ウイスキー好きこそ呑んでほしい!知らせざる奥が深~いビールの世界

大人になって、お酒の味わいが楽しめるようになったウイスキーだからこそ今再びのビール!今回は、最近やっとビールがおいしいと思えるようになってきたあーちゃんがウイスキー好きに呑んでほしいビールのおすすめをご紹介します♪

  • ライターN
  • 更新日:
438view
favorite
ウイスキー好きこそ呑んでほしい!知らせざる奥が深~いビールの世界

雰囲気を醸し出してカッコよくバーでしっぽり呑みたいのが「ウイスキー」ですよね。ウイスキーが好きな呑んべぇさんはやはり、ウイスキーに込められた作り手の情熱や、種類の豊富さや味わいの違いなどの奥深さにひかれる人がおおいのではないでしょうか。氷を入れるにしても、様々な楽しみ方があり多種多様で自分らしく楽しめるのもウイスキーの粋な所ですよね。

そんなこだわりの強いウイスキー好きにおすすめしたい、ウイスキー以外のお酒があります!それが「ビール」です!「ビールなんてウイスキーにたどり着く前に散々呑んだよ(笑)」なんて鼻で笑ったあなた!!甘いです!!

「ビール」って、気軽だし社会人になってお酒の付き合いが多くなるとお酒の席で「とりあえずビール!」という事で呑み始める事が多いお酒ですよね。私もそうなのですが、最初にビールだと「苦くて全然美味しくない!」っと、お酒を楽しみながら呑めるようになってもビールだけは呑まず嫌いな呑んべぇさんって結構多いんです。

それもそのはず、会社でいい所に連れて行っていいビールを呑ませてもらえていれば別ですが、だいたい会社の上司に連れていかれる所なんて安っっい居酒屋で、薄っっいビールなわけですよ。ちゃんとビールサーバー洗ってるかもわからないような所で出される、ビールも呑んだことがないアルバイトの高校生だか大学生が入れたビールがおいしいわけがないんですよね。特にまだお酒に対して免疫がすくない初心者であればあるほどその傾向が強いのではないでしょうか?

でも、そんなウイスキー好きな呑んべぇさんにこそ今だからこそビールを呑んでみてほしいんです!最近は醸造家のこだわりが詰まったプレミアムビールや、個性が爆発したクラフトビール、100種類以上のスタイルがあるといわれる海外のビールなどウイスキー好きだからこそ楽しめるビールの世界があるんです!

大人になって、お酒の味わいが楽しめるようになったウイスキーだからこそ今再びのビール!今回は、最近やっとビールがおいしいと思えるようになってきたあーちゃんがウイスキー好きに呑んでほしいビールのおすすめをご紹介します♪

ウイスキー好きが知らないビールの世界♪自分スタイルを選ぶ4つのポイント

ビールはお酒を呑み始めた頃にちょろっと呑んで、もう卒業しちゃったなぁ~なんてウイスキー呑んべぇさんは多いのではないでしょうか?そんなウイスキー好きさんに今一度呑んでもらいたいビールの選び方をご紹介します!

【01】自分に合ったアルコール度数のビールを選ぼう

多くのビールが存在している今日、アルコール度数にも大きな変化が見られます。

巷ではビール離れが問題視されていますが、様々なアルコール度数のビールが発売されております。あまり酔いたくないときは、アルコール度数の低いビールやノンアルコールビールを選んだりとその時の自分の気分やシチュエーションによって幅広く選択肢があるのも実はビールだったりします。

アルコール度数の高いビールはウイスキーに近い味わいを感じる物もあります。

さすがにウイスキーと同じぐらい高いアルコール度数のビールはありませんが、ハイボールや水割りならと同じようなアルコール度数のビールはあります。

クラフトビールの発達によりアルコール度数の幅は大きく広がっています。クラフトビールであれば、5%以上の物もたくさんあるので、「ビールはアルコールが薄くて呑みごたえがない」と思ったらまずはアルコールを基準に選んでみるのもおすすめです♪

サッポロ LEVEL9 [ リキュール 350ml×24本 ]

画像出典:Amazon

サッポロ LEVEL9 [ リキュール 350ml×24本 ]

【アルコール度数】9 %
【ブランド】LEVEL9(レベルナイン)
【原材料・成分】発泡酒(麦芽・ホップ・大麦・糖類) スピリッツ(大麦)
【メーカー名】サッポロビール

   
サントリー 頂 <いただき> [ 350ml×24本 ]

画像出典:Amazon

サントリー 頂 <いただき> [ 350ml×24本 ]

【アルコール度数】8%
【ブランド】頂
【メーカー名】サントリー

【02】ウイスキー同様にビールの香りを楽しもう

ウイスキーが好きな人は香りや味わいにこだわりを持っている人が多いですよね!これはビールでも同じことが言えます。ビールもホップを使用しているということでそれぞれの香りを出すことができますし、クラフトビールなら特に香りにもこだわりを持っているものが多くウイスキー同様楽しむことができます!

