酒好きの私が毎年母の日にお酒をプレゼントしている理由

  • メンバー
  • 更新日:
25view
favorite

プレゼント選びに困ったとき、何を用意したらいいかと悩むこと多いですよね。とりあえずお酒を選ぶという人も多いかと思いますが(私もそうです)、母の日だと躊躇してしまったりしませんか?女性へのプレゼントにお酒ってどうかな?とか。でもご自身を考えてみればわかると思うのですが、もしお酒の好きなお母さまだったらお酒のプレゼントは絶対喜ばれるはずです。家庭を持っていると、普段自分のために飲むお酒はおそらくあまり高いものではありません。家計にひびいては困りますので。だからこそ少し高いお酒をプレゼントされたらものすごくうれしいです。でも「好きだから」という理由以外にもいいことあるんですよ。

「母の日プレゼント×酒」で決めてしまうことで、自分が楽になります

プレゼント選び、お母さんよりお義母さんの方が正直悩んじゃいます。毎年悩んでセンスの良いものを贈れればもちろんそれがベストなのですが、そうそうネタもありません。であれば、毎年これ!っていうものを贈った方が精神的にとても楽です。
実際、カーネーションや花束だけというわけにもいかず、それにお菓子をセットにするのもありきたり。かといって洋服や小物は趣味があるので手が出せず。自分の親ならもう「いつでもお花とケーキのセット」とか「毎年お取り寄せグルメ」なんてのでもいいですが(好みに合わなくても喜んでくれるし、なんなら花だけでも許される)、配偶者の親となるともう少しセンスの良さも求められます。逆の立場から考えると、趣味じゃないものもらって捨てることもできずに感謝の言葉を伝えるのは苦痛です。関係性を考えても消えるものを(今回の場合は酒)は必ず送ると決めてしまえば随分と楽になります。選ぶ側にとってももらう側にとっても時間も気も使わずに良い関係性を保つことができるのです。
ちなみにお酒の種類も決めてしまうともっと楽です。

「母の日プレゼント×酒」だと分かっているからこそ、楽しみになる

想像してみてほしいのですが、「毎年」お酒をもらえるって最初から分かっている場合ってどうでしょう?
望んでいるのは関係的にもサプライズではありません。であれば、きっと毎年あなたからの母の日のプレゼントを心待ちにしてくれると思いますよ。今年は何がもらえるかな~と心待ちにする義母は多くはありません。でも、今年はどんなお酒がもらえるかな~とか、今年もお酒がもらえるぞ~と心待ちにする姿は結構容易に想像できませんか?
毎回違うリアクションするのも結構大変です。特に手元に残るものだと好みじゃなくても処分するわけにいかないし。その点、お酒好きにお酒をプレゼントする場合には、手元に残らないしリアクションも「お酒大好きありがとう~おいしそう!」で毎年同じ感謝で大丈夫だし、もらう側もいいことだらけなのです。
勿論、毎年品物がかぶらないように母の日のプレゼントをもらっていたとしても嬉しいと思います。それは考えてくれるという気持ちが嬉しいのです。でもそれなりに面倒なのです。お酒だったら自分でも飲めるし、ご主人とも飲めるし、お客さんにふるまうこともできます。どうせなら喜んでもらえるプレゼントがいいですよね。

「母の日プレゼント×酒」でお勧めしたいプレゼント3選

“さてプレゼントにお酒をお勧めしたい理由を書いてきましたが、実際お酒だけプレゼントってどうなの?という気持ちが残っている方がほとんどだと思います。そのような場合、やはりここは実母でも義母でも小さなプレゼントを一緒に渡すことをお勧めします。メインがお酒と決まっているからこそ、ここは頭を悩ませすぎないプレゼントをセットにすることができるんです。お酒と同じように、基本は残らないものがいいと思います。

①カーネーション・そのほかの花
母の日ですからカーネーション×酒というのは分かりやすいです。お花は最後に枯れるので、残らないのもいいです。できるだけ軽めにしたいので、鉢植えは避けましょう。育てる手間がかかってしまいます。カーネーションに飽きたら、違うお花にしてもいいと思います。

②お菓子
お酒の種類にもよるかもしれませんが、お酒に合うお菓子もお勧めです。またお菓子単体でも楽しめるので、女性は喜びますよね。

③酒に合うつまみ
お酒とセットですから、おいしくお酒を飲めるものにするのもひとつです。そのセット一つでお家飲み会が楽しめます。”

母の日プレゼント×酒にすることで、顔を見せるチャンスにすることも

距離にもよりますが、成人しているのでしたらお母さんと一緒にお酒を飲むのも一種のプレゼントですよね。母の日は娘・息子が家に来て、一緒にお酒を飲む…なんて家族、素敵ですよね。
母の日に帰れなくても、このお酒を飲みに子供たちがそろそろ帰ってくるわね~なんて待っててもらうのも、待ってる時間まで楽しめそう。。
義母だとしても、せっかくなのでこれを機会に仲良くなれそうです!…まぁ毎年じゃなくてもいいと思います!ただ、義母と飲み仲間になれると色々楽ですよ!ぜひ美味しいつまみをもって遊びに行ってください。「来てくれる」と「美味しい」がセットなのですから、歓迎されること間違いなしでしょう。

本当は毎年商品券もらった方が無駄にはならないだろうけど、嬉しい反面やはりそれは寂しいものです。毎年商品券って決めちゃった方が送る側も楽だけど、だったらお酒でも同じように無駄にならないのですから。
贈る側も贈られる側も負担が少なく、一緒に飲むことで関係を深めやすいお酒を是非お勧めしたいと思います。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3