呑みたい!でも呑めない!時の救世主【ノンアルコール】ビールを楽しもう♪

  • メンバー
  • 更新日:
616view
favorite
呑みたい!でも呑めない!時の救世主【ノンアルコール】ビールを楽しもう♪

アルコール分がゼロのノンアルコールビールは健康志向の人などに注目されているアルコールフリーのビールです。

ノンアルコールビールならアルコールが入っていない炭酸飲料なので、妊娠中の人なども安心して飲むことができます。基本的にはアルコール以外はビールの味に似ているので、ビールの代替飲料として飲むことができます。

そこで、アルコール分が入っていないノンアルコールビールについてそのメリットなどをご紹介してみたいと思います。

アルコールゼロのビール、ノンアルコールビールとは?

アルコールゼロのビールといえばノンアルコールビールですよね。ノンアルコールビールは、味や香りをビールに似せて造られた、アルコールが入っていない炭酸飲料のことでビールテイスト飲料と呼ばれます。

アルコールが入っていない炭酸飲料なので、運転もできますし、酔うこともないのです。また、アルコールの取り過ぎなども防げますので健康志向の人にもおすすめといえます。

これまでノンアルコールビールはビールではないと思っていた人が妊娠などをきっかけにノンアルコールビールを飲んでみると、妊娠前まではあまり飲む機会がなかったノンアルコールビールがおいしいと思えるようになったという人もいます。

これまでは気がつかなかっただけで、ノンアルコールビールは思うよりもずっとおいしいということなのです。

また、アルコールが入っていないので酔っぱらうこともなく、そのまま運転できるというメリットもあり、とてもおすすめだということなのです。

ノンアルコールビールのメリット

アルコールゼロのノンアルコールビールには飲むと嬉しい効果などがあります。もちろん何でも飲みすぎるのはよくありませんが、適度に飲むことで健康効果などで毎日の生活がより充実していくといえます。

そこで、ノンアルコールビールのメリットなどについてご紹介してみたいと思います。

ノンアルコールビールにはビタミンB群やミネラル、タンパク質など、アルコール以外に栄養がいろいろ含まれています。例えば、ビタミンB群は代謝をアップさせてくれるという働きがあるビタミンで、疲労回復効果が期待できて美容にもいいのです。

また、ビタミンB2も含まれています。ビタミンB2には脂質燃焼効果があって、新陳代謝を活性化してくれるという働きがあるのです。

ノンアルコールビールにはこれらのビタミンが豊富といわれていて、新陳代謝が活発化して、燃焼好感度にもつながったりしてより健康的に生活できるというメリットや美肌効果なども期待することができるのです。

ノンアルコールビールの安眠効果などについて

ビールには、ギャバという成分も含まれています。この成分がリラックスさせてくれて安眠をサポートする効果があるといわれています。

しかし、ビールにはアルコール成分も含まれていますので、質のよい休息である深い睡眠を妨げるというところなどもあるのです。ノンアルコールビールだとギャバのもつよい効果がアルコールによって妨げられることもなく、安眠効果が得られやすいといわれているのです。

また、ノンアルコールビールを飲むのに比べると余分な水分などが身体に溜まりにくくなって、むくみにくくなるといわれています。むくみやすくなってしまうとむくみで太ってしまうということもありますよね。

また、ビールを習慣的に飲んでいるとアルコールの作用で常習性などがでてくるのでビールをやめるということがだんだんと難しくなってくるといわれたりしています。

そのため、ノンアルコールビールだと始めからアルコールが入っていないので、アルコールの常習性などもないといわれています。

ノンアルコールビールは節約という点で効果的?

お酒を飲む習慣があると節約しにくいということを聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

アルコール入りのお酒は炭酸飲料に比べると価格が高めになっていて、お酒を飲む習慣があるとそれだけ出費も増えやすいということなのです。

そのためアルコールがゼロのノンアルコールビールを飲むようにすることで節約にもなるということなのです。

ビールを毎日飲んでいる人がいきなりノンアルコールビールにするというのはちょっと違和感があるという場合もあるかもしれません。

しかし、段階的にノンアルコールビールを増やしていくとその分節約になるということなのです。例えば、最初はビールを飲んでいて、もう一本飲むという場合にノンアルコールビールを飲むことで節約効果が生まれます。

また、それまでは毎日ビールで晩酌していたのを、平日だけノンアルコールビールにしてみるということでも節約が可能ということなのです。そのため、ノンアルコールビールは節約という点でも注目といえます。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3