花粉症がお酒を飲むと悪化する!?知っておきたい対策方法!

今回は、そんな花粉症と戦っている呑んべぇさんおために、お酒と花粉症のの関係をご紹介します!

  • ライターN
  • 更新日:
1,144view
favorite
花粉症がお酒を飲むと悪化する!?知っておきたい対策方法!

春は、気温も暖かくなり、陽射しが柔らかくなる季節です。そして、色鮮やかな花々が咲き誇ります。あーなんだか幸せぇ~なんて思っていられるのもつかぬ間…そう、春というのはあいつがやってくる季節なのです。何人もの人が涙を流し、苦しみもだえる…そう、「花粉症」の季節なのです!!

そんな辛い「花粉症」の季節ほど、お花見やか歓迎会やら呑んべぇにとっては楽しいイベントがたくさんあるのが春なんですよね。

でも、ここで気になるのが「花粉症の時ってお酒を飲んでも大丈夫??」って事ですよね。

お酒をいつものようにたらふく飲んで、花粉症の症状がひどくなるという事はないのかな…でも、花粉症の時でもお酒を飲んでも大丈夫という意見もあるしな…

一体、どちらの意見が正しいのでしょうか?今回は、そんな花粉症と戦っている呑んべぇさんおために、お酒と花粉症のの関係をご紹介します!

花粉症の時にお酒を飲むと症状が悪化!


画像出典:https://www.paylessimages.jp

花粉症の時にアルコールを飲むと、症状が悪化したような気がするという人も多いと思います。ですが、なぜアルコールを飲んだからといって症状が悪化したのかが分からないというと人も多いと思います。

そもそも、アルコール自体は、花粉症の症状を悪化させるような事はないのです。実は、花粉症の症状を悪化させているのは、アルコールに含まれるヒスタミンという成分が、花粉症の症状を悪化させるのです。

花粉症の症状がひどい時には、どれだけお酒が飲みたいと思っても、やはりお酒を飲む事は避けた方が良いでしょう。ですが、花粉症の症状が軽い時などに、どうしてもお酒を飲まなくてならない状況の時には、原因であるヒスタミンを含まないお酒を選ぶ事を意識すれば、お酒を飲む事は出来ます。

中でも、蒸留酒はヒスタミンを含まないので、症状が軽い時などでしたら、焼酎やウィスキーを選ぶのが良いでしょう。その時には、やはり専門医に相談してから飲む事がおすすめです。

花粉症にはポリフェノール!でも、ワインは飲んでも良いの?


画像出典:https://www.paylessimages.jp

花粉症の症状をやわらげたい!そんな時にはポリフェノールが有効だと聞いた事はありませんか?ポリフェノールは、免疫力を高めてくれるので、花粉症の症状を改善する為には、とても大切な要素です。

そして、ポリフェノールと聞いて、真っ先に浮かんでくるのは赤ワインだと思います。では、花粉症対策に赤ワインを飲んでも良いのでしょうか?答えは、もちろんダメです。やはり赤ワインはお酒です。花粉症の時には飲まない方が効果的です。

でも、赤ワインのポリフェノールは欲しい。そういう時には、ホットワインなどはいかがでしょうか?赤ワインは熱する事により、アルコールは飛んでしまうので、とても安全に赤ワインのポリフェノールを接種する事が出来ます。

そして、ホットワインを作る時には、花粉症の症状を改善するという、カルダモンを一緒に入れてはいかがでしょうか?赤ワインのコクと甘さも楽しめるので、花粉症の時にはぜひともおすすめしたいです。

花粉症の時にお酒がダメな理由は、症状の悪化!


画像出典:https://www.paylessimages.jp

花粉症の時の悩みというと、やはりその症状だと思います。何をしていても、目は痒くなるし、鼻水は止まらないし、かなり悩まされる事だと思います。

そして、花粉症の時にお酒を飲んではいけない理由は、お酒が花粉症の症状を悪化させるという事です。なぜ、お酒が花粉症の症状を悪化させてしまうのか、その理由が分からないと、お酒を我慢する事は、単なるストレスにしかなりません。

ですが、お酒がなぜ花粉症の症状を悪化させるのか、その理由が分かれば、納得も出来ると思います。なぜ、お酒が花粉症の症状を悪化させるのかという、お酒は血管を拡張させる効果があるのです。

血管が拡張すると、花粉症の症状である、鼻づまりや目の充血を更に誘発させてしまい、ますます改善しにくくなります。花粉症の症状を悪化させない為にも、症状が重たい時には、どんなにお酒が飲みたくても我慢しなくてはなりません。まずは、花粉症の症状を良くする事を考えましょう。

花粉症とお酒の関係は、まずは原料から


画像出典:https://www.paylessimages.jp

そして、花粉症の時には、自分が何の花粉でアレルギーを起こしているかを確認する事が大切です。それによって、飲めないお酒が限定される場合もあります。

例えば、イネ科のアレルギーが強いという時には、麦を扱っているお酒はやめた方が良いでしょう。麦を使った代表的なお酒というと、ビールやウィスキー、または麦焼酎などがあります。

もちろん、原因が他の植物の場合は、その植物を使用したお酒は、飲んではいけません。

まずは、自分の花粉症が何を原因としているかを知るという事も、大切な事です。そして、花粉症がひどい時には、それらのお酒は飲んではいけません。

そして、医師に相談して、症状が軽い時にも飲んでも良いか確認をとりましょう。症状が軽いからと油断してはいけません。

春はお酒を飲む機会もとても増えるので、やはり飲めないのは辛く感じると思います。ですが、花粉症の症状は悪化すると、日常生活にも影響をします。まずは、花粉症の症状を改善する事を優先しましょう。

この記事を書いた人
ライターN

最新記事

記事バナー3