角が立たない自然な【飲み会の断り方】呑んべぇと言えど本当に呑めない時もある!!

別に飲み会に行きたくないわけじゃないけど、でも今日は、今日だけは外せない用事が…なんて時にどうにか角が立たない断り方はない物か?普段断り慣れていない呑んべぇさんであれば迷ってしまいますよね。今回は角が立たない上手な「飲み会の断り方」をご

  • ライターN
  • 更新日:
124view
favorite
角が立たない自然な【飲み会の断り方】呑んべぇと言えど本当に呑めない時もある!!

飲み会なんて呑んべぇにとっては仕事終わりの楽しみに他ならない!ですよね(笑)呑む為に働いているし、仕事終わりの呑んべぇタイムがあると思うと今日1日をどうにか乗り越えられるものです。そんな、呑み会が大好きな呑んべぇさんでも、「今日はどうしても…」って日があるものですよね。特に毎日ノリノリで参加してればいるほど、「今日はちょっと…」なんて言いにくいのが現実ではないでしょうか。

別に飲み会に行きたくないわけじゃないけど、でも今日は、今日だけは外せない用事が…なんて時にどうにか角が立たない断り方はない物か?普段断り慣れていない呑んべぇさんであれば迷ってしまいますよね。

今回は角が立たない上手な「飲み会の断り方」をご紹介します♪

相手を不快にさせない断り方はまず「ありがとう!!」


画像出典:https://www.paylessimages.jp

飲み会を断る際に、まず気を付けなければいけない事は”誘ってくれたことへのお礼”です。

飲み会を断る時に限らず、まずは相手が自分の事を気にかけてくれたことに「ありがとう!」といいましょう。せっかく誘ったのに、いきなり「今日は無理だ~」といわれるより、「誘ってくれてありがとう!すごくうれしいんだけど、実は今日は~」といわれるのとでは、もちろん後者の方が感じがいいですし「また誘ってあげよう!」という気もちになりますよね。

言い訳を言う前に、まずは「ありがとう!」これが、一番大切なポイントです!

飲み会を上手に断る「言い訳」集!

それはしょうがないかぁ~といわれる「子供を理由にした飲み会の断り方」

子供を理由にした飲み会の断り方は、同僚に家庭を持ちの人が多い場合には、周囲の反感を買うことなく自然にお断りできる成功率が高い方法です。

「夫の帰りが遅いから、家に早く帰って子供を見なきゃいけないの。」「妻が今実家に帰っていて子供の世話があるので。」「事情あって、姉妹や兄弟の子供(姪や甥)を今預かっているため。」そうたびたびは使えませんが、割とすんなり納得していただける理由の一つです。

特に家庭持ちの人は「子供の事はしょうがない」という暗黙の了解がありますから、「今日はちょっと具合悪くて…」「じゃ!アルコールで消毒だな!!」っという感じに裏目に出る事もありません。

どうしても参加できない飲み会は子供の力を借りてみましょう!

自分の事もっと大事にしろよ!と心配さえしてもらえる「体を理由にした飲み会の断り方」


画像出典:https://www.paylessimages.jp

呑んべぇが飲み会を断りたい大きな理由の一つに挙げられるのが「体」に関する事ではないでしょうか。

「二日酔いで今日はキツイ…」というと「そんなときは向かい酒だぁ!」と逆に煽ってしまいますが、「朝から具合が悪くて、今にも吐きそうなんだよ…うっぷ…」というと「え!大丈夫?早くかえって休めよ!」と心配をしてもらえます。今にも吐きそうな病人に飲み会に来られても、周りの人も思い切り楽しめないのは目に見えているのですんなりと引き下がってくれるでしょう。

具合が悪くて断りたい場合は、熱がある咳がある。よりも「吐きそう」の方が効果が絶大ですよ!特に呑んべぇは「吐く」気持ち悪さについては理解がありますからね!

その日だけの体の不調ではなく、「ダイエット中」など健康の事を考えて、飲み会の頻度を減らすために断る場合もありますよね。その場合は、「最近ちょっと体調崩しちゃって、病院行ったら酒の呑みすぎだっていわれちゃったよーお前も気を付けた方がいいよー」なんて【正直に言う+相手にも注意を促す】ようにすると効果があります。

この場合、「飲み会は月に2回ぐらいにしたいけど、飲み会はすごい好きだからまた誘って!」というと相手も自分と呑むのが嫌なのではなく、本当に体に気を使っているんだなぁと思い悪い気分にはさせずに済みますよ。

深入りできない「法事がある。という飲み会の断り方」


画像出典:https://www.paylessimages.jp

よく会社を欠席するときに「身内がなくなりまして…」なんて言う事がありますが、その延長線上で「今日は法事が…」なんて言って断る場合もあります。

「法事が…」といわれれば、「あ…そっか…なんかごめん」みたいな雰囲気になるので、しつこく「いいじゃん!いいじゃん!行こうよ~」なんて風に誘われることはないでしょう。ただ、「法事」といわれると、日本人のさがなのか「いや、これ嘘だろう…?」という気持ちがどうしても湧いてしまうんですよね。そうすると「この人、自分とは呑みたくないのかな?」という不信感を相手に抱かせてしまう場合もあります。

そうなってしまうと、最悪次に誘ってもらえなくなってしまう可能性もあるので「法事」は諸刃の剣だと思っておきましょう。

【番外編】飲み会へのお誘いを断られた場合はすんなり引き下がろう!

画像出典:https://www.paylessimages.jp

飲み会が大好きな呑んべぇからしてみれば「飲み会を断るなんて、実は行きたいくせにすんなりOKを出しずらいんだろう!」なんて思うかもしれませんが、中には飲み会があまり好きではない人がいるのも事実です。

お酒は呑めないけど、呑み会の雰囲気は好き!という人ならいいのですが、お酒が1滴も呑めないからそもそも雰囲気を楽しめない…という人にとって飲み会は正直苦痛です。そんな人を断っているのにしつこく誘うと、こちらは気を使って誘ってあげているつもりでも「しつこくて迷惑な人」というレッテルを貼られかねません。

一度断られたら、「そっか、また今度!」といってすんなり引き下がるようにしましょう。普段は頻繁に飲み会に参加していたり、「今日だけは本当に無理なんだぁ!」という人であればまた次の飲み会がある時は積極的に誘ってあげればもちろん参加してくれます。

本当に飲み会に参加したくない人の場合は、数回誘ってみればなんとなく雰囲気を感じ取れるので誘わないようにするのがベターでしょう。飲み会が本当に嫌な人の場合、毎回誘われるのを断る事すらストレスとなってしまう場合があります。会社の同僚であれば、「会社だけでの付き合い」と割り切った、大人の関わり方をする方がお互いに嫌な気持ちにならずに済みますよ!

とはいえ、飲みニケーションといわれるようにお酒は楽しく会話を楽しみながら呑むのが体にも、心にもいいです!飲み会が大好きな呑んべぇさんは、飲み会が嫌いな人ではなく大好きな人を集めて楽しくお酒を楽しみましょう!

この記事を書いた人
ライターN

最新記事

記事バナー3

関連するタグ