温泉でお酒って飲めるの!?持ち込み方法と浮かべるグッズ

呑んべぇ必見!今回は、温泉でさらにお酒を楽しめる方法について紹介します。

  • ライターN
  • 更新日:
45view
favorite
温泉でお酒って飲めるの!?持ち込み方法と浮かべるグッズ

せわしない喧騒から離れて、温泉旅行に行くのはとても楽しいものです。数年前までは、海外旅行がとても人気でしたが、最近では家族や仲間達と一緒に和気藹々と国内旅行が流行ってきていますよね。

そして、温泉旅行には、やはりお酒がつきものでしょう。

温泉旅行に行って名所を観光するのも悪くはないのですが、やはり、温泉を楽しみながらのお酒は、特別なものあります。お酒があれば、みんな仲良くなれるでしょう。

今回は、温泉でさらにお酒を楽しめる方法について紹介します。

温泉でお酒って飲めるの!?呑んべぇ必見の宿

最近の温泉地は、温泉に入浴しながらの飲酒ができない宿泊施設が多くなりました。それは、過度の飲酒によって事故を防ぐためです。

多くの宿泊施設は、温泉から上がった後、お酒を飲むのが一般的です。しかしやはり、酒飲みは温泉に入りながらお酒を飲みたいものです。

現在でも、大変少なくなりましたが温泉に浸かりながらお酒が飲める温泉の宿は存在します。

以前はそのような宿泊施設を探すのは難しかったのですが最近では、宿泊サイトがとても多くなりました。一つの宿泊サイトに全国にあるすべての宿泊施設は載っていないので、いくつかの宿泊サイトを閲覧しながら自分の気に入った宿を探します。

自分の目的のお酒が楽しめる温泉を検索すると良いでしょう。

もし、入浴しながらの飲酒ができるか分からない場合は直接宿に電話するのが一番確実です。 もし予算があるのであれば、露天風呂付きの部屋に宿泊されると良いのではないでしょうか。もちろんその際も、宿泊施設に確認を取ると良いでしょう。

温泉にお酒って持ち込み方法は?

まず、第一に確認しておかなければいけないのが、泊まるお宿の温泉にお酒を持ち込んでいいかどうかです。上記でもお話ししたように、最近では温泉にお酒を持ち込むことを禁止しているお宿もたくさんあります。

実際に持ち込む前に、必ずお宿側に確認しましょう。

温泉でお酒を飲むことはOKでも、お宿(旅館)に外部からお酒を持ち込んではいけないという場合もあります。多くのお宿は居酒屋などと同様に飲食業として許可をとっており、一般的には飲食物はお宿内で注文する事がルールとなっています。

居酒屋に持参のビールを持っていくと怒られるのは当然の様に、お宿に持ち込みしてはいけない場合もあります。持ち込む前に必ずお宿側に外部からお酒を持ち込むことは可能かどうかも問い合わせておきましょう。

温泉でお酒を楽しむなら、その土地でしか呑めない一杯を準備しよう!


温泉地では、そこでしか飲めないお酒が数多く販売されています。探しやすい場所は、お土産屋さんや、ホテル近くの商店街は非常に購入しやすい場所です。地元の水を使った日本酒や地ビールなどは、とても嬉しいものです。温泉につかった後に、地元の日本酒や地ビールを飲むのは温泉地を楽しむ上で必ずやっておきたいことですよね。

もし、近くにお土産屋さんや商店街がなかった場合は、宿泊施設で食事の際に、お酒を頼める場合が多いです。

大体の方が、宿泊施設の自動販売機でビールを購入される方もいらっしゃいますが、それは酒飲みにとって通ではないかもしれません。自動販売機のお酒は、どこにでも売っている商品が多くそれでは家で飲むのと同じになってしまいます。

やはり、せっかく温泉地まで来たのですから、ここでしか飲めないお酒を味わうようにしなければならないでしょう。そして、お土産に温泉地のお酒を購入されると家に帰って楽しむことができます。温泉地を思い出しながら、お酒を飲むのはのもまた良いです。

自宅でも使える!温泉でお酒を浮かべるぐい吞みセット

持ち込みOK!の宿を見つけて、その場所でしか呑めない1杯を見つけたら、せっかくだったら自分だけのぐい吞みセットを準備していきませんか?

陶器のお猪口が好き!という呑んべぇさんもいるかもしれませんが、ここは温泉!間違って落として、陶器が割れでもしたら怪我の元につながり迷惑になってしまいます。なので、温泉に持っていくなら檜のぐい吞みセットがおすすめ!雰囲気も出ますし、マイぐい吞みを持参して行ったら「お、この人呑んべぇなだぁ」なんて周りから一目置かれるかもしれませんよ!

お風呂でちょっと一杯 温泉 檜お酒セット とっくり ぐい呑み 小皿 配膳台セット 出典:Amazon

お風呂でちょっと一杯 温泉 檜お酒セット とっくり ぐい呑み 小皿 配膳台セット

サイズ(約):配膳台 直径18.5×H6.5cm、ぐい飲み 直径5.5×H4、とっくり 直径5×H16cm 容量0.8合、小皿 7.5cm
重量(約):配膳台 150g、ぐい飲み 20g、とっくり 110g、小皿 20g
材質:天然木(国産檜)

お風呂につかると体が温まり、血液循環が良くなります。そのため、お酒もいつもより早く回りやすくなるので間違っても呑みすぎないように気をつけましょう!温泉でのお酒は、風情を感じるために1口2口に抑え、温泉から上がってほてりがさめてからゆっくりお酒を味わいましょうね!

この記事を書いた人
ライターN

最新記事

記事バナー3

関連するタグ