登山で酒を楽しもう♪持っていきたい種類と容器、つまみはこれがおすすめ!

  • ライターN
  • 更新日:
320view
favorite
登山で酒を楽しもう♪持っていきたい種類と容器、つまみはこれがおすすめ!

青空の下で呑むお酒って、いつもよりおいしく感じませんか?新鮮な空気と心地よい風、気持ちい太陽の光と落ち着く木陰。外で呑むお酒って最高ですよね。

特に景色が良い所で呑んだり、運動した後に呑むお酒は、自分へのご褒美感が満載でとても爽快な気分になれますよね!

そんな爽快なお酒が楽しめるという事で、登山にお酒を持っていく呑んべぇさんが多いそうです。登山のついでにお酒を呑んでいるのか、呑みたいから登山をしているのか…というところはさておき…登頂後のお酒はやっぱり最高!

でも、登山にどうやってお酒を持っていけばいいのか、なんの種類のお酒がいいのか、どうやって呑めばいいか、おつまみも必要だし…なんていろいろ悩んでしまう事がありますよね。

今回は、登山でおいしいお酒を飲む為に持っていきたい容器とお酒の種類、おつまみについてご紹介します♪

登山で酒を飲むなら種類はどうする?

山で呑むビールは最高に旨い!

登山で一番人気のお酒といえば、なんといってもビールです。疲れた体に、キンキンに冷えたビールをグビグビ呑む!!まさに快感!!炭酸の喉ごしも、アクセントの苦みも、辛く楽しい登山の思い出を思い起こさせるような味わいで思わず「くーっ」とうなってしまいます。

ただし、ビールは温くなってしまうとおいしくありません。雪山や雪解け水のある山ならいい物の、夏場のビールの持参にはそれなりの準備が必要です。

ウイスキーは山で呑むと一味違う!

山で呑むお酒といえば、ウイスキーをイメージする呑んべぇさんを多いのではないでしょうか。登山は気温差が激しく、体を温める役目としてもお酒は活用されます。そんなときに役にたつのがアルコール度数の高いウイスキーです。

ウイスキーは温くなってしまったとしても、氷や冷水で割ればおいしく呑めるのもいい所ですよね。

常温でもおいしい赤ワインはマスト!

登山酒初心者であれば、常温でも美味しい赤ワインがおすすめです。ビールであれば、頑張ったと登山後に温いビールを呑むなんてちょっとした拷問ですよね。ウイスキーでも、氷が合った方がうまいと思う呑んべぇさんが多いのではないでしょうか。

それに比べて赤ワインはというと、常温で呑むのがおいしい呑み方と言われるぐらいなので初心者には比較的チャレンジしやすいのが赤ワインです。

瓶タイプ以外にも、パウチの赤ワインもあるので荷物を軽くしたい時にもおすすめですよ♪

登山で酒を飲む時の容器ってどうすればいいの?

登山にお酒を持っていくときにおすすめなのが、【スキットル】です。

【スキットル】というのは、ウイスキーなどのアルコール度数が高いお酒を持ち運べる水筒の事を言います。良く、昔の刑事ドラマなんかで胸ポケットから取り出した薄い水筒のようなものからお酒を呑んでいるシーンがありましたよね。あれが【スキットル】です。

旅行やアウトドアで使われる事がおおく、もちろん登山でお酒を持っていくときにも大活躍します!素材によっては、ワインや日本酒が入れられないものもあるので注意が必要です。

スノーピーク(snow peak) チタン スキットルM T012

出典:Amazon

スノーピーク(snow peak) チタン スキットルM T012

容量:140ml
重量:65g
シンセティックレザーケース付き

登山で酒を飲むならおつまみはこれがおすすめ♪

山ビールに合う簡単おつまみ

えびせんタイカレー

市販のタイカレーをバーナーで熱し、暖かくなったらえびせんに着けていただきます。

いなば チキンとタイカレーイエロー 125g×24個

出典:Amazon

いなば チキンとタイカレーイエロー 125g×24個

内容量:125g×24個
原材料:鶏肉、ココナッツミルク、カレーペースト(にんにく、唐辛子、レモングラス、食塩、シャロット、ガランガル、カレーパウダー、こぶみかんの皮、こしょう、クミン)、大豆油、唐辛子、砂糖、食塩、増粘剤、(加工デンプン)、調味料(アミノ酸)、クエン酸
商品サイズ(高さ×奥行×幅):75mm×260mm×345mm

