温泉でお酒をさらに楽しむ方法。

  • メンバー
  • 更新日:
9view
favorite

せわしない喧騒から離れて、温泉旅行に行くのはとても楽しいものです。数年前までは、海外旅行がとても人気でしたが、最近では家族や仲間達と一緒に和気藹々と国内旅行が流行りのようです。そして、温泉旅行には、やはりお酒がつきものでしょう。温泉旅行に行って名所を観光するのも悪くはないのですが、やはり、温泉を楽しみながらのお酒は、特別なものあります。お酒があれば、みんな仲良くなれるでしょう。今回は、温泉でさらにお酒を楽しめる方法について紹介します。

温泉でお酒をより楽しむ方法  その1

温泉でお酒をより楽しむ方法として、まず押さえておきたいのはお酒が気軽に飲める温泉地を選ぶことです。温泉地といっても、全国各地、色々な温泉があります。全ての温泉地で自分の好きなお酒を頂くのは非常に良いです。しかし、お酒は基本的には人が多く、酒飲み仲間が多い方が楽しいのではないでしょうか。自分の仲間同士で、盛り上がるのも良いですし、その温泉地で出会った人とお酒を酌み交わしながら、盛り上がるのもまた旅の思い出になるのではないでしょうか。お酒を飲んでしまうと、やはり声が大きくなってしまい小さな温泉地では、人の迷惑になってしまいます。多少大きな声を出しても、迷惑にならない温泉地を探すのがおすすめの方法です。 そのような温泉地は、周辺にも居酒屋やスナックなどお酒の楽しめる場所が、数多くあるのでそのようなお店に入って、都会ではない昭和レトロの残る雰囲気でお酒を飲むのはとても良いです。温泉から上がって、仲間とお酒を酌み交わし、寝る前に少し温泉につかるのもまた格別です。

温泉でお酒をより楽しむ方法  その2

温泉でお酒をより楽しむ方法は他にもあります。温泉地では、そこでしか飲めないお酒が数多く販売されています。探しやすい場所は、お土産屋さんや、ホテル近くの商店街は非常に購入しやすい場所です。地元の水を使った日本酒や地ビールなどは、とても嬉しいものです。温泉につかった後に、地元の日本酒や地ビールを飲むのは温泉地を楽しむ上で必ずやっておきたいことです。もし、近くにお土産屋さんや商店街がなかった場合は、宿泊施設で食事の際に、お酒を頼めると思います。大体の方が、宿泊施設の自動販売機でビールを購入される方もいらっしゃいますが、それは酒飲みにとって通ではないかもしれません。自動販売機のお酒は、どこにでも売っている商品が多くそれでは家で飲むのと同じになってしまいます。やはり、せっかく温泉地まで来たのですから、ここでしか飲めないお酒を味わうようにしなければならないでしょう。そして、お土産に温泉地のお酒を購入されると家に帰って楽しむことができます。温泉地を思い出しながら、お酒を飲むのはのもまた良いです。

温泉でお酒をより楽しむ方法  その3

最近の温泉地は、温泉に入浴しながらの飲酒ができない宿泊施設が多くなりました。それは、過度の飲酒によって事故を防ぐためです。多くの宿泊施設は、温泉から上がった後、お酒を飲むのが一般的です。しかしやはり、酒飲みは温泉に入りながらお酒を飲みたいものです。現在でも、大変少なくなりましたが温泉に浸かりながらお酒が飲める温泉の宿は存在します。以前はそのような宿泊施設を探すのは難しかったのですが最近では、宿泊サイトがとても多くなりました。一つの宿泊サイトに全国にあるすべての宿泊施設は載っていないので、いくつかの宿泊サイトを閲覧しながら自分の気に入った宿を探します。自分の目的のお酒が楽しめる温泉を検索すると良いでしょう。もし、入浴しながらの飲酒ができるか分からない場合は直接宿に電話するのが一番確実です。 もし予算があるのであれば、露天風呂付きの部屋に宿泊されると良いのではないでしょうか。もちろんその際も、宿泊施設に確認を取ると良いでしょう。

温泉でお酒をより楽しむ方法  まとめ

他にも温泉でお酒をより楽しむ方法はいくつもあるでしょう。例えば、お酒が飲み放題の宿も最近ではたくさん存在します。非常にリーズナブルな価格で提供しているので、非常に人気になっています。このような宿泊施設はホテルが多いですが人気の秘密はそれだけではありません。温泉施設まで車で行かれる方が多いと思いますがやはりお酒を飲むとなると、気をつけなければなりません。しかし、お酒飲み放題の宿の中には、バスが運行していてお酒をたくさん飲んでも安心して家まで帰ることができます。食事も充実していて、バイキングであれば自分の好きなものを食べながら、お酒を飲むことができます。色々な組み合わせを楽しむのも良いでしょう。 ホテルの中では、色々な施設も充実していますからお酒を飲みながら、ストレスを解消することも良いでしょう。 今まで紹介した中でも、色々なお酒の楽しみ方があります。他にも温泉地で自分流のお酒の楽しみ方を色々と探して研究してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3