また、香りが独特で癖のあるといわれる黒ビールも最近では手軽にコンビニやスーパーで購入でき手に入りやすい環境になっています。黒ビールは癖があり、ビール好き呑んべぇだとあまり好まないという人も多いのですが、以外にウイスキー好き呑んべぇさんは、その芳醇な香りが癖になるという人も多いようです。

確かに、黒ビールの香りはウイスキーとなんだか近い物を感じますよね!

サッポロ ヱビス プレミアムブラック [ 350mlx24本 ]

画像出典:Amazon

サッポロ ヱビス プレミアムブラック [ 350mlx24本 ]

【アルコール度数】5 %
【ブランド】ヱビスビール
【原材料・成分】麦芽・ホップ
【メーカー名】サッポロビール

東京ブラック 350ml×24本

画像出典:Amazon

東京ブラック 350ml×24本

【アルコール度数】5 %
【ブランド】よなよなエール
【メーカー名】ヤッホーブルーイング

黒ビール飲み比べセット350ml缶 12本セット

画像出典:Amazon

黒ビール飲み比べセット350ml缶 12本セット

●サントリー『ザ・プレミアムモルツ 黒』350ml 3本
●サッポロ『エビス ザ・ブラック』350ml 3本
●アサヒ『スーパーDRY ブラック』350ml 3本
●キリン『一番搾り黒生』350ml 3本

【03】海外ビールの面白さはウイスキー同様

国産ビールだけでなく海外ブランドのビールはとても面白い味わいをしています。国それぞれの個性が発揮されています。ヨーロッパのビールは、炭酸が少なく泡が立ちにくいビールです。とても、趣があるビールになります。

世界には100種類以上のスタイルのビールがあるといわれていて、日本国内のビールはその中の本当に一部だけといわれています。日本のビールしか知らないのは、言ってしまえばウイスキーでもバーボンしか知らないというのと同じなのです。ウイスキーだってバーボン以外にもブレンデッドやシングルモルト、スコッチやアイリッシュなど様々な種類がありますよね。

世界のビールを知る事で、より奥が深いビールの味わいを知る事ができるのです!

世界12カ国のビール 飲み比べ 12本セット

画像出典:Amazon

世界12カ国のビール 飲み比べ 12本セット

【セット内容】
■デッドポニークラブ(スコットランド)
■ステラアルトワ(ベルギー)
■ドレハー(イタリア)
■ミラードラフト(アメリカ)
■コロナ(メキシコ)
■エルディンガーヴァイスビア(ドイツ)
■333バーバーバー(ベトナム)
■チンタオ(中国) 
■ビンタン(インドネシア)  
■ライオンスタウト(スリランカ) 
■台湾ビール金牌(台湾) 
■シンハー(タイ)

【04】日本製の安心感と信頼

最近はウイスキーでも、日本の物が注目を集めていますよね。ビールも同様で、世界でも日本のきめ細かい職人の技術が光るビールは人気を集めています。

特に、ウイスキー好きの中でもビール好きの中でも注目を集めているのが”マスターズドリーム<山崎原酒樽熟成ブレンド>”です。「山崎」といって首をかしげるウイスキー好きはもちろんいないと思いますが、あの山崎原酒樽で熟成したビールが”マスターズドリーム<山崎原酒樽熟成ブレンド>”です。

ビールの中でもファンの多いプレモルのシリーズでその旨さは折り紙つきですが、山崎原酒樽で熟成させることでさらにじっくりと味わえるビールが出来上がりました。

【WEB限定】ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム 山崎原酒樽熟成ブレンド アソートセット [305ml×6本]

画像出典:Amazon

【WEB限定】ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム 山崎原酒樽熟成ブレンド アソートセット [305ml×6本]

【アルコール度数】7 %
【ブランド】マスターズドリーム
【原材料・成分】麦芽・ホップ
【メーカー名】サントリー

今日の晩酌は、こだわりのビールにきまり♪


画像出典:https://www.paylessimages.jp

意外と奥が深くて一筋縄ではいかないビールの新しい世界はいかがでしたか?手軽に呑めるビールですが、その裏には以外と作り手のこだわりや個性豊かな味わいと香り、日本にいるだけでは出会えない豊富なスタイルが潜んでいます!

ビールは缶や瓶で呑みきりサイズなのでたくさんの種類を試してみる事ができるし、失敗しても1缶だったらまぁ安心ですよね。さらに、アルコール度数もウイスキーに比べると低めなので、何缶か買って呑み比べもできるのが楽しいですね!

今晩の晩酌は、久しぶりにビールを選んでみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人
ライターN

最新記事

記事バナー3