定番中の定番!下町のナポレオン【いいちこ】

  • メンバー
  • 更新日:
68view
favorite

様々な麦焼酎数あれど、やはり私の定番は「下町のナポレオン」こと「いいちこ」をおすすめしようと思います。それはいいちこが美味しさや安さや商品のヴァリエーション等々様々な要因がありいいちこが私が日常で一番飲んでいる麦焼酎だからでしょう。一般的ないいちこのイメージは「呑んべいおっさん達がガバガバ飲むための安酒」と言うあまり良いイメージではないかもしれません。確かにそういう一面も否定は出来ませんが、しかし今回はそのイメージを払拭する様な現在の「いいちこ」の魅力を紹介したいと思います。

【いいちこ】って何?さらっと教える【いいちこ】

「知心剣」「十王」「兼八」等々確かに他にも美味しい麦焼酎はいろいろとありますが、「いいちこ」はそれら他の麦焼酎よりも古い歴史を持ち、また日本で一番飲まれているお酒です。多くの人達がいいちこを飲む一番の理由に挙げられるのは、何処でも手に入る利便性と安さということが多くの比重を得ると思います。特殊な麦焼酎が都市部の大型量販店や通販でしか購入することが出来ないのとは反対に、いいちこはスーパー・コンビニなどでどこでも購入することが出来、アルコール度数20%・25%のどちらも必ず購入することが出来ます。価格でも麦焼酎の値段の中ではかなり安く一般の人達でも気軽に購入出来る価格です、またいいちこはただ安いだけではなく
・「いいちこスーパー」
・「いいちこ民陶くろびん」
・「いいちこ空山独酌 麦」
・「いいちこスペシャル」
・「いいちこフラスコボトル」
・「iichiko 40」
などいいちこシリーズとして多岐に渡り、各種ともに様々な香りと味が楽しめます、このような多種多様な麦焼酎はいいちこだけではないでしょうか。

【いいちこ】の特徴、その飲み方

「いいちこ」の良さは何も多様性や利便性や安さだけではありません、それは飲みやすさと匂いの少なさだと思います。焼酎などのアルコール度数の高いお酒を飲む場合大なり小なり「クセ」というものがあります、私は麦焼酎の中でいいちこがかなり「クセ」の押さえられたものだと思われます。これはお酒の飲めない人や女性や初心者など焼酎が苦手な方でも気軽に楽しんで飲むことが出来るということではないでしょうか。例えば私のいつものいいちこの飲み方ですが、ストレート・ロック・ソーダ割りは当たり前ですが、ワインの味が少し弱いなと感じた際にはいいちこを少し足して強くしたり、ウィスキーや紹興酒など「クセ」が強いものに足して味をマイルドにしたりします。もちろんこれは私の味の独断と偏見の感想であり絶対ではありませんが、飲みやすさと匂いの少なさを持ついいちこを混ぜ合わせることによって、そこまで違和感のない楽しみ方が出来ると思います。(邪道だと思われる方も多くいらっしゃるでしょうが)このように「いいちこ」は多くの方が多くの楽しみ方の出来る麦焼酎ではないでしょうか。

もはやおっさんの酒ではない【いいちこ】

今までの「いいちこ」の一般的なイメージの多くは「呑んべいおっさん達がガバガバ飲むための安酒」というイメージであり若者や女性が好んで飲むお酒ではないと言ったものだと思います、しかし現在のいいちこのイメージは大きく向上していると思います。いいちこは1980代からイメージ戦略につとめ1985年のは「iichiko」のロゴを起用、そしてやっと数年前から雑誌やCMでいいちこを飲んでいるスタイリッシュな(?)人にのような良いイメージが出てきたのではないでしょうか。またいままで麦焼酎をプレゼントとして送ろうとしても誰も決して「いいちこ」の透明な酒瓶に緑色のラベルの付いたものを送ろうとは思わなかったでしょう、しかし今では「いいちこスペシャル」や「いいちこフラスコボトル」などのかなりデザイン性の良い酒瓶が採用されておりプレゼントとしても十分に通用する商品が出てきました。(実際「いいちこフラスコボトル」は2000年度GOOD DESIGN AWARDで受賞しています)

40周年の【いいちこ】の形

このように「いいちこ」は日本内外で広く愛される麦焼酎なのです。今年でいいちこが発売されて40年が経ちました、それだけ長く生産され続いている麦焼酎ということはそれが現状維持に満足せず他の麦焼酎にはない高いイメージ戦略を行なうことによって女性や若年層などさらなる顧客層を広げることにより、もはや「呑んべいおっさん達がガバガバ飲むための安酒」ではなく「多くの国民に親しまれる麦焼酎」というイメージを確立している証明だと私は思います。今年いいちこから40周年を記念して、長期貯蔵酒「iichiko 40」が2019年4月3日から数量限定で発売されます。原酒40酒類をブレンドしたそのアルコール度数はなんと40度!今年もいいちこは慢心せずさらに次へ行こうと言う意気込みが伺えます。もしこれからいいちこを購入される際は今までの飲み方だけでなく、新しく発売されたいいちこや自分なりのいいちこのブレンドなど色々試して飲んでみるといいのではないでしょうか。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3