カルビー かっぱえびせん 90g × 12袋

カルビー かっぱえびせん 90g × 12袋

内容量:99g×12 袋
カロリー:442kcal
原材料:小麦粉、植物油、でん粉、えび、砂糖、食塩、膨脹剤、調味料(アミノ酸等)、甘味料(甘草)、着色料(紅麹、パプリカ色素)
商品サイズ(高さx奥行x幅):235.0mmx261.0mmx400.0mm

山ウイスキーに合う簡単おつまみ

コーンバターベーコン

バーナーにコーンの缶詰を載せ、バターとバーコンを入れ焼きます。お好みでお醤油を入れてもおいしいですよ♪

はごろも シャキッとコーン 190g (2570)×6個

出典:Amazon

はごろも シャキッとコーン 190g (2570)×6個

サイズ: 190g (2570)×6個
原材料:とうもろこし(アメリカ、遺伝子組換えでない)、食塩 / クエン酸
商品サイズ(高さx奥行x幅):7mm×20.4mm×13.6mm

山ワインに合う簡単おつまみ

マッシュルームのアヒージョ

マッシュルームの缶をバーナーにかけ、煮立ったところにペペロンチーノのパスタソースをかけます。あっという間に、スペイン料理アヒージョの完成です!

K&K 国産マッシュルーム丸ごとスライス缶 85g×6個

出典:Amazon

K&K 国産マッシュルーム丸ごとスライス缶 85g×6個

内容量:85g×6個 カロリー:5kcal 原材料:マッシュルーム、食塩、クエン酸、酸化防止剤(ビタミンC) 商品サイズ(高さ×奥行×幅):53mm×104mm×156mm

   

登山歴30年の呑んべぇが語る「登山で呑む酒」の魅力

先ず、個人的なことになりますが、若いころから山歩きや登山が趣味で、大学時代にはワンゲル部で苦しいトレーニングをしながらよく山登りをしていました。そして、今の50代になってからも暇を見つけては北海道の大雪から九州の屋久島まで全国の山をよりすぐりながら登っております。

従って、登山の仲間は大学時代の仲間や社会人になってからの会社の同好会や山の途中で知り合った方、其れにSNSで知り合った山好きの方も居て、其々の仲間と行く場合もあれば、勿論、一人登山の単独行の場合もあります。 

そして、登山の際には共通することがあります。 其れは、揃いも揃ってみんながお酒が好きなことです。 「酒好きに山好きは多い」とは申しませんが、「山好きに酒好きが多い」は案外、正論かもしれません。 ただ、山好きに酒好きが多い理由というのは、具体的には判りませんが、苦しい山歩き、疲れる山歩きに対して、お酒というものは安らぎの効果と健康的な効果があるのかもしれません

山歩き、登山には必ずお酒を持参致します

登山の時はお酒、アルコール類を持参するのは当然のことですが、ビールや日本酒ワインというのはアルコールの度数から見ても嵩張るものなので、個人的には主には蒸留酒のアルコール度数の高いウイスキーを持参します。

テントの中で一人悦に入って食事を取りながら、ウイスキーをグビグビ飲んでいるのは至福のときでもあります。 飲む時にはストレートでそのまま飲むときもあれが、山の清水で割って薄めて飲む時もありイロイロですが、やはり疲れて水分を欲している時などは水割りにして飲む場合が多いようです。

また、山小屋泊まりのときなどは北アルプスや八ヶ岳等の大きな山小屋には、大抵の場合は生ビールがおいてあり、そうでない場合も大抵は、缶ビールや日本酒などはおいてありますので、小屋の夕食前には生ビールで乾杯して、後は持参の其々のアルール類で飲みはじめて小さな宴会が繰り広げられ、山の話で盛り上がるのです。
実は筆者自身も常連とまではいかないが、そんな山小屋の居酒屋に何度かお邪魔したことが有るのです。

登山コースの八ヶ岳には山小屋の居酒屋もありました

ところで、山の中に山小屋と共に居酒屋が有るのをご存知でしょうか・・!。 八ヶ岳の麓の中央線の小淵沢駅(小海線の乗換駅でもあります)の登山口から、八ヶ岳の南端にそびえる三角錐の山である編笠山の山頂付近にはに青年小屋という山小屋が有るのですが、此の山小屋は通年営業の「居酒屋」にもなっているのです。

