真にウィスキー好きなら知っておきたい事

  • メンバー
  • 更新日:
9view
favorite

ウィスキーは、初めて飲んだ時には誰もがそのアルコールの強さに眉を潜めるものです。
ですが、それはウィスキーというお酒の飲み方を、今だ知らずにいたからです。
ウィスキーは、正しい飲み方を知れば、必ずその奥深い味わいを堪能する事が出来ます。
そして、ウィスキーの中でもモルトウィスキーを好む人は、真にウィスキーを愛する人だと言えるでしょう。
ですが、モルトウィスキーとは、そもそもどういったウィスキーなのでしょうか?
それが分かれば、もっとウィスキーが好きになる事でしょう。

モルトウィスキーの意味が分かれば、飲み方も分かる

そもそも、モルトウィスキーというのは、どういったウィスキーなのでしょう。
モルトウィスキーというのは、発芽させた大麦だけを主原料とした物の事です。
そして、他のウィスキーと違うのは、一ヶ所の蒸留所をで作ったモルトウィスキーの事を、シングルモルトと言います。
誰もが、その芳醇な香りと深いコクを知り、ウィスキーの虜になっていくのです。
そして、その飲み方は「ストレート」がおすすめです。
モルトウィスキー本来の味を楽しめますし、何よりもその琥珀色の美しい色合いを堪能しながら飲む事が出来ます。
ですが、やはり「ストレート」で飲むのは難しいと思う人もいると思います。
ですが、ウィスキー本来の美しい色と味を楽しみたいというならば、グラスの中に大きな氷を浮かべて、「オンザロック」で飲む事がおすすめです。
ウィスキーの量が少なくても、存分にウィスキーの良さを知る事が出来るので、モルトウィスキーは初めて飲むという人には、おすすめしたい飲み方です。

様々なモルトウィスキーの意味と飲み方

ハイランドモルトウィスキーというのは、スコットランドにあるハイランド地方で作られたシングルモルトウィスキーの事です。
そして、このハイランドモルトウィスキーは、作られた地域によって、それぞれ違いがあります。
まず、東の地域で作られた物は、モルトウィスキーでありながらフルーティーな香りが強いのが特徴です。
そして、西の地域で作られたモルトウィスキーは、口当たりが軽く、爽やかなモルトウィスキーです。
そして、南の地域で作られたモルトウィスキーは、軽くて少し甘さが口の中に残るといった、女性でも飲みやすいモルトウィスキーとなっています。
更に、北の地方で作られたモルトウィスキーは、モルトウィスキー本来の風味と、口当たりが滑らかに広がっていくモルトウィスキーです。
このハイランドモルトウィスキーを初めて飲むという時には、地域によって味の違うハイランドモルトウィスキーの飲み方は、少量づつ飲み比べをして、その微妙な味の変化を堪能するのが良いでしょう。

モルトウィスキーの飲み方は、その意味を知る事も必要

ローランドモルトウィスキーというのを聞いた事がありますか?
スコットランド南東部にある、ローランド地方で作られたモルトウィスキーです。
ローランドモルトウィスキーの特徴は、なんといってもその軽やかさです。
そして、モルトウィスキーの中でも、甘味がほのかに感じるモルトウィスキーで、その繊細な甘味は、女性に向いていると言って良いでしょう。
そして、このローランドモルトウィスキーの飲み方は、やはり味そのものを堪能してもらう為に、「ストレート」で飲んでもらうのが一番分かりやすい飲み方です。
そして、なんといっても、このローランドモルトウィスキーは、赤褐色の美しい色がとても特徴的なのです。
飲む前には、グラスに注がれたこの赤褐色の美しさを堪能しましょう。
それから、その香ばしくも感じる香りを楽しみましょう。
そして、ほんの少しですが柑橘系の爽やかな香りを感じる事が出来ます。
今までモルトウィスキーは苦手だという人にも、飲みやすいモルトウィスキーです。

モルトウィスキーの意味を知り、飲み方を考えよう

ウィスキーの中でもやや辛めが飲みたいという時には、キャンベルタウンモルトウィスキーがおすすめです。
キャンベルタウンというのは、スコットランドの南西にある都市の名前で、かつては北米からの海上輸送の拠点でもありました。
1900年代には、あらゆる産業が発展していましたが、時代の流れにより、次々と衰退していき、キャンベルタウンモルトウィスキーは、古き良き時代の名残を今でも残しています。
そして、キャンベルタウンがなぜ衰退したのかを知ると、キャンベルタウンウィスキーの味は、また格別となります。
モルトウィスキーには、それぞれの土地の、それぞれの歴史が隠されています。
あらゆる時代の荒波を乗り越え、それでも残された蒸留所で、キャンベルタウンウィスキーは製造されてきました。
やや辛口の口当たりなので、「ストレート」で飲むのは難しいかもしれません。
炭酸水で割って、飲みやすくするのも、口当たりが柔らかくなり、辛口は苦手だという人も飲みやすくなります。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3