意外と知らない!?個性的で奥が深い【クラフトビール】の世界

最近ビール好きから熱い注目を集めている【クラフトビール】!いつも呑んでいる缶のビールとはちょっと違うということはわかっても、実際何が違うかと言われるとはっきりと答えられませんよね。今回はそんな【クラフトビール】についてのご紹介です♩

  • あーちゃん
  • 更新日:
258view
favorite
意外と知らない!?個性的で奥が深い【クラフトビール】の世界

最近ビール好き呑んべぇの間でめきめきと注目度が高まっているのが【クラフトビール】です。

なんか普通の缶ビールとはちがうんだろぉなぁというのはわかるものの、正直なにがどう違うかってわからないですよね。

名前からしてこだわっていそうな【クラフトビール】は、職人のこだわりがつまったビールです。

【クラフトビール】は特定の地域の限定的生産ビールのことなどもさし、地ビールともいわれたりしています。

地域や店舗独自のオリジナルブランドとして知られている【クラフトビール】は大手メーカーにはない味や特徴などがあり、じわじわとビール好き呑んべぇの間で人気が高まってきているのです!

今回は、クラフトビールとは何なのかということやその特徴、おすすめの【クラフトビール】などについてご紹介します!

クラフトビールって?普通のビールとの違い

【クラフトビール】はある特定の地域で限定的に生産されたビールのことをいい、地域や店舗独自の固有ブランドとして知られているビールのことです。

よく言う【地ビール】というのは、この【クラフトビール】の事です!

小規模な製造会社で造られるのが【クラフトビール】です。

その製造会社によってこだわって作られた、特徴的な方法などで製造されているビールを【クラフトビール】といいます。

そのため、【クラフトビール】は独自製法で醸造されており、それゆえ色や味わいなどの点で他のビールにはない特徴をもっているという個性的なビールが多くビール好きを引きつけて止まないのです。

日本では【クラフトビール】という言葉に対する明確な定義はまだないといわれていますが、アメリカではしっかりと定義があります。

アメリカでの【クラフトビール】とは麦芽のみを原料にして造られていて、伝統的な製法によって醸造されたビールであり、こだわり抜かれて作ったビールだと言えます。

このように、【クラフトビール】とは小規模なビール醸造所による少量生産されたビールのことをいい、色や風味などについてなど、その醸造所の特徴的なこだわりが感じられるビールなのです!

小規模な醸造所で作られるため、大量生産ができず、プレミア感がある点もビール好きとしては「是非呑んでみたい!」とそそられてしまいますよね(笑)

大手ビールと【クラフトビール】の違い

現在、日本の大手ビールメーカーが製造するビールは、従来存在するビールの製造法100種類の中で数種類といわれています。従来は100種類はあるといわれています。

その中で【クラフトビール】は大手メーカが作っていないビールの製法を使ったビール作りをしているのです。

大手ビールメーカーの参入が少ない「エールビール」

製造過程に注目してビールを分類した場合、大きく「ラガー」「エール」「自然発酵」に分類できます。

   

大手ビールメーカーはそのうちの「ラガー」という種類のビールを製造しています。
「ラガー」ビールは淡麗辛口という味わいが楽しめるビールで、大量生産が可能な為、大手のビールメーカーがこぞって参入しています。

一方、【クラフトビール】を作る小規模な製造会社が手がけるのは、ホップの香りやモルトなどがしっかりときいている「エール」という製造方法のビールです。

「エール」は芳醇旨口などの味わいが特徴的なビールで、例えば、小麦から作ったバイツェンや柑橘系の香りと独特の苦みがあるインディア・ペールエール、果汁を加えて造られたフルーツビール、黒くて泡も滑らかな特徴があるスタウトなど様々な特徴があり、「エール」は【クラフトビール】の代表スタイルとして現在多くの醸造所で作られています。

これだけは知っておいて!注目のクラフトビール

【クラフトビール】は少量生産されたそれぞれの醸造所のこだわりがつまった個性的なビールで、ビールの味や色など様々な特徴があります。

日本の大手メーカが作っていないビールなので、一般に広く流通されておらず、自身で情報を見つけて積極的に入手していくのが楽しみなビールでもあります。

例えば、日本の銀河高原ビールCOEDOビールなどは【クラフトビール】の中でも、有名で特に人気が高いです。

銀河高原ビール 小麦のビール&ペールエール&白ビール 350ml缶 6本セット

銀河高原ビール 小麦のビール&ペールエール&白ビール 350ml缶 6本セット

◆小麦のビール
天然水で仕込み、小麦麦芽を使い、ビール酵母を濾過 (ろか) せずに仕上げた自然志向のビールです。

◆ペールエール
「pale(淡い)ale(上面発酵ビール)」を意味する「ペールエール」は、英国伝統のビアスタイル。フルーティなホップの香りと、カラメルモルトのコクと甘み、軽い苦みが特徴です。