何でも飲み屋の看板名もチャントあって、其の名も憧れの「遠い飲み屋」と称するのです。 小淵沢からですと可なりの遠距離になりますが、観音平という見晴らしのいいところから編笠山の頂きを越えて直ぐのところにあって、そうですね、歩いて約3時間からゆっくり歩いても4時間ほどかかるでしょうか、此方は山小屋でもあり又、専門の飲み屋でもあり、山小屋主人のマスターが直接、まかないや接待をしてくれます。

勿論、普通の巷の飲ん兵衛が行けるようなところではなく、少なくとも山登りの経験があって山支度をととのえて登山スタイルでゆくところで、山好きの飲ん兵衛にはたまらないところです。 更に、結構にもリピターや常連さんも数多いて、ボトルキープもかのうということですよ。 山好きな方は一度、お伺いしたらいかがでしょうか。

登山中に山小屋の主人に差し入れてもらったお酒


個人的にごく最近になってからのことですが、仲間三人とし一緒に北アルプスの白馬岳三山を訪ねたときのことです。白馬村の猿倉から雪渓口の白馬尻か大雪渓を経てやっとのことで稜線に達し、白馬岳を登頂した後、白馬山荘に泊まる予定でしたが、皆元気で此の後の時間の有るし杓子と鑓を超えて天狗山荘までゆくことになったのです。

出発間際までは天気も良かったし何事もないような空模様であったので、三人は勇んで出発したのでした。

ところが杓子岳を過ぎたあたりから、にわかに黒い雲が湧き出しあたりは暗雲に包まれ、其のうちに滝のような大雨と物凄い雷鳴に襲われ、一時は身を縮めて雷鳴を避けるように、岩場の片隅に身をかがめていたのでした。

そして恐怖の時間はどのくらい過ぎたのか時間の感覚もないままに、思い切って身を天に預けて出かけたのです。 そして、鑓のトラバースを終える頃にようやく激しい音声の雷は遠ざかってゆきましたが、激し風雨は我々を苦しめました。 その後、漸くにして天狗山荘にたどり着いたのです。

さすがに山小屋の主人も驚いた風で、其の日は数人しか登山客はイなかったようで、夕食の時には何と、ご苦労さんの生ビールの少ジョッキを無料で差し入れてくれたのです。 我らも感激しましたが、三人共飲ん兵衛には変わりなく、その後は通常料金の中ジョッキの生ビールを何倍もお変わりしながら、ご主人も含めてビール以外のアルコールも出してきて大宴会となってしまったのです。

次の日は二日酔い気分でしたが、その日は大出原(オオデッパラ)から日本最高所の温泉と言われる鑓温泉に浸かって、酔いを覚まし下山の途についたのでした。

登山の後の打ち上げのお酒は最高

ところでビールの美味しい季節になりますと、どうゆうわけか山が恋しくなって登山に出かけます。 山歩きを楽しんだ後は、これ又、同行者達の山仲間と飲んで楽しむ、「アフター宴会、打ち上げの酒」というのがありまして、これが又、山の話を肴に山屋としては幸せの極みなのです。

逆に、この一杯や楽しい宴会が目的で山に行き者もいるようで、ご丁寧に居酒屋に予約を入れて山に行くものもいる猛者もいるほどです。 尤も、これが他人に言わせても堪らない一時なのですね、登山者がよく聞かれる質問があるのですが、其れは「どうして山に登るのですか」と、そして酒好きの登山者がよく聞かれる質問が「山の中でもお酒を飲んでいるのですか」と、そうなんです、酒好きの山屋は山に登った山頂で一杯もあり、乾杯もあるのです。

勿論其れは、人によって答えは異なるかもしれませんが、一般の登山者の行動と飲酒としては山登りや登攀中には、つまり行動中においてはお酒を飲まないのが一般的です。 其れは低山であれ、高くて厳しい山にかかわらず、そうでしょう。 
普通にお酒を飲むところは、一服のテントの中とか山小屋の売店でお酒を売っているところが多いですし、登山者達が実際に飲んでいる風景とか雰囲気は、実に幸せそうに見受けられますね。

この記事を書いた人
ライターN

最新記事

記事バナー3

関連するタグ