意外と知らない?焼酎の種類と女性でも飲みやすい焼酎とは?

  • メンバー
  • 更新日:
19view
favorite

大人になって焼酎を飲んだことがない人は少ないですよね。よほど、お酒がまったく飲めないという人でない限り一度は飲んだことがあるでしょう。ですが、焼酎にも種類があるのを知っていますか?焼酎の種類によって香りや風味が違うので楽しむことが出来るのですよ。今まで種類があることを知らずに飲んでいた人もいるでしょう。では、焼酎の種類を知らない人にどんな種類があるか詳しく紹介したいと思います。興味がある人は参考にしてくださいね。

焼酎の種類で一番シンプルな米とはどんな特徴がある?

米焼酎は聞いたことがある人が多いですよね。一番、良く飲むという人が多いのではないでしょうか。そして、焼酎を作る時に欠かせない鞠も米からできています。そのため、米焼酎は主原料も米ということで米と水からできた一番シンプルな種類です。日本は主食が米のため、米を原料にした焼酎はやはりなじみやすいですね。米焼酎は濃厚でやわらかい味わいで日本酒に似た部分があるので、おなじみの味と感じやすいところがあります。ただ、日本酒よりも度数が高いのでほとんどの人は水や氷で割って飲むことが多いですね。米だけだとあまりにシンプルなので、中にはあまり好きではないという人が多いですが最近ではフルーティーな味や軽い風味のものも作られているので、米焼酎が苦手という人でも飲みやすくなっています。米焼酎は一番多く、シンプルなので、焼酎をまずは試してみたいという人は是非、おすすめです。焼酎を飲んだことがないという人は一度飲んでみてくださいね。

焼酎の種類で有名な芋焼酎とはどんなお酒?特徴について

芋焼酎も良く耳にしますよね。焼酎の種類でも多く発売されています。そして、芋焼酎に使われているのは「さつまいも」です。さつまいもは甘さがある糖分の多い芋なので、焼酎にしても甘さのある濃厚な香りと味わいが特徴になっています。芋焼酎の味はさつまいもの種類によっても変わってくるので同じ芋焼酎といってもそれぞれ違います。ですが、一番多いのはでんぷん質が多い黄金千貫(こがねせんがん)という品種ですが、焼き芋としても人気の高い安納芋(あんのういも)や紅あずまのような品種を使っている焼酎もあるので、自分が好きなさつまいもの種類をみつけるのも面白いですよね。そして、最近では品種改良されている芋もあるので、種類がどんどん増えていっています。品種改良をした芋の方が独特な芋臭さがないので、飲みやすいという人も多いです。芋焼酎は味わいを楽しみたいなら水で割るよりもロックで飲んだ方がお酒本来の味をしっかりと楽しむことが出来ます。芋焼酎が好きな人は試してみてください。

焼酎の種類で有名な麦焼酎とはどんな味?特徴は?

麦焼酎も聞いたことがある人が多いですよね。名前のとおり、麦で作られている焼酎なのですよ。そして、実は麦焼酎は色々な焼酎の中でもっともクセがなく飲みやすいといわれているのですよ。麦独特の香ばしさやまろやかさがあるで焼酎の味が苦手という人に一番おすすめしたい種類ですね。そのため、女性や焼酎を飲むのが初めてという人でも飲みやすいでしょう。クセがないため、食事をしながら飲むのに一番最適のお酒になっています。ご飯と一緒にお酒を飲むのが好きな人はこの麦焼酎がいいですね。そして、麦焼酎の多きな特徴はお湯割りにしてもおいしく飲めるということです。他の焼酎は水割りなどで飲むのですが、麦焼酎はすっきりとした香りなので温めても飲みにくくならないので冬は体を冷やしたくないという人は麦焼酎をお湯割りで飲んでみてくださいね。麦の香りを楽しみながらものめるのでとてもおいしい焼酎です。お酒のクセが苦手という人は麦焼酎を選んでみましょう。

焼酎の種類の中で女性が飲みやすいおすすめの焼酎とは

女性は特に焼酎が苦手という人がたくさんいますよね。焼酎ははやり強いクセがあるので、どうしてもおいしく感じられないことがあります。ですが、最近ではそんな女性でもおいしく飲める焼酎があるので、それを紹介したいと思います。

●千秀
軽快で飲みやすい芋焼酎です。香りは清酒を思わせるようなリンゴのような香りがします。水割りで飲むのがおすすめで、とにかく飲みやすく甘みがあるお酒なので焼酎のクセが苦手という人にぴったりです。

●桜門
桜門は貯蔵しているためか、非常に軽快で口当たりが良い焼酎です。香りもきれいで女性に好まれる風味をしています。最初は水割りがおすすめですが、味が気に入って慣れてきたらロックで飲むのもとてもおいしいですよ。

●赤猿
赤猿は紫芋で仕込まれ、ヨーグルトのような香りやスミレのような香りが特徴で、すっきりとしたタイプの焼酎です。また、赤猿はスパーリングタイプもあるので、焼酎が苦手という人はそちらから試すと良いですね。”

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3