◆白ビール
ベルジャン酵母と100%の麦芽、ホップ、天然水から生まれた “プレシャス・ホワイト”「白ビール」

COEDO(小江戸・コエド)ビール 瓶333ml 6本セット

COEDO(小江戸・コエド)ビール 瓶333ml 6本セット

紅芋を使って世界が注目!川越の人気地ビールをセットで!
世界的品質の評価が高いジャパニーズプレミアムクラフトビール、COEDO。気分や料理に合わせて、色、香り、味わいの異なるビールを選びお楽しみください。
瑠璃-Ruri-は6℃でカルパッチョ、チーズと一緒に。漆黒-Shikkoku-は6℃でハンバーグ、ガトーショコラと一緒に。 紅赤-Beniaka-は10℃で角煮、焼プリンと一緒に。白-Shiro-はチーズなどと一緒に。伽羅-Kyara-は鶏のグリルなどとと一緒に。

銀河高原ビールCOEDOビールは有名どことですが今回は、まだまだ知られていないけど注目度の高いビールをご紹介しあます!

まずご紹介するのは、茨城県内の木内酒造という酒造によって作られている【クラフトビール】です。

その名も常陸野ネストビール ホワイトエール

常陸野ネストビールは海外ではとてもよく知られた日本ブランドのビールです。ホワイトエールは小麦を主原料としてもちいている白ビーで、香草によって香味付けされ、味はとてもまろやかで飲みやすい【クラフトビール】です。

常陸野ネスト ホワイトエール 瓶 330ML 1本

常陸野ネスト ホワイトエール 瓶 330ML 1本

コリアンダー、オレンジピール等のスパイスを加えたベルギー伝統の小麦ビール。ハーブの個性的な香りに小麦の爽やかな酸味がマッチした独特の風味が特徴です。
98年、99年のジャパンビアカップで2年連続金メダル、2000年と2004年ワールドビアカップ金メダル、2002年英国 The Brewing Industry International Awards金メダル及び部門総合チャンピオンに輝いた自信作です。

日本産だけじゃない!メーカーのこだわりがつまった海外のクラフトビール

上記では、日本産の【クラフトビール】をご紹介しましたが、ここでは海外の【クラフトビール】をご紹介します!

スコットランドの【クラフトビール】ブリュードッグは今、注目されている【クラフトビール】です。

スコットランドで造られたこの【クラフトビール】は日本でも人気が高く、ブリュードッグはパンクIPAというペールエールタイプのビールで、苦味があってグレープフルーツの香りがしっかりあるさっぱりとした味わいが特徴のビールです。

大手ビールの製造するビールとは一味ちがったこのギャップが今じわじわと注目を集めている【クラフトビール】なのです。

[スコットランド ブリュードッグ] パンク IPA 330ml 6本 [BREWDOG PUNK IPA 330ml]

[スコットランド ブリュードッグ] パンク IPA 330ml 6本 [BREWDOG PUNK IPA 330ml]

ブリュードッグはスコットランドのフレイザーバラに2007年にオープンしたクラフトブルワリー。
コスト度返視でわがままとこだわりがたっぷり詰まった個性的なビールを造っています。
現在はアバディーンの北、エロンのブルワリーから、世界中のビールファンにこだわりのビールを届けています!

【クラフトビール】は、ビールの作り方も様々で、大手メーカーの作っているビールにはない特徴をもっている個性的なビールがとても多いです。

日本では【クラフトビール】の明確な定義はないといわれていますが、芳醇旨口のものが多く、ペールエールやスタウトという黒ビールやIPAなど、様々な種類の【クラフトビール】が注目を集めています。

このように、【クラフトビール】はとても特徴的な色や風味のビールで、さまざまな種類があるこだわりビールです!

日本でも人気が高まっていて、プレゼントに送ったりすると喜ばれますし、ちょっと特別な日に呑むビールにもぴったりです♩

   
この記事を書いた人
あーちゃん

最新記事

記事バナー3