知っていれば役に立つ!麦焼酎と芋焼酎の違いやその共通する部分について

  • メンバー
  • 更新日:
38view
favorite

仕事が終わった後や寒い季節にクイッと飲んだら美味しい「焼酎」。焼酎好きな人にはたまらない、至福の時間です。そんな焼酎の種類として有名なのが「麦焼酎」と「芋焼酎」ですが、この2つの違いについて、あなたは知っていますか?「原料に麦を使っているか芋を使っているかの違いだろう?」と思ってしまいがちですが、厳密にいうと、それだけではないのです。そして両者ともに違う部分と共通する部分もあるのですが、その謎を解くカギは、焼酎の製造過程にあります。これを知ったら普段飲んでいる焼酎がもっと美味しく感じられるでしょう。焼酎の美味しい飲み方(割り方)も含めて、紹介していきます。

麦焼酎と芋焼酎の決定的な違いって何だろう?

まずは両者の決定的な違いについて、麦焼酎は「大麦」や「麦麹」を使っている、芋焼酎は「さつま芋」と「米麹」を使っている、ということです。「おや?」とお気づきになったでしょう。麦焼酎が大麦や麦麹だけを原材料に作られているのは分かりますが、芋焼酎が「さつま芋と米麹?」となったはずです。
実はさつま芋のみでは発酵しにくくアルコールを醸しにくいため、なかなか美味い焼酎へと変身してくれません。そこで、「米麹」の力を借りることによって、さつま芋が発酵しやすくなり、やがては美味しい「芋焼酎」ができているということなのです。
ですから麦焼酎と芋焼酎の決定的な違いは、原料にそれぞれ独自のものを使っているのもさることながら、芋焼酎の場合はさらに米麹を使って作っているということです。
ですから芋焼酎にはさつま芋の栄養素だけではなく、米麹の栄養素が加わっているため、麦焼酎と比べると、その独特さが際立った焼酎だといえるでしょう。

麦焼酎と芋焼酎の「味」の具体的な違いについてを紹介

使用している原料の違いから、麦焼酎と芋焼酎にはその味に違いがあるのは当然ですが、ここでは具体的にどんな味の違いあるかを紹介します。
まず麦焼酎はクセがなく、果実を使っているわけではないですが、ほんのりしたフルーティーな味わいがあります。スッキリしたクセのない味わいであるため、焼酎を初めて飲んでみようとする人には、麦焼酎がふさわしいとよくいわれています。麦はみなさんもご存知のように、ビールやウイスキー、ウォッカにジンといった種類のお酒にもよく使われています。ビールには苦みがありますが、麦焼酎も含めた麦が使われているその他のお酒には苦みがなく、むしろ香ばしくて飲みやすいと人気です。
次に芋焼酎ですが、芋焼酎にはよくクセがあって飲む人を選ぶといわれています。しかしさつま芋は糖度が高いため、クセはあるものの甘みがあり、香りも甘く感じられます。それに米麹の優しい甘みがプラスされていますので、焼酎に慣れてきた頃に飲むと芋焼酎の美味しさも分かるようになるでしょう。

麦焼酎と芋焼酎の違いではなく共通する部分って?

共通する部分は「それは焼酎であることだよ!」といわれるでしょう。ではその「焼酎とは何か?」という部分については上手く答えられない人もいるかも知れません。焼酎とは日本酒と違って「蒸留させたお酒」のことです。原材料を発酵させた液体を加熱していったん蒸発させ、湯気となったものを冷やして再び液体にしたものをいいます。
こうすることでよりアルコール濃度が高くなった液体にすることができます。もっと具体的にいえば、水分は100°前後で蒸発し、アルコール分は78°程度で蒸発します。この沸点の違いを利用して濃度が高くなったアルコールを抽出する作業が「蒸留」です。ですから水分に含まれていた原材料の成分が薄くなって、その分アルコール度数を高めたものが焼酎ということになります。そして蒸留させて不純物が少なくなった焼酎は、飲んでも二日酔いになりにくいといった特徴もあります。もちろんアルコール度数が高いですから、何らかの方法で割り、度数を低めた状態で飲みましょう。

麦焼酎も芋焼酎も飲み方に違いはなし!美味しい飲み方とは?

麦焼酎も芋焼酎もアルコール度数の高いお酒ですから、ストレートで飲むには危険なため、「割って飲む」ことが必要になります。麦焼酎も芋焼酎も割り方は同じで、氷を入れただけのストレートに近い飲み方、冷たい天然水やお茶で割って飲む方法、炭酸水(ソーダ水)で割ってスカッとさせる方法、また寒い季節にはお湯で割って飲む方法など、様々な飲み方があります。この中でもオススメなのは、炭酸水で割った「焼酎ハイボール」という飲み方です。これにレモンやライムの汁を加えれば、さらにフルーティーでキレのある味わいになるでしょう。
そもそも焼酎ハイボールという飲み方は、そのむかし昭和の時代に東京の下町大衆酒場で発案されたものであり、その時代から焼酎の美味しい飲み方を人々は知っていたということになります。他にも宝酒造が製造している、その名の通り「焼酎ハイボール」シリーズという商品もあるため、焼酎のこうした飲み方はみなさんもよくご存知のことでしょう。しかし既製品を買うよりも、自分で作った方が自分好みの味に調整することができ、より美味しく感じられるでしょう。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3