世界中を魅了!ウイスキー「響」が人気の理由とおすすめの飲み方3選

今回は、この日本が誇るウイスキー「響」の魅力にグッと迫り、その種類やちょっと変わったおすすめの飲み方についてご紹介します。

  • メンバー
  • 作成日:
562view
favorite
世界中を魅了!ウイスキー「響」が人気の理由とおすすめの飲み方3選

日本のウイスキーはジャパニーズウイスキーと呼ばれて、世界中で高い評価を得ていますね。

日本国内でも、日本の高級ウイスキーは舌の肥えた呑んべぇたちが絶賛するおいしいウイスキーであります。

中でも国産最高峰と呼ばれているのが、サントリーの「響」です。

呑んべぇな方なら、呑んだことのある方も多いでしょう。

でも、響といっても中々手に入らない銘柄があるのも事実。

今回は、この日本が誇るウイスキー「響」の魅力にグッと迫り、その種類やちょっと変わったおすすめの飲み方についてご紹介します。

国内最高峰のウイスキー「響」とはどんなお酒なのか


「響」はサントリーのブレンデッドウイスキーです。

ブレンデッドウイスキーとは異なる蒸留所のウイスキーをブレンドしたウイスキーのことをいいます。

「響」は名水を誇る京都の山崎蒸留所、愛知の知多蒸留所・山梨の白州蒸留所と増え、3つの蒸留所で作られる原酒を厳選し、ブレンドしたウイスキーです。

響で使用されている原酒の種類は約80万個ともいわれ、その中からテイスティングをし、良い状態の厳選された原酒だけを使ってブレンドされて作られています。

また、響という名前の由来は、サントリーの企業理念である「人と自然と響きあう」とクラシック曲「交響曲第1番 第4楽章」のイメージから響と名付けられたものです。

繊細な日本の自然と人が響きあったシンフォニーのようなウイスキーは、現在では、世界中の人と響きあうウイスキーとなったのです。

年数だけじゃないウイスキーの「響」の種類とは


響にはたくさんの種類があるのはご存知でしょうか?
現行の通常ラインナップは「響」「響JAPANESE HARMONY」「響BRENDER’S CHOICE」「響21」「響30」です。

ここでは初心者におすすめの2種を紹介しますので、是非参考にしてみてください。

【入門編:初心者におすすめ】

響・JAPANESE HARMONY

響の味を知りたいという初心者の方へおすすめです。

柑橘系の香りと甘みのあるまろやかな口あたりが特徴です。

アルコール感は強くないですが、ストレートが苦手な方はハイボールにして飲むとより飲みやすくおすすめです。

サントリーウイスキー 響 JAPANESE HARMONY [ ウイスキー 日本 700ml ] 出典:amazon

サントリーウイスキー 響 JAPANESE HARMONY [ ウイスキー 日本 700ml ]

原材料・成分:モルト、グレーン
アルコール度数:43%

【中級編:少し慣れてきた方や女性におすすめ】

響17年

長期熟成モルト・グレーン原酒を使用しており、さらに後熟することで甘みの後にコクがくる濃厚かつ爽やかな味わいとフルーツなどの風味が響きあう絶妙な味です。

華やかさが特徴でウイスキーの味に慣れてきた方や女性の方にも飲みやすいのでおすすめです。

現在響17年は休売しているため、販売しているものはプレミアがついている可能性がありますが、手に入ったら貴重なお酒なのでぜひ堪能してくださいね。

なお、終売ではないので、樽の熟成が17年にふさわしいところまで進んだらサントリーで販売が復活することも十分考えられます。

サントリーウイスキー 響 17年 43度 700ml 出典:amazon

サントリーウイスキー 響 17年 43度 700ml

原材料・成分:モルト、グレーン
アルコール度数:43%

ウイスキーの響で好みの飲み方を見つけよう!


希少でもあり充分に飲みやすいので、ロックやストレートがおすすめな響ですがそれは当然としまして、今回はそれ以外の飲み方をおすすめします。

もちろん水割りもおすすめですが…実はハイボールや甘くして飲むのもおすすめなんですよ。

意外に思われるかもしれませんが、おいしいウイスキーだからこそ美味しく割って飲めるのです。

今回はそんな響きのおすすめの飲み方をご紹介します。

【01】初心者向け!響ハイボール

初心者の方はハイボールにすることでさっぱりとした飲みやすい味わいになりおすすめです。

ウイスキー1:ソーダ3もしくは1:4がベストな比率ですが、少し増やして濃いめにしても飲みやすいです。

まろやかで飲みやすい味わいなので、トニックウォーターやジンジャーエールで割っても爽やかに飲めますよ。

【02】女性におすすめ!フルーツ割り

響はフルーツとの相性も抜群です。

ウイスキーの味を楽しみつつ、フルーツの甘味も堪能できる楽しい飲み方です。

市販のフルーツ缶詰のフルーツと少量シロップ・響・ソーダの順に1:3又は1:4の割合で注ぐだけです。

少し濃いめでもフルーツの甘みがあるので、フルーツカクテルのような味わいになります。

ジュースなどと割っても響の味が消えないのはやはり、響のコクや味わいのおかげでしょう。

【03】寒い日に!ホットはちみつ割

あの「響」をホットだなんて!と怒らないでください。

お湯割りにすると、ウイスキーの香りがたつので、実は昔から愛されている飲み方なんです。

耐熱のグラスに響を注ぎ、お湯をいれてお湯割りにします。

こちらも、響:お湯が1:3ほどがちょうどいいです。

これにお好みの蜂蜜をまぜ、場合によってはレモンを添えるのもおすすめです。

疲れた時や、風邪気味のときなど体をあたためたい時におすすめの飲みかたです。

ぜひともチャレンジしてみてくださいね!

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3

関連するタグ