これで安心!会社の飲み会で締めの挨拶を頼まれた時に覚えておきたい4つの事

  • ライターN
  • 更新日:
301view
favorite
これで安心!会社の飲み会で締めの挨拶を頼まれた時に覚えておきたい4つの事

呑んべぇにとって飲み会は何よりも楽しいイベントの一つですよね!気の置けない仲間と、おいしいお酒を呑みながら過ごす楽しい時間はいつまでも終わらなければいいのに…と思う事でしょう。それが会社の呑み会であったとしても、普段はまじめに仕事をしている同僚がちょっと砕けた会話をしてくれたりしたらうれしいものですよね”

しかし、会社の呑み会ともなればやはり「締め」が大切です。ある程度、中堅になってくると「締めの挨拶頼むよ~」なんて任されることもちらほらと起こってきます。そうなったときに、「今日はたのしかったです!じゃ、とりあえず一本締めで!」なんて言うわけにいきませんよね。

今回は、そんな飲み会でも締めの挨拶を任されるほどになったあなたのために呑んべぇならではの粋な締めの挨拶を作る4つのポイントをご紹介します♪

【その1】飲み会の締めの挨拶では感謝の気持ちを伝えよう!

飲み会の締めの挨拶は無難に済ませることも大切です。どうにか爪痕を残そうと、ボケをかましたり、感動を呼びそうなことを考えたり、本人としては自分の名誉がかかっているので必死ですが聞いている側からしたら結構つまらないしせっかくお酒でほろよいないい気分なのに覚めてしまいます。

特に、既にお酒が入った状態で難しい話はご法度です。皆が関心を持つであろう、前向きな話題である会社の動向などもややこしくて歓迎されません。

では、どのような話題が適切なのでしょうか。

どのような会社であっても、感謝の気持ちを述べることで不都合が生じることはありません。

例えば、飲み会の経費を会社が負担してくれた。飲み会にみんなが参加できるように、ノー残業デーにしてくれた。取引際の人が飲み会のために寸志をくれた。

このような配慮があったときには、そのことを参加者全員に知らしめてお礼の言葉を述べると良い挨拶となります。

反対に絶対に不向きなのは、反省の言葉。どんなに事業成績が悪い状況で行われた飲み会であったとしても、締めでそのことを持ち出すのはタブーです。気持ちの良い飲み会で後味が悪くなってしまう挨拶なんて無粋の極み。あくまでも皆が気持ちよく、「また、頑張ろう!」と気持ちに弾みがつく挨拶のほうが喜ばれます。

【その2】飲み会の締め挨拶として盛り込みたい、気持ちを引き締める言葉!


画像出典:https://www.paylessimages.jp

もしも、ある程度の立場を持ち、その上で締めの挨拶を任されたのならば、自分の部下の普段の仕事ぶりを褒めてください。

本音としては、「若い奴には根気が足りない」「いまのままじゃ目標は達成できない」「もっと足と頭を使え!」と思っているかもしれませんが、ここはめでたい席。ボヤキたい気持ちをぐっと抑えて、明日からまた部下が仕事に励んでくれるよう日頃恥ずかしくて言えない感謝の気持ちを簡単に述べましょう。

例え、そのような不満があったとしても、飲み会の締めの場で口に出すのは止めましょう。人の上に立つ身であるならば、それくらいの度量は持って然るべきです。そうでなければ部下はあなたを信頼し、部下として従おうとは思えなくなってしまいます。そうならないためにも、飲み会ではしっかりと部下を労わねばならないと心しておきましょう。

うっかり本音で愚痴ってしまったり、小言を発してしまうと飲み会の雰囲気はいっぺんに冷めてしまいます。そして、こういうことが続くと会社の飲み会を敬遠されてしまう結果に繋がりかねません。最近、「部下が飲み会に全然参加しない」という上司が増えていますが、その原因は100%上司にあります。

説教じみたことを言ったり、無理やりお酒を呑ませようとしたり、ひたすら自分の武勇伝を話したり…こんな事されて楽しいわけがありません。「この人、家庭では家族に邪見にされてるから会社では頑張ってるんだろうなぁ…」と人として見下されます。

