呑まず嫌いは損すぎる!!焼酎が誰にでも呑みやすい5つの理由

「焼酎」と聞くと、かなり度数が高くて、味にも癖がありそうで、なんだか嫌煙してしまう…という方もいるのではないでしょうか?しかし!!実は「焼酎」こそ誰にでも楽しめえるお酒だったんです!

  • あーちゃん
  • 更新日:
551view
favorite
呑まず嫌いは損すぎる!!焼酎が誰にでも呑みやすい5つの理由

さまざまな種類のあるお酒。ビールやワインはメジャーだし、カクテルに使われる甘めなお酒もなかなか人気がありますよね。

そんな中、実はすごいポテンシャルを秘めているのになかなか注目されないお酒がいるんです。それが「焼酎」!!

さまざまなお酒の中でも、比較的飲みやすいお酒が焼酎です。だたし、その字ずらからなのかなぜだかあまり人気がなく注目されないのも「焼酎」です。

今回は、実は誰にでも呑みやすい「焼酎」の魅力についてご紹介します!

呑みやすい焼酎の魅力!その①自分好みにアレンジ自在!

まず初めに、呑みやすい焼酎の魅力はまさに飲みやすいということです。お酒も、甘いお酒や辛めのお酒などさまざまなお酒があります。お酒も好みがはっきりと分かれるため、甘めのお酒が好きな方もいれば辛めのお酒が好きな方など幅広くいらっしゃいます。

ですが、初めてお酒を飲むという方は、甘すぎたり辛すぎたりしてお酒を始めて飲んで「お酒って美味しくない…。」とトラウマになってしまっては大変です。

焼酎は、お酒を始めて呑むという方でも非常に飲みやすく、安心してお酒デビューできます。また、自分の好みの濃さで飲むことができるので、はじめは薄めからスタートすることもできます。割りやすいので、好みのジュースや水、お湯なんかで割れば、さらに自分好みの一杯を作ることもできます!

口に入れた瞬間に焼酎の呑みやすさが広がり、また口に飲み進めたくなります。自分の体調などにも合わせて飲むことができるので、自分スタイルの焼酎で毎日楽しいお酒の時間を楽しむことができちゃいます。

呑みやすい焼酎の魅力!その②いろんな料理に合う!

次に、呑みやすい焼酎のみりょくはさまざまな料理に合うということです。

お酒でも癖のあるお酒や、「この料理にはこれ!」といったお酒も多くありますよね。そんなさまざまなお酒の中でも、焼酎は本当にいろいろな料理に合わせて飲むことができます。

私たち日本人が多く口にする和食には、もちろん良く合います。枝豆やお漬け物などと一緒に焼酎をどんどん飲み進めることができます。

味の濃い中華も、飲みやすい焼酎を合わせることで食事の美味しさがさらに引き立ちます。料理を邪魔しないのも、焼酎の魅力と言えるでしょう。

また、洋食の彩どりのお料理にも焼酎は良く合います。飲みやすさがあるので、洋食でこってりとした料理でもさらっと飲み進めることができます。

さらには、香辛料が強いインド料理なども料理を引きたてながらお酒を楽しむことができます。お酒で癖があると、料理の邪魔をしてしまってせっかくの料理が台無しになってしまいますよね。その点焼酎は、本当に万能なお酒です。

呑みやすい焼酎の魅力!その③いろいろな飲み物で割って楽しめる!

次に、呑みやすい焼酎の魅力はいろいろな飲み物で割って楽しめるということです。

焼酎を土台にして、緑茶で割ったりウーロン茶で割ったりといろいろな味で楽しむことができます。お酒でも、カメレオンのように変幻自在のお酒はあまりありませんよね。焼酎はまさに変幻自在のお酒です。

その日の気分で、「今日はこれで焼酎を割ってお酒を楽しもう!」とありとあらゆる楽しみ方を堪能できます。

一般的な割り方以外でも、自分だけのオリジナルな焼酎の割り方を楽しむこともできちゃいます。そんなことができるのも、焼酎が飲みやすくいろいろな飲み物と良く合うからこそです。

飲み物同様に、濃さも自分で調整しながらオリジナルの飲み方ができるのはうれしいポイントですよね。仲間同士で集まった際に、お互いに飲み比べしてお互いの焼酎の感想を述べ合うなんてこともできちゃいます。

焼酎の会などを開いて、お互いのオリジナルの焼酎を飲み合うこともできるので焼酎一つでお酒の幅がグっと広がります。

呑みやすい焼酎の魅力!その④料理でも楽しめる!

次に、呑みやすい焼酎の魅力が料理にも使用することができるということです。飲むだけではなく、料理に入れて料理と一緒に味わうことのできるのは本当に魅力的ですよね。

例えば、魚料理に焼酎を使用することで、魚の臭みを取ってくれます。また、煮物に入れて料理のおいしさをグっと引きたてたり、料理の隠し味として焼酎を使用することができます。

これも、焼酎が飲みやすく、癖がないからこそいろいろな料理に使用することができちゃうんですよね。

また、料理を作りながら焼酎を飲み、その焼酎をさらに料理にも使用することができちゃいます。焼酎があるだけで、料理をする時間が楽しくて楽しくて仕方がなくなってしまいます。

ご夫婦で休日に一緒に台所に立ち、焼酎を飲みながらゆっくりと夫婦水入らずで料理を楽しむなんてまた素敵な時間ですよね。買い物に行っているときから、思わずうきうきしてしまいます。

また、焼酎を飲むために焼酎に合う料理を焼酎を使って作ることができるので、本当に焼酎は万能なお酒です。

呑みやすい焼酎の魅力!その⑤コストパフォーマンスが良い!

最後に、呑みやすい焼酎の魅力はコストパフォーマンスが良いということです。お酒も高いものから安いものまで、さまざまな価格のものがあります。どれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。

その点、焼酎はコストパフォーマンスが非常にいいので、お財布にも優しいお酒です。高いお酒だと、なかなか買うことができなくてお酒自体を楽しむことができません。焼酎は購入しやすい価格のものが多いので、無理なくお酒を楽しむことができます。

コストパフォーマンスが良い上に、飲みやすさがあるので自分へのご褒美に気軽にお酒を楽しむことができるのはうれしいポイントですよね。また、焼酎は量もたっぷりと入ったものが多いので、親しい方同士でホームパーティーなどを開き、集まった全員でお酒を楽しむことができます。

焼酎が安かった分、おつまみをもう一品増やすことなんかもできちゃうのでホームパーティーがさらに楽しくなります。

濃さも変えられ、味を自分好みにでき、コストパフォーマンスもいいなんて焼酎は本当に魅力的なお酒です。

   
この記事を書いた人
あーちゃん

最新記事

記事バナー3