米焼酎の人気はこれ!希少だけど楽天でも買える【新潟、熊本、鹿児島】

今回はその中でも特に人気があってとてもよく売れているという米焼酎についてご紹介してみたいと思います。選ぶ理由はお値段や味などについてが大方を占めると思います。その中でも特に一番肝心である味について、そして味に関わる米について深く追求しながら

  • ライターN
  • 更新日:
96view
favorite
米焼酎の人気はこれ!希少だけど楽天でも買える【新潟、熊本、鹿児島】

ひとくちに焼酎と言っても、芋や麦、そば、黒糖など様々な種類があります。その中でも、焼酎初心者が一番とっつきやすく呑みやすいといわれているのが米焼酎です。

米焼酎とは、お米を原材料として造られている焼酎のことです。美味しいお米が大好きである日本人にとってはとても馴染みのあるお酒ですよね。

今回はその中でも特に人気があってとてもよく売れているという米焼酎についてご紹介してみたいと思います。選ぶ理由はお値段や味などについてが大方を占めると思います。その中でも特に一番肝心である味について、そして味に関わる米について深く追求しながらご紹介していきます!

米焼酎ってどんなお酒?人気を知りたい!

米焼酎とは、その名の通りお米を原料として作られるお酒です。

お米でお酒といえば「日本酒と同じなんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、焼酎と日本酒とでは造り方から全く違います。日本酒は「醸造」、焼酎は「蒸留」をしてお酒に仕上げていきます。

醸造蒸留の違いを簡単に説明すると、日本酒を造る時に用いられる醸造というのは穀物や果物に含まれる酵母の力で発酵させたお酒です。ワインも醸造酒のひとつです。

一方、焼酎を造る時に用いられる蒸留というのは、先ほどの醸造酒を”蒸留”させて造るお酒です。蒸留というのは液体を蒸発させてその期待を冷やし再び液体に戻す作業の事を言います。

原料は同じでも、造り方が違うだけで全く違う香りや味わいになるので、飲み比べてみるととても面白いですよ。

   

米焼酎は呑みやすく初心者におすすめ!


呑んべぇさんの中でも、焼酎は癖が強くて飲みづらい…という人が意外と多いです。その多くが、芋焼酎をのんで芋独特の臭みが苦手で呑めないという場合です。ですが、米焼酎は芋焼酎に比べて癖が少なく初心者でも呑みやすいと言われる焼酎です。

原料がお米なので、お米を主食として食べなれている日本人には受け入れやすい香りや味わいで「芋は苦手だけど、米は好き!」という呑んべぇさんも多いです。

   

知らなきゃ恥ずかしい!米焼酎の人気で希少な銘柄

焼酎といえば、常備酒として常に家に置いておく呑んべぇさんも多いかもしれません。これといって賞味期限もありませんし、お料理にも使えるので大きなパックで焼酎を買っておいておく場合も多いかもしれませんね。値段的にもお手頃な物が多く、お父さんの強い味方としても活躍しているのではないでしょうか?

そんな焼酎ですが、実はプレミアと呼ばれるとても高価なのになかなか入手できないとても希少な物があります。有名どころでいえば、芋焼酎の「魔王・村尾・森伊蔵」ですがもちろん米焼酎でも希少なプレミア焼酎は存在します。

ここでは、米焼酎の希少なプレミア焼酎をご紹介します。もし飲食店で見つけたらぜひ一度は呑んでみるのがおすすめです!

十四代 秘蔵純米焼酎 25度 720ml 出典:楽天

十四代 秘蔵純米焼酎 25度 720ml

日本酒から作られた焼酎で生産量はごくわずか、超入手困難な山形県の米焼酎です。プレゼントにもとても喜ばれるいっぽんです。

アルコール度数は25度でそれなりに高めですのでお酒に飲みなれていないとしっかり効きます。お値段は6000円以下あたりになるものが多いです。ただ瓶が1リットルよりも少し小さめになっておりまして、かなり割りだかになってしまっていますが、それなりの価値はあるんではないかと思っています。

「高木酒造 十四代 秘蔵焼酎」の商品種別は純米焼酎、米麹で氷だけの上にこのお酒を注いでロックとしてお飲みいただくのが特にストレートに味わえて乙になっていますね。

良く合う料理というのも、もう何でも合うと言えるほどすっきりとした味わいを持っているんですが、色々な種類のチーズや鍋物などに合わせてお飲みいただくのが特に人気がある組み合わせになっています。

飲み口は随分とフルーティな感じですから、洋食などでももちろん合わせることができる味になっています。

野うさぎの走り [ 焼酎 37度 宮崎県 600ml ]

野うさぎの走り [ 焼酎 37度 宮崎県 600ml ]

明治18年から宮城で続く酒蔵「黒木本店」の造る米焼酎が”野うさぎの走り”です。原材料から自分たちで作り上げるなどこだわりのある焼酎です。

名前の”野うさぎの走り”は「不思議の国のアリス」に登場するうさぎより命名され、飲む人を異世界に誘う魅力的な焼酎です。

ナッツのまろやかな口当たりと、カラッとしたのどごしが魅力の米焼酎です。

越乃寒梅 10年古酒乙焼酎720ml 出典:楽天

越乃寒梅 10年古酒乙焼酎720ml

越乃寒梅は明治40年創業の新潟県の石本酒造という歴史のある酒蔵で造られている焼酎です。

その歴史のある酒蔵が造るお酒の中でも、平成2年に生まれた越乃寒梅の古酒「乙焼酎」は品のある香りとやさしいお米の甘さが人気の焼酎です。

とても滑らかな口当たりなのでどんどん呑めてしまいますが、40度と度数が高いので注意が必要です。

デイリーで楽しみたい!人気の米焼酎

希少なお酒は呑んでみたいけど、まずは米焼酎にチャレンジしたい!デイリーで飲める米焼酎が知りたい!という場合にはカジュアルな価格帯の米焼酎がおすすめです!