そうならないためにも、「皆の善戦を一層期待する」「より精進してほしい」という気持ちを引き締める言葉を引用してください。

【その3】飲み会の締めの挨拶で欠かしてはならない思いやりの心


画像出典:https://www.paylessimages.jp

会社組織の中で締めの挨拶を任される立場にあるのであれば、思いやりの言葉を伝えるのを忘れてはなりません。

「疲れているところ、最後まで時間を共にできて本当に良かった。家までの道中は気を付けて帰って欲しい」という気遣いを挿入すると参加した皆がほんわかとした気持ちになれます。例え酔っていたとしても、こういった思いやりの気持ちは必ず伝わるものなのです。

また、「体調に気を付けて欲しい」「心配事があったら、すぐに相談してほしい」というような一言も非常に心に残るものなので、おすすめです。

普段から部下に厳しめに部下に接していると自覚があるのであれば、いっそのこと潔く詫びてしまうのも一案です。スパッと言葉にしてしまうことで、「敢えて心を鬼にして仕事に臨んでいるんだな」と理解をしてもらいやすくなるというメリットが生じるからです。

酒の席だからこそ言える本音もありますよね。飲み会の締め挨拶をそういった機会として利用するのもありではないでしょうか。

【その4】飲み会の締め挨拶をだらだらと続ける人は重罪

たまにいませんか、挨拶を頼まれるとながながと語りだす人。しゃべっている本人は責任感を感じてなのか、事細かに自分の感情

画像出典:https://www.paylessimages.jp

だったり会社の事だったりを織り込んで事細かにわかりやすく話しているつもりなのかもしれませんが、聞いている方からすれば「なんて空気の読めない人なんだ」と迷惑でしかありません。

解りやすく、短く伝える。これに勝る締め挨拶はありません。

飲み会終わりには、終電を気にする人。実はお酒の席が苦手で早く退散したいと考えている人。子供が待っているから一刻も早く切り上げたいと時間ばかりが気になる人。そういった人達にも「良い飲み会だった」と思ってもらうために絶対に覚えておかなければならないポイントです。

中には「挨拶が苦手だから」と自覚があるからこそ、頑張って話さなければと考えてしまう人もいるかもしれませんが、それは誤りです。苦手ならば尚のこと、話は短くてOK。

しかも、日本には締めの挨拶として古くから存在する手締めという便利な風習が存在します。それを使って、挨拶代わりとするのはマナー違反ではないので大いに利用しましょう。簡単なのは一本締めですが、賑やかに終わりたいのであれば三本締めもありなので、採用してみてはいかがでしょうか。

さすがだな!と感心される呑んべぇ用、飲み会の締めの挨拶『例文』


画像出典:https://www.paylessimages.jp

気の利いた、ビジネス向けの飲み会の締めの挨拶をするときのポイントは、最初はまじめに最後にボケる!が鉄則です。最初からボケ倒すと最後には息切れしてしまうだけではなく、なんとなく親戚の集まりのような締まりのない会になってしまいます。

身内だけの飲み会ならまだしも、一応会社の呑み会となると「だらだらとした締めの言葉しか言えない常識を知らない人」というレッテルを貼られかねません。そうならない為にも、ちょっと真面目に、でもボケも織り交ぜる気の利いた締めの言葉を頭のポケットの中に忍ばせておきましょう。

面白くて気の利いた飲み会の締めの挨拶テンプレート

それでは、▲▲さんよりご指名をいただきましたので、私◯◯が締めの挨拶をさせていただきます。
宴もたけなわではありますが、これより中締めの音頭をとらせていただきます。

–飲み会の趣旨に合わせた感謝の言葉を端的に—

長くなりましたが、ここにいらっしゃる皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げながら、最後は10万本締めで!…だと明日の仕事に支障がでるので1本締めにしておきましょう!よ~っ

この後はもちろん2次会もあるので、まだまだ飲みましょう!!!

ポイントは、短く明るく元気よく!間違っても、10分以上しゃべるとか、会社の業績の悪さを話題に出すとか、緊張して声がちっちゃくなったりという事はないにしましょう。聞かされる方は地獄です。

ボケたい気持ちもぐっと抑えて、軽く2,3回ジャブを打つぐらいな簡潔な話にしましょう。簡潔でわかりやすく、さらに部下や同僚へのねぎらいの言葉が言える社会人はすごくスマートでかっこいい物です。部下からはあこがれられて、同僚からは一目置かれる、そんなビジネスマンを目指しましょう!

この記事を書いた人
ライターN

最新記事

記事バナー3