【焼酎初心者】米焼酎と芋焼酎、麦焼酎の違いを特徴をまぜてざっくり説明していきます!

  • メンバー
  • 更新日:
92view
favorite
【焼酎初心者】米焼酎と芋焼酎、麦焼酎の違いを特徴をまぜてざっくり説明していきます!

美味いと思って飲んでいても、その焼酎が何から作られているか知っていますか。

焼酎は米焼酎、芋焼酎、それに麦焼酎という種類があります。それぞれに特徴があり、味にも違いが見られます。焼酎なら何でもいい、なんて飲み方は焼酎に対して失礼です。

原材料によって異なる特徴と味についてしっかりと理解し、相性の良い料理と共にこれまで以上に美味い焼酎を飲んでみませんか。きっと目から鱗が落ちるような情報を手に入れることが出来るはずです。

米焼酎と芋焼酎の違いは飲み口の軽さにも特徴がある!!

焼酎の風味や味の違いは原材料や蒸留方法、それに仕込みによって少しずつ違いが現われます。違いは無限にといえるほど膨大で、同じ酒蔵が同じ材料で醸造しても、陶芸作品ひとつひとつ趣が違うように味が異なります。

また蒸留するときに低圧低温で行なうと香りや味がまろやかになって、飲みやすくなるといわれます。米焼酎の原材料はシンプルに米だけとなり、焼酎を作る為に使われる麹も米から作られているので米と水のみだけということです。

芋焼酎はさつまいもやじゃがいもから作られる焼酎で、使われる芋は黄金千貫が多いのですが、ほかにも女性に人気の安納芋や焼酎の原材料として品種改良されたジョイホワイトがあります。

味の違いは米焼酎が濃厚でありながらもさっぱりすっきりしているのに比べ、芋焼酎はその品種によっても特徴や味に変化があるようです。芋焼酎は口にする前から酔わせるほど芳醇な甘い香りが漂い、お湯割りや水割りでも味はぼやけることなくしっかりと味わえるお酒です。

米焼酎と芋焼酎、それぞれに相性の良い料理の違い

米焼酎は糖化させる麹も米というシンプルな材料で作られていますが、味は果物のような爽やかを持ち、日本酒と通じるところがあるようです。

日本酒と違うのは蒸留していることでアルコール度数が高く、オン・ザ・ロックや香りを楽しむ為に水割りなどがお奨めの飲み方でしょう。米焼酎と相性の良い料理は魚料理で、意外な所ではキャビアなどの魚卵とも抜群の「あて」となることを保証します。

一方の芋焼酎は香りにイソアミルアルコールやテルペン系など白ワインに似た要素を持っているので、濃い味の料理と合います。

日本料理の煮物やお好み焼き、鹿児島の甘いさつま揚げや黒豚のしゃぶしゃぶと愉しんでください。天ぷらにはビールと思っておられるかも知れませんが、芋焼酎は香りが強いので天ぷらの油の臭いを洗い流してさっぱりさせてから次ぎの料理へ移る事が出来るお酒です。

どちらの焼酎も世界貿易機構によって産地指定を受けており、作り方や使う材料などにも厳密に規定が設けられています。

米焼酎と芋焼酎も使われる麹の種類で違いが現われる

焼酎に使われる麹には黒麹、白麹、黄色麹の3種類があります。

この麹の違いによっても微妙な違いが生まれ、黒麹は強烈なパンチの効いた重みのある味に仕上がります。

白麹は軽やかでさっぱりした味が特徴で、黄色麹は主に日本酒に使われている麹でフルーティな香りになります。これに加えて様々な条件が、味に変化を付けて行きます。味を最も左右するのが原材料で、芋・米・麦それぞれがはっきりと主張する部分があるのです。

麦焼酎は世界でもウイスキーやラム・ジンなど酒の材料として使われ、クセのない香りは米や芋と比べて飲み易さは一番でしょう。

麦焼酎を作ったのは長崎県の玄界灘に浮かぶ壱岐島が発祥地とされ、麦や米が育つ気候と良い水を材料としています。

WHOによって産地指定され、壱岐島で全ての工程を行なっていることや米麹と大麦を1対2の割合で使用することが決められています。麦の香ばしい香りを強調した銘柄や、反対に麦であることを主張しすぎず飲み易さにこだわった銘柄も作られています。

産地によっても違いが現われる、米焼酎と芋焼酎・麦焼酎の作り方

日本酒で使われる米の精米歩合は60パーセントから70パーセントですが、米焼酎では米の甘みや旨みを残すために85パーセントから90パーセントにしています。

使われる米の銘柄は「ヒノヒカリ」ですが、食べても美味しい「コシヒカリ」や「あきたこまち」が使われることもあるのです。

鹿児島といえばサツマイモを思い浮かべますが、芋焼酎の生産量・消費量ともに1位といっても驚くにはあたりません。薩摩焼酎はワインのボルドーやブランデーのコニャックと同様、2005年にWHOの協定に基づき生産地指定されました。

薩摩焼酎を名乗る為には鹿児島産の芋と水、米麹・芋麹を使っていることと、鹿児島県内で全工程を行なっている必要があるのです。熊本県発祥の球磨焼酎と呼ばれる米焼酎の場合は、日吉球磨の地下水で作られたもろみを使い、日吉球磨で蒸留から瓶詰めまでを行なっていなければなりません。

焼酎の原材料となるのはアロエや栗・蕎麦など50種類ほど存在しており、かめつぼ仕込みなどによっても持ち味は違います。自分の好みの味を見つける冒険は、非常に長くなりそうです。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3