小正醸造 メローコヅル エクセレンス [ 焼酎 41度 鹿児島県 700ml ] 出典:Amazon

小正醸造 メローコヅル エクセレンス [ 焼酎 41度 鹿児島県 700ml ]

「小正醸造 メローコヅル・エクセレンス」も人気の米焼酎ですね。鹿児島生まれのこの米焼酎のアルコール度数は45度になっていますから、やわらかい口あたりの割には、しっかりとした濃厚さも兼ね備えておりますし、香りがとてもよいですね。

お酒の作り方でアルコールの度数が違ってきますが、この度数でお値段が3000円以下で買えることもありますから、かなりお得なんではないかと思っています。

飲んだ後の味わいが長く残ってくれるのは恐らく製造期間も少し長めだからなのではないかとも感じます。

米焼酎でありながらも、果実の甘味を若干含んでような味わいがありますが、アルコール度数が高いですから、少しだけピリっとしたり刺激のある味わいもします。それが好きなんだという人にはたまらない一本になるんではないでしょうか。

「小正醸造 メローコヅル・エクセレンス」を甘いお菓子の材料として少し加えてみてもその持ち味が生かされるように感じます。

特製 玄米焼酎(35度)(1800ml)【小正醸造】□ 出典:楽天

特製 玄米焼酎(35度)(1800ml)【小正醸造】□

「小正醸造 特製 玄米焼酎」も人気米焼酎の仲間です。アルコール度数は35度で、2リットル近く入っていて4000円以下くらいのお値段といった具合いになっておりますから、たっぷりと飲みたい方にはとっても重宝しますね。

原材料が南さつまの玄米や白麹になっていますから、なかなかの栄養分も含んでくれているんではないでしょうか。

個人的には梅酒用のお酒とするにはとても良いものだと思っておりますし、他の果実と調合してみても中々良いブレンドになって優れた味への効果を発揮してくれます。

こちらも鹿児島の大地で作られた米焼酎ですからしっかりとした深い味わいです。

もちろんどんなお料理にも合いますので安心ですが、特に魚料理のお供にされますと、玄米と魚の両方で脳みそへの良質な栄養素として働いてくれますから、認知症予防などにも効果があるんではないかと期待されています。

たっぷりとした量がありますが、ゆっくりと少しずつ味わいたい一本です。

七田 吟醸粕取り焼酎25°1800ml 出典:楽天

七田 吟醸粕取り焼酎25°1800ml

「七田 吟醸粕取り焼酎 」は米焼酎の中でも勢い良く人気を上げ始めている一本ですね。

こちらはサイズは1800ミリと720ミリとがあります。アルコール度数は25度、佐賀県で作られました。720ミリの方は1500円以下で買えることもありますからかなりのお買い得品ですね。

ただ、生産された数があまり多くないようでして、所々に品切れが発生しています。再生産もされるのかどうかわかりません。

この希少価値感も手伝って更に人気が上がってきたわけですが、どうしても味わってみたいという方々は早めに購入を検討されることを強くおすすめします。

純米吟醸の酒粕が使用されておりまして、味わいがとても丸い感じがしますし、こちらも果実のような風味もブレンドされてとてもすっきりとしています。

それに加えまして、酒粕のおかげさまで含まれたふわっとした膨らんでいくような深い味わいはとても存在感があり、舌がとても喜ぶんではないかと思います。

米焼酎で人気なのは、本場の熊本、鹿児島だけではなく米どころ新潟も!

焼酎といえば、有名どころは九州の熊本鹿児島ですよね。もちろん米焼酎でも九州はエリート級の人気米焼酎が多くあります。

特に熊本には、球磨焼酎と呼ばれるブランド米焼酎があります

   

しかし、米焼酎で注目されるのは、焼酎造りが盛んな九州だけではないのです。

米焼酎の原料はいわずもがな「」ですよね。そして、そんな米で作られる日本のお酒といえば「日本酒」ですが、実は日本酒の酒蔵で造られる焼酎が注目されているのです。

なかでも米どころであり、日本酒の酒蔵が多い新潟でも焼酎は多く造られています。日本酒に使われる美しい水やおいしいお米で作られた米焼酎もぜひ楽しんでみてくださいね。

八海山 本格米焼酎黄麹三段仕込こちらの米焼酎です。み 宜有千萬(よろしくせんまんあるべし) 1800ml [新潟県]

八海山 本格米焼酎黄麹三段仕込こちらの米焼酎です。み 宜有千萬(よろしくせんまんあるべし) 1800ml [新潟県]

おいしいお米で有名な新潟県魚沼氏に本社を置く、大正11年創業の八海醸造が手掛けるのがこの米焼酎です。

清酒蔵ならではの上品な口当たりとまろやかな円熟した味わいが魅力です。

この記事を書いた人
ライターN

最新記事

記事バナー3

関連するタグ