芋焼酎の初心者が選ぶ贈り物

  • メンバー
  • 更新日:
4view
favorite

芋焼酎といっても本当に種類があります。私が住んでいる地域では本当に芋焼酎を飲む人が多いいのです。私もそこで芋焼酎を味わうようになり虜になった一人です。なんといっても焼酎は今はやりの糖質オフジャンルのお酒です。お湯で割っても良し、水で割っても良し、ソーダで割るもよし、ロックで氷だけで焼酎そのものを味わうもよし、と幅広い楽しみ方があります。また日本酒のようにすぐ風味が変わってしまう、管理が難しいということもなく贈り物にしやすい飲み物だと思います。また懐に優しく安価な値段で贈り物に喜ばれる焼酎がたくさんそろっています。また量り売りをしているところもあり、瓶から選びその瓶に入れてプレゼントにするということもできます。

こんな芋焼酎をもらったらうれしいと思う贈り物

あえて銘柄を言うと「黒霧島」「島美人」「小鹿」「れんと」などのどおこのお店でも売っている芋焼酎を贈り物にしても喜ばれることと思います。焼酎はいろんなシーンに活躍するお酒であり今ではスパークリングの焼酎もあります。女性受けをする焼酎でそういうものを選ばれる人もいるのではないかと思います。彼女へのプレゼント、引っ越し祝いで芋焼酎なんてと思われる人はスパークリング焼酎を選んでプレゼントにされたら
いいサプライズになると思います。また氷焼酎もあり氷点下で楽しむことができる氷酒もあります。冷凍庫に入れてもシャーベット状になりレアな
焼酎ではありますがこれもまたなかなかお目にかかれない焼酎なので贈り物にしてもいいと思います。笠沙恵比寿という銘柄になります。また個人的には赤兎馬という焼酎がおすすめです。もらったらほんとにうれしい一品です。紫芋で作られた赤兎馬は飲みやすくフルーティな香りがしてロックで飲んでほしい焼酎です。

芋焼酎を贈り物にしたい人には必ずこれが入っていればおいしいといわれる

芋焼酎を贈り物にしては見たいけど何を選んだらいいのかと買ったことがない人は困ることだと思います。芋焼酎のラベルに「亀仕込み」と入っていたらまず間違いなくおいしい焼酎といえます。どの銘柄ということがわからなくても亀仕込みならおいしいこと間違いありません。また面白いことに島仕込みの焼酎は外しません。(奄美大島とか)島で作られた焼酎は外すことはありません。また芋焼酎も黒糖焼酎といわれるものもあり、それもほぼなんでもおいしく飲めると思います。都会の焼酎のようにお湯で割り梅干をいれて飲むというやり方は芋焼酎には合いません。あくまでも芋の香りを味わい、風味を味わって飲むお酒ですので邪道といえると思います。また芋焼酎で合うおつまみとして意外と思われるのは芋が使われているものが合います。甘いものが好きではない方もおられると思いますが芋ケンピ、いもようかん、ガネ天(サツマイモの天ぷら)など原材料が芋なので合うおつまみも芋系がなぜか合うようです。

お手軽に芋焼酎を楽しみたい人に贈りたい贈り物

贈り物にしたいけどお手軽に芋焼酎を買いたいという人もいられることと思います。先にあげた「黒霧島」「島美人」「れんと」「小松帯刀」「島乙女」「三岳」「アサヒ」「朝日」「南々方」などを選ばれるとまず間違いはないと思います。どれも安価で売っているものです。「三岳」はこの中でも高い部類に入りますが、くせがなく女性に贈る贈り物にはいいかと思います。芋焼酎を気軽に楽しみたい、毎日の晩酌に欠かせないという方にこれらを贈れば喜ばれること間違いないと思います。芋焼酎には特徴があり冬にはお湯で割ったほうが香りが華やぐ焼酎と水で割って味を楽しむ焼酎があります。私はロックで飲んでしまうのでどちらも当てはまらないのですが「南々方」はお湯で割って香りを楽しむ焼酎と言われています。
私が一年に一度行く新酒祭りで必ず買う焼酎はモルトで寝かされた焼酎です。その焼酎は樽仕込みのせいか開けるとフワリと木の香りがします。36度とアルコール度数は高いのですがロックで味わうとちょうどウイスキーを飲んでいる気分にもなります。それもそこに行くしか手に入る方法がありませんが安価でお求めやすいお値段で手に入ります。もちろんレア焼酎のなので贈り物にしたら喜ばれること間違いなしです。

毎日でも飲める芋焼酎を贈り物に

毎日でも飲める芋焼酎を贈り物にするのもいいことだと思います。安く買えるからといっても味が悪いわけではありません。むしろ安くてもおいしい焼酎は世の中にたくさんあります。ネットですごい高値で取引されている「魔王」「森伊蔵」「村尾」など3Mといわれるものがありますがそれに代わるくらいおいしくて安い値段で手に入る焼酎が世の中にはあります。私が初めて飲んだ焼酎は「百年の孤独」という焼酎でした。それもロックで飲んだことで焼酎のおいしさにはまったくらいです。また「六代目百合」という焼酎も飲みやすく安価で手に入ります。ロックがおすすめです。毎日の晩酌にいい焼酎だと思います。普段はパックの島美人あたりを飲んでちょっとイベントがある時には「六代目百合」という方もいると思います。私がいる地域では普通にパックで焼酎が売られています。だからといって瓶と味が変わるわけではありません。焼酎のいいところは瓶であっても紙パックであっても味が変わらないところです。だとしたら普段は紙パックを買い、贈り物にするのに同じ銘柄を瓶にするのもいい手だと思います。焼酎はお祝い事、プレゼントなどに活躍できる安価に見えない安価な贈り物なのです。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3