知ったふりは恥ずかしい!新歓×酒の場を心から楽しむコツは?

  • メンバー
  • 更新日:
6view
favorite

新入社員を歓迎する為に開催される”新人歓迎会”、略して新歓に”酒”は必然とついてくるものですよね。
それまで会社の飲み会に参加した経験がほとんどない、または酒が強くないから参加するのが憂鬱…そんな風に感じている人にとっては嫌なイベントかもしれません。
けれど、新歓×酒の場を心から楽しむコツは存在します。コツを掴んでおけば心から楽しむこともできて、その後の職場での人間関係も良好にさせることができるなどの嬉しいメリットがあります。
参加する前に、そのコツを知っておくのと知らないのとでは大きな差がでるはずです。この機会に新歓×酒の場を心から楽しむコツを知っておきましょう。

新歓×酒での最初の乾杯! ビールが苦手な人はどうしたらいい?

新歓×酒の場での最初の乾杯!
この時、定番なのがビールです。最初の乾杯時に1人1人好きな飲み物を聞いていると、注文するのに手間がかかってしまい新歓のスタートが遅くなってしまいます。スムーズに飲み会を始める為にも、まずはビールで乾杯する、というのが一般的です。
けれど、ビールが苦手だったり炭酸が苦手という人もいますよね。そんな時どうしたいい? と悩んでしまう人がいますが心配しすぎに大丈夫なんです。
乾杯をした直後、飲める人ならそのままビールを飲みますが、苦手な人であれば口をグラスにつけて飲み干さなくても失礼にはなりません。
ビールが残ってしまったグラスは店員さんが来たタイミングで渡して下げてもらったり、それまではテーブルに置いておくのも良いでしょう。その間は追加で自分が飲める酒またはソフトドリンクなどを注文しましょう。
そしてビールは飲めるけど二日酔いになりやすい、という人は一緒に”水”を飲むように心がけましょう。酒の場、特にビールを飲むとトイレが近くなる利尿作用がありますよね。
トイレの回数が多くなれば、それだけ体の水分が奪われてしまいますが一緒に水も飲むことで体内に必要な水分補給ができるので、翌日にお酒を残りにくくする効果が期待できます。

新歓×酒ではあるけれど、上手に酒を断る術も知っておくべし。

新歓に酒は欠かせない、だから必ず勧められたら必ず飲まなくてはいけないという強迫概念に囚われてしまえば、その場を楽しめなくなってしまいます。
断る=相手に不快な思いをさせる、ではありません。
中には飲めるけど酒をたくさん飲むと気分が悪くなってしまう、そんな人もいると思います。無理をしないことも美味しく酒を楽しむコツの1つです。
上手に酒を断る術も知っておけば、問題なく自分のペースで美味しい酒を楽しむことができます。


「風邪気味で本調子ではないので、たくさん飲めなくて」
「服用している薬があるので、今日は少しだけにしておきます」
「体質的にアルコールが苦手で…」

などなど、上手に酒を断る術があります。
新歓×酒のイメージが強いですが、体のことを理由に角が立たないように断ることで、”飲みたいけれど飲めない理由がある”ということを伝えることができます。
例に出した理由を伝えれば、ほとんどの人は「それなら仕方ないね」と理解してくれるはずです。”

緊張で何を話していいのかわからない…新歓×酒の場での会話術!

会社の新歓では歓迎される側・する側にとっても、初めましての人が多くいる場です。
その為、緊張して何を話していいのかわからない…そんなことも起こりやすいですよね。
新歓×酒の場での会話術を知っておけば、緊張しすぎずに話すことができるようになります。
新歓は一般的な飲み会に比べて、今後の人間関係を構築する為の貴重な場でもあります。普段から緊張しやすいという人におススメなのが、”会話の最初に緊張していることを伝えてしまう”ことです。「慣れない場で少し緊張しています」など自分の状態を伝えることで、緊張を隠している時よりも自分自身リラックスできるようになります。
最近では会社の飲み会には極力、参加したくないという人も増えてきています。プライベートとは違う新歓ではいつも以上に気を遣います。なので疲れてしまうのは自然なことですが、歓迎される人にとって自分を知ってもらう貴重な場と考えると前向きに参加することができそうですよね。
知らない酒を飲んでいれば、酒の銘柄を聞いてみたりと職場よりも会話のきっかけにできる場面が豊富にあるのが新歓です。
そこから会話が広がっていけば、きっと自分自身も楽しむことができるようになります。

雰囲気を壊さない為に、新歓×酒での最低限守るべきマナーって?

最低限守るべきマナーを抑えて雰囲気を壊さずに新歓を楽しめたら一番良いですよね。
新歓が現地集合であれば、時間に余裕を持って集合場所に向かいましょう。
友人との飲み会とは違い、全員揃わないとスタートできないことも多い新歓では時間厳守を意識しましょう。
そして、新歓中には普段の様にスマホを触らないことも大切です。今では時間の確認などもスマホでしている人も多いので、ついつい無意識に見てしまうかもしれませんが緊急の用件でなければスマホよりも参加している人達に意識を向けるようにしましょう。
新歓×酒となれば、普段よりも饒舌になったりと盛り上がってきて楽しくなってきてしまうこともあります。上司も歓迎する人達を気遣い「気にせず楽しんでね」など、優しい言葉をかけてくれるかもしれませんが、羽目を外しすぎてしまうことのない様に節度を持って過ごすようにしましょう。
酒をお酌した方が良いのか? という疑問は新歓参加が初めての人にとって悩ましい問題です。
職場の雰囲気にもよるのですが、”できるならしておいたほうが良い”でしょう。
お酌に慣れていなくても相手は、お酌をしてくれたことに嬉しく感じるものです。お酌の仕方などに拘らず新歓の乾杯後、まずは席が近い隣の人のグラスが空いていたら「どうですか?」などと声をかければ自然にお酌をすることができます。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3