【ビール・発泡酒・新ジャンルの違い】呑んべぇならもちろん説明できますよね?

やっぱり呑んべぇとしては「ビール・発泡酒・新ジャンルの違いって?」という問いに答えられないのは悔しい所ですよね。今回は、最近やっとビールが呑めるようになった私、ビール初心者あーちゃんが同じく初心者でもわかるように解説します!

  • あーちゃん
  • 更新日:
481view
favorite
【ビール・発泡酒・新ジャンルの違い】呑んべぇならもちろん説明できますよね?

「とりあえずビールで!」で始まるほど、呑んべぇが大好きなお酒がビールですよね。

ビールは高くて毎日は買えないけど、発泡酒なら毎日楽しめる!ビールを呑むとなるとカロリーや健康が気になるけど新ジャンルなら気にせず楽しめる!という声があったり、はたまた、発泡酒と新ジャンルなんてビールとは呼べない!!という人もいたり…

正直、ビールの変わりに発泡酒や新ジャンルを呑んでるわけだから、そこまで違いを感じないし…なによりおいしくいただいていますし…なんて思いながらもやっぱり呑んべぇとしては「ビール・発泡酒・新ジャンルの違いって?」という問いに答えられないのは悔しい所ですよね。

今回は、最近やっとビールが呑めるようになった私、ビール初心者あーちゃんが同じく初心者でもわかるように「ビール・発泡酒・新ジャンルの違い」についてシェアします♪

※今回の記事内容はすべて日本国内でのお話しです※

そもそもビールの定義ってなに?ビール・発泡酒・新ジャンルの違いは原料と税金だった!

日本のビールの定義は味ではなくて「原料と税金」!

ビール・発泡酒・新ジャンルの違いってなに?そう聞かれてビール初心者の私がまず思い浮かぶのは「味?値段?」です。

実際に季節によって呑むビールの銘柄を変えているというほどのビール好きにビールと発泡酒・新ジャンルを呑み比べてもらうと「やっぱりビールとは違う」という返事が返ってきたので、初心者としては「やっぱり違いは味なのかぁ~」っと思いがちですが、実は違いは味ではありませんでした。

っというのも、海外では「ビール」と定義されている物でも、日本では「発泡酒」という表記になってしまう銘柄があるのです。それはなぜかというと日本と世界の”ビールの定義”が違うからなんです!

日本のビールの定義

日本で「ビール」と呼べる銘柄は

・麦芽比率50%以上
・副原料の重量の合計は、使用麦芽の重量の5%の範囲内

であること、とされています。

さらに副原料として使用できる材料も、めちゃくちゃこまかぁく指定されています!

【ビールの一例】
アサヒスーパードライ、キリンラガービール、サントリーザ・プレミアムモルツ、サッポロ黒ラベルなど

日本の発泡酒の定義

一方、発泡酒の定義はというと…

・麦芽比率50%未満
・麦芽比率50%以上であっても、ビールに使える原料以外の原料を使用したもの
・麦芽比率50%以上であっても、規定量を超えて副原料を使用したもの
※但し、 蒸留酒等を原料に含むものを除く。

となり、ビールと同じ原料でつくられていたとしても、麦芽使用比率が50%に満たなかったり、ビールに認められていない原料を用いると、発泡酒になります。

【発泡酒の一例】
キリン淡麗、アサヒスタイルフリー、サッポロ北海道生搾りなど

日本の新ジャンルの定義

新ジャンルといえば、第3のビール・第4のビールとさらに分類する事ができます。
第3のビールは麦芽を用いず、大豆やえんどうといった穀類、糖類などの原料を発行させた物の事をいいます。

【第3のビールの一例】サッポロドラフトワン、キリンのどごし生など

第4のビールは、酒類と糖類などを原料としてつくられたものや麦芽比率50%未満の発泡酒にスピリッツを加えたもの等が挙げられます。

【第4のビールの一例】クリアアサヒ、サッポロ麦とホップ、サントリー金麦など
※缶には新ジャンルとは表記されていません

ビール・発泡酒・新ジャンルの味の違いはどうなの?

定義がわかった所で、次に味の違いに注目してみましょう!ビール好き呑んべぇさんだと「味の違いなんて絶対わかる!!」と豪語する呑んべぇさんが多いのですが、いざ呑んべ見ると「あれ??」っとなる場合も多々あるようです。

そんなときは、以下のポイントに注目して呑んでみてくださいね!

ビールと発泡酒の味の違い

ビールに比べると作り方に自由度が高く個性が出しやすいとも言えるのが発泡酒です。しかし、人によっては「コクが薄い」「味が薄い」「炭酸が強い」などと低評価をする人もいます。

いっぽうで海外ではビールと呼ばれている物でも、日本では発泡酒という表記になってしまうほど、ビールとの味わいに違いが少なく「正直違いがわからない!」という呑んべぇさんもいます。

正直な所、ここはそれぞれの好みになるのではないでしょうか。実際、発泡酒はビールに比べるとあっさりとした味わいである為、女性からは高評価を受ける場合も多いのです。

さらに、「麦芽比率50%以下」であればビールに比べて酒税が安く、ビールよりお手頃価格の銘柄が多いです。

ビールと新ジャンルの味の違い


酒税が一番安いので、呑んべぇさんにとっては一番身近なお酒かもしれませんが、作り方に注目すると「ビール」とはかけ離れていて、ビール好き(特に女性)呑んべぇさんからは「これはビールじゃない!」といわれてしまいがちな部類でもあります。

ただ、ビールとして呑むと違いが際立って違和感を感じますがビアカクテルだと思って呑むとビール風味のお酒としておいしく頂けます!

実際に普段ビールは呑まないけど、ウィスキーや焼酎を愛飲している呑んべぇさんは「おいしい!」といってグビグビ呑んでいました。

アルコール度数も、ビールであれば4度程度ですが、新ジャンルであれば9%と強めな物もあるので普段強めのお酒を呑みなれている呑んべぇさんには缶で手軽に買えて呑み切りサイズな所がうれしいお酒なのです。

さらに、ビールに比べカロリーが低い場合が多いので日々のお供には新ジャンルという呑んべぇさんも多いようです。

ビール・発泡酒・新ジャンルは自分の好みやシチュエーションで呑み分けるのが正解♪

ここまで、ビール・発泡酒・新ジャンルの違いについてお話ししてきましたね。ちょっとした場でのうんちくとしては十分お役立ていただけるのではないでしょうか(笑)

うんちく用の話題として、「ビールはこう!発泡酒はこう!」と語るのは良いのですが、くれぐれも「発泡酒はビールとこう違うからおいしくない!発泡酒を呑む奴なんてビール好きとは言えない!」なんて言うのはやめましょうね!

ビール・発泡酒・新ジャンルはそれぞれに良さがあって、各々の味の好みによっておいしいかおいしくないかは決まります。どれが良くて、どれが良くないというものではないので、あくまでも作り方、原料、味の違いについて披露するだけにとどめましょう!

特に、発泡酒や新ジャンルを呑まず嫌いのビール好き呑んべぇさんは一度、発泡酒や新ジャンルを呑んでみると新しい味わいに出会えたり、改めてビールのおいしさを再発見できてよりビールが好きになれるかもしれませんよ♪

是非、今日の晩酌はちょっと奮発して、ビール・発泡酒・新ジャンルを呑み比べてみてくださいね♪

この記事を書いた人
あーちゃん

最新記事

記事バナー3