米焼酎の良さを引き出してみませんか?

  • メンバー
  • 更新日:
27view
favorite

米のみで作られている米焼酎を好む人はたくさんいます。
その理由は、そのスッキリとした味わいです。
口当たりが良く、まろやかでほのかに甘く、米本来の美味しさがギュッと詰まった焼酎です。
ですが、本当に米焼酎本来の美味しさを全て知っていると言えますか?
米焼酎は、もちろんそのまま飲んでも美味しいですが、カクテルにすると、もっと美味しく飲む事が出来ますし、米焼酎本来の美味しさを引き立てる事も出来ます。
様々な米焼酎の飲み方を知り、その美味しさを隅々まで堪能しましょう。

米焼酎おすすめカクテル

米焼酎でカクテルを作るなら、ぜひおすすめしたいのは「ミルク焼酎」です。
米焼酎と牛乳を混ぜるだけという、とても簡単な物なのですが、その魅力は米焼酎を更にまろやかで飲みやすいものにしてくれます。
作り方のポイントとしては、米焼酎よりも、牛乳の方を少し多く入れるという事です。
そして、ミルク焼酎の良い所は、アイスでもホットでも飲めるという事です。
まず、アイスで飲みたいという時には、氷をグラスの半分近くまで入れます。
グラスも冷やしておくと、より気持ち良く飲む事が出来ます。
そして、ミルク焼酎の場合はホットでも飲めるのが良い所です。
ホットで飲むという時には、米焼酎とミルクを小さな鍋に入れて温めます。
そして、甘いのが好きだという人は、砂糖またはハチミツを足しても良いです。
寒い夜には、眠る前に温かなホットミルク焼酎を飲むと、ぐっすり眠る事が出来ます。
夏も、冬もその美味しさを楽しむ事が出来るミルク焼酎は、まさにいつ飲んでも飲み飽きない美味しさです。

季節限定で楽しめる米焼酎カクテル

そして、米焼酎でカクテルを
作る時には、「カルピス焼酎」もおすすめです。
飲んだ時に、ほのかに甘く、それでいてサッパリとした口当たりが特徴的です。
作り方はとても簡単です。
アイスで飲むという時には、冷たい水とカルピス、それに焼酎を氷を浮かべたグラスに注ぐだけという、非常にシンプルな焼酎です。
そして、冬にはホットとしても飲む事が出来ます。
沸騰させたお湯と、カルピスをグラスに注ぎ完成という、とてもシンプルな焼酎カクテルです。
そして、なぜ「カルピス焼酎」がおすすめなのかというと、カルピスは季節によって様々な味わいを楽しむ事が出来ます。
特に夏には、期間限定で様々な味が季節限定品として発売されます。
つまり、季節が巡る度に、季節限定のカルピスを堪能する事が出来るのです。
主に果物をベースにしたカルピスが多いので、フルーティーな味わいを楽しみたいという時には、「カルピス焼酎」を飲むという事はおすすめしたい飲み方です。

バリエーション豊かな米焼酎カクテル

米焼酎で作るカクテルの中で、「ブラッディマリー」などはいかがでしょうか?
グラスに米焼酎と、トマトジュースを注ぎ、レモンを添えたら完成です。
作り方もとてもシンプルで、簡単に作る事が出来るのが特徴的です。
そして、「ブラッディマリー」のおすすめは、バリエーション豊かという事です。
例えば、野菜スティックなどを一緒に添える事でも味わいは変わってきますし、コショウやタバスコなどを一緒に添えると、その量を調節する事で、更に微妙に味を変化させる事が出来るのです。
他のカクテルも、もちろんアレンジする事が出来ますが、「ブラッディマリー」の場合は、元々の味の癖が弱いので、他のカクテルよりは、アレンジがしやすくなっているのです。
グラスの中の深紅のカクテルは、自分で飲むのももちろんですが、お客様へのもてなしの時にも大切なカクテルになる事でしょう。
お客様一人一人の好みに合わせてカクテルを作る事で、より米焼酎を楽しく飲む事が大切です。

米焼酎で定番カクテル

米焼酎を使って、定番カクテルである「カルーアミルク」を作ってはどうでしょう?
好きなインスタントコーヒーと、米焼酎、そして、牛乳を混ぜるだけです。
この時に、甘い方が好きなら砂糖を入れても美味しいですし、牛乳を甘くしてから入れるのでも良いです。
そして、砂糖ではなくてもハチミツを使っても美味しく飲む事は出来ます。
カルーアミルクが美味しく飲めるのは、やはり焼酎とコーヒー、そして、牛乳の量のバランスを考えて混ぜるのが良いでしょう。
そして、カルーアミルクを作る時には、お湯の中に焼酎を入れた方が美味しく出来ますし、コーヒーは、粉を使う場合には、事前に水かお湯で溶いておいて、混ぜやすいようにしましょう。
そして、牛乳はホットミルクにして、最初に砂糖などを混ぜておくと、グラスの中で混ぜやすくなります。
ほんのり苦味を残す味わいは、余韻を残し、またすぐに飲みたくなる味わいです。
まったりしたい夜には、カルーアミルクを飲みたくなります。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3