより多いのでその点だけ少し気を付ける必要があります。

それでもビールを飲む日は食事の内容に気を付け、糖質を抑え気味にすればダイエットに失敗してしまうことはありません。

ハムやウィンナー、肉、チーズなど糖質の低い食べ物はビールのおつまみに最適ということになりますね!

ビールの糖質自体を抑えたい場合は、最近は糖質を抑えたビールも販売されているのでそれを飲んでみるのもおすすめです。

愛好家の多いビールだからこそ、発泡酒や第3のビールなど糖質やカロリーを抑えたものが豊富にあるのも、ビールの魅力の1つです。

せっかくなので少しご紹介しましょう。

「クリアアサヒ贅沢ゼロ」

麦芽使用量を増量し、贅沢な麦芽の味を楽しむことができます。さらに、雑味の少ない麦汁を厳選して使用することで、麦の味わいと、後味のよさが高まりました。

糖質は0なのに、贅沢な気分を味わえるなんて嬉しいですね!

アサヒ クリアアサヒ 贅沢ゼロ 糖質0 出典:amazon

アサヒ クリアアサヒ 贅沢ゼロ 糖質0

原材料:発泡酒(麦芽、麦芽エキス、ホップ、米、コーン、スターチ、糖類、カラメル色素、アルコール、食物繊維、大豆たんぱく、調味料(アミノ酸))、スピリッツ(大麦)
アルコール度数: 6%

さらにもう一つご紹介。

キリン「濃い味」糖質0

「濃い味」はキリン独自の技術で深みのあるボディとカラメル麦芽による香ばしさが生み出した、まさに「濃い味」と「糖質0」を同時に実現した魔法のようなビール系飲料です。
プリン体も60%オフで低カロリーと、ダイエット中の人にはうれしいことばかりですね!

キリン 濃い味〈糖質ゼロ〉 出典:amazon

キリン 濃い味〈糖質ゼロ〉

原材料:発泡酒(麦芽・ホップ・糖類・食物繊維・大豆たんぱく・酵母エキス・甘味料(アセスルファムK))・大麦スピリッツ
アルコール度数:3%

また、ビールは適量を守り接種する事で実はかなり体にいい飲み物だと注目されています。

ビールには葉酸、鉄分、カルシウム、ビタミンが含まれており、老化防止に有名なポリフェノールも多く含まれているという事も明らかになっています。

イギリスではアルコールの影響がでない1杯程度ですが、妊婦に鉄分の豊富なギネスビールを飲ませることもあるとか。(日本では妊娠中の飲酒は危険とされています。)

また、研究成果では一日2杯のビールが糖尿病の予防にもお勧めだという研究がアメリカで発表されたという報告もあります。

まさに酒は百薬の長。糖質だけを見ると焼酎よりも不健康に見えてしまいますが、ビールは栄養豊富で健康的な飲み物なのです。

飲みすぎに注意して適量で楽しめば、ビールはとてもいい飲み物なのです。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3

関連するタグ