焼酎とウイスキーの違いって!?味の違いと健康に良い飲み方!

以外と答えられない味の違いや、健康に良い飲み方などの豆知識も一緒に学べば、飲み会で一目置かれる存在になれる事間違えない!今回は意外と知らない、焼酎とウイスキーの違い、味の違い、健康に良い飲み方についてご紹介します。

  • ライターN
  • 更新日:
619view
favorite
焼酎とウイスキーの違いって!?味の違いと健康に良い飲み方!

ウイスキーと焼酎といえば、同じ蒸留酒で度数もしていて一体何が違うのだろう?と思ったことはありませんか。焼酎やウイスキーは呑むけど確かな違いについて知らないと「色と香りが違うよねぇ~」なんて言って、本当の焼酎やウイスキー通に鼻で笑われてしまうなんて事になると呑んべぇとしては恥ずかしい物です。そんな事にならない為にも、ここで一度、焼酎とウイスキーの違いについてお勉強をしてみましょう♪

以外と答えられない味の違いや、健康に良い飲み方などの豆知識も一緒に学べば、飲み会で一目置かれる存在になれる事間違えない!

今回は意外と知らない、焼酎とウイスキーの違い、味の違い、健康に良い飲み方についてご紹介します。

焼酎とウイスキーの違いで一番大きいのは【原料と素材】

焼酎とウイスキーの違いを聞かれた時、一番に答えたいのが「材料」と使われている「原料の糖化工程」です。


画像出典:https://www.paylessimages.jp

ウイスキーといえば、麦!というイメージもありますが、実は様々な材料からつくられています。例えば、大麦だけ原料としたのはモルトウイスキーと呼ばれ、代表的なのはスコットランドのシングルモルトがあります。グレーンウイスキーは大麦に加えトウモロコシなどのような穀類中心に作られています。

では、この材料で焼酎とウイスキーの違いは何かというと、【原料の発芽の有無】です。例えば、同じ大麦を使っていたとしても、未発芽大麦か麦芽(発芽大麦)かを使っているかで違ってきます。未発芽大麦を使うと、オイリーでどっしりとしたコクのある味わいに仕上げる事ができ、麦芽(発芽大麦)を使う事で甘みのあるさっぱりとした味わいに仕上げる事ができます。

麦焼酎と、シングルモルト・ウイスキーを呑み比べてみるとこの違いを感じる事ができますよ!

次に、「原料の糖化工程」についてお話ししていきます。まず、アルコールというのは、酵母菌がマルトースなどの発酵性糖を食べて醸し出すものです。しかし、大麦の場合、デンプンが発酵性糖ではないのでそのままでは酵母菌がアルコールに醸す事ができないのです。ここでの、発酵方法の違いによって焼酎とウイスキーがわかれるのです。


画像出典:https://www.paylessimages.jp

まずは、焼酎の発行方法についてみていきましょう。
焼酎の場合、コウジカビ(アスペルギルス・オリゼー)の出す酵素を使って発酵性糖を生み出します。米にコウジカビを生やす事で、大量のデンプン消化酵素(アミラーゼ等)が生まれデンプンを発酵性糖に変える事ができます。

ちなみに、コウジカビによる醸造法が発明されるまでは何と人間の唾液に含まれる消化酵素を使用していたそうです。想像するとちょっと気分が悪くなりそうですが、口噛み酒というれっきとしたお酒だったのです。

一方のウイスキーはどの様にして発行されているかというと、麦自体が持つデンプン消化酵素を活かす作り方をしています。大麦に水と酸素を加えるジベレリンという成長ホルモンを活性化させて発芽させ、そこで生まれる消化酵素を使うのがウイスキーです。

かなり専門的な知識となりますが、焼酎とウイスキーにはこんなにはっきりとした違いがあったんですね!

焼酎とウイスキーの味の違いはどうやって表現すれば正解?


画像出典:https://www.paylessimages.jp

焼酎とウイスキーの味の違いは何かと聞かれたとき、あなたならどんな風に答えますか?正直な所、ウイスキーの味わいに近い焼酎があったり、はたまた焼酎好きに好まれるウイスキーがあったりと、その違いを明確に表現する事はなかなか難しい物ですよね。

一口に焼酎、ウイスキーと言っても使われている材料も様々なので、違う材料で作られている焼酎とウイスキーを比べた所で材料の味わいの違いとしか言いようがあります。なのでここでは、麦焼酎とシングルモルトの味わいの違いについてお話ししていきます。

先ほどの発酵方法の際にもお話ししたように、麦焼酎は甘みが感じられさっぱりとした味わいがあります。一方、シングルモルトウイスキーはどっしりとした味わいでコクを感じられる味わいです。

そもそも、焼酎は食事の邪魔をしないさっぱりとした味わいが特徴なので同じ麦であっても、食事と食事をスムーズにつなげるようなさわやかな味わいを感じられます。一方、ウイスキーはというと食後やバーで一杯のようなイメージが強いように、オンザロックなどにしてウイスキーのみで、食事ではなく簡単なつまみと一緒にウイスキーの味を楽しむことが中心となります。

麦焼酎と、シングルモルトウイスキーをストレートで呑み比べてみるとその差が感じられますよ!

焼酎とウイスキーってどっちが太るの?健康に良い飲み方とは?

結論からいうと、焼酎もウイスキーも醸造酒である為、糖質量は0gです。カロリーはウイスキーより焼酎の方が一般的に少ないことが多いですが、それでも糖質量は0なので、どちらの方が太りやすいという違いはあまりありません。

それでも、ハイボールは太らない、ウイスキーはダイエットにいい!といわれるのは、そのおつまみが原因だといえるでしょう。

先ほども述べたように、焼酎は食事中に口の中をさっぱりとさせ、より食事が進むように作られたお酒です。一方、ウイスキーは食事中というよりは食後やウイスキーのみで呑むことが多いでしょう。焼酎が太りやすい、ウイスキーは太りにくいというよりは、焼酎と一緒に食べている食事で太るといった方が正しいのです。

特に焼酎は口の中をさっぱりとさせてくれるので、唐揚げやフライドポテトなど脂っこい物を美味しく頂く事ができます。一方のウイスキーといえば、ナッツやチーズが合うイメージですよね。唐揚げとナッツ、どちらがカロリーが高いかというと一目瞭然ですよね。

健康的にお酒を楽しみたいのであれば、呑む量を適量に保つことはもちろんですが、一緒に食べる食事やおつまみにもしっかりと気を使う事が大切ですね!

【参考】薬になるお酒の飲み方

画像出典:Amazon

【参考】薬になるお酒の飲み方

飲み方次第で「薬」にも「毒」にもなる!飲む前に読みたいお酒の雑学本!毎日飲んでも!太らない、病気にならない、悪酔いしないコツ43。

この記事を書いた人
ライターN

最新記事

記事バナー3

関連するタグ