感謝の気持ちを、時には高級麦焼酎で伝えよう

  • メンバー
  • 更新日:
75view
favorite

日頃からお世話になっている人。
学生時代に良くしてくれた恩師。
最近、なかなか会えていない親友。
誰もが必ず心の中に、大切な人への感謝の気持ちがあると思います。
そして、その感謝の気持ちを伝えるには、何か特別な贈り物をしたいですよね。
そんな時には、高級麦焼酎はいかがですか?
癖がなく飲みやすい麦焼酎は、まさに贈り物にピッタリです。
そして、普段はなかなか味わえない、格別な一品に、日頃の感謝の気持ちを添えて贈りましょう。

高級麦焼酎をギフトにする時には、伝統も大切です

特別な人に贈る高級麦焼酎は、やはり伝統を重んじた一品を贈りたいものです。
四ッ谷酒造の「兼八」は、1919年に創業された四ッ谷酒造が、当時の伝統を守り受け継いでいる一品です。
口当たりはとても柔らかくまろやかで、一口飲んだ瞬間に、口の中に麦の香ばしさが広がります。
そして、スッキリとした味わいの中にもコクがあり、微かに甘味も感じるので、とても飲みやすい仕上がりとなっています。
麦焼酎の中でも、とても飲みやすい味わいなので、初めて麦焼酎を飲むという人、また麦焼酎は苦手だという人に、この「兼八」は、とてもふさわしい一品です。
麦焼酎は、どんな飲み方をしても美味しいのですが、この「兼八」は甘味が強いので、そのままロックで味わいたい一品です。
日頃の感謝を込めて贈るには、やはり伝統を重んじた、格別な一品を贈り、日頃の感謝の気持ちをメッセージに添えて贈りましょう。
1800ミリリットルで4,500円前後で購入する事が出来ます。

高級麦焼酎をギフトにする時には、ヴィジュアルも大切

1751年に創業された清水醸造の「鈴峰書道家オリジナルラベル」は、いかがですか?
清水醸造は、鈴鹿では唯一の蔵元で、この「鈴峰」は、鈴鹿山脈の伏流水と伊勢平野の麦で美味しく仕込まれた一品です。
口当たりも良く、どんな飲み方をしても良いので、贈り物には最適です。
また、女流書道家による手書きラベルには、30文字程度のメッセージを書いてもらう事が出来るので、日頃の感謝の気持ちを記してもらえるので、親しい友人に親しみを込めたメッセージを贈るのも良いですし、見上の人に感謝のメッセージを贈っても失礼にはなりません。
贈られた人がラベルを見た瞬間の喜ぶ顔が目に浮かぶような、そんなギフトになる事と思います。
更に、木箱に入っているので、見た目の豪華さも演出してくれます。
高級麦焼酎は、単なる高額だったり、珍しいというだけではなく、贈られた人が「特別感」を感じるというのも大切です。
720ミリリットルで4,900円前後で購入する事が出来ます。

高級麦焼酎をギフトにする時には、麦そのものの味わい

1906年創業の佐藤酒造の「佐藤・麦」は、麦本来の味わいと、その飲みやすさが特徴的です。
深いコクと、まろやかな甘さもあるのに、スッキリとした味が特徴的です。
そして、麦そのものの風味が強いので、その存在感は、他の麦焼酎とは少し違います。
飲む時にはロックで、麦そのものの味わいを楽しみながら飲むのも良いですし、お湯割りで更に甘味を引き立てるのも美味しい一品です。
麦そのものの甘さがほどよく、女性にも飲みやすい麦焼酎となっています。
また、様々な料理にも合うので、どんな年代にも、拘らずに贈れます。
佐藤酒造さんというと、芋焼酎が有名な事で知られていて、多くの人が芋焼酎を購入すると思いますが、この麦焼酎の味わいは、また芋焼酎の甘さとも違う、香ばしくて、スッキリとした甘さが特徴的です。
麦焼酎が好きという人にも、麦焼酎が苦手だという人にも、ぜひ一度は飲んで欲しい麦焼酎の一品です。
1800ミリリットルで、4,400円前後です。

高級麦焼酎をギフトにする時には、プレミアムな味わいを

窓乃梅酒造の「決戦前夜」は、幻の焼酎とも言われています。
その秘密は、熟成方法にあります。
この「決戦前夜」は
シェリー酒を仕込んだ樽に5年もの間熟成された、焼酎でありながら、どこか洋酒のような深い味わいを楽しむ事が出来ます。
そして、口許に運んだ瞬間、そのフルーティーな風味に驚かれる事と思います。
そして、そのボトルのデザインもまた格別なものがあります。
漆黒のボトルに、月夜が描かれ、見た目のインパクトもかなり好感が持たれます。
名前となっている「決戦前夜」のイメージとは少 し違い、その味わいはマイルドそのものです。
インパクトのある贈り物をしたい時には、ぜひおすすめしたい一品です。
やはり、特別な人への贈り物は、プレミアムな一品を選びたいものです。
金額は、720ミリリットルで7,500円前後と、少し高めだと思うかもしれませんが、やはり大切な人に贈り物をするなら、特別な麦焼酎を贈り、親睦を更に強くしたいところです。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3