知ってる?ワインの開け方のコツ☆簡単なコルク抜きで楽々♪

せっかく買ったちょっと特別なワインは、丁寧にコルク抜きをしておいしく頂きたいですよね!今回は、簡単なコルク抜きの方法とワインの開け方のコツをご紹介します♪

  • あーちゃん
  • 更新日:
1,529view
favorite
知ってる?ワインの開け方のコツ☆簡単なコルク抜きで楽々♪

スーパーなどでお手軽に買えるワインであれば、だいたいがキャップタイプで簡単に開けられますが、たまにちょっと奮発して良いワインを買ってみたらコルクで全然開けられない!!何てことありませんか?

非力な女性はワインのコルクを抜くだけで、全エネルギーを使うほどかなり大変な作業ですよね。

しかもどうにかコルクを抜いても、コルク自体がボロボロで最悪ワインのなかにコルクが入ってしまった!なんて大惨事を引き起こすことも…

せっかく買ったちょっと特別なワインは、丁寧にコルク抜きをしておいしく頂きたいですよね!今回は、簡単なコルク抜きの方法とワインの開け方のコツをご紹介します♪

ワインの開け方♪必要な道具を知ろう!

ちょっとお高いワインは、必ずと言っていいほどコルク抜きが必要になります。このコルク抜きには、必ず道具が必要です。ここでは、ワインを開けるときに使う道具についてご紹介していきますね!

ソムリエナイフ

ワインのコルク抜きといわれて、一番一般的でイメージされやすいのが「ソムリエナイフ」ではないでしょうか?
テコの原理を利用してコルクを抜くタイプで、ソムリエナイフでさらさら~とワインのコルク抜きができたらかなりかっこいいですよね!力がそれほど必要なく、コツを掴めば簡単に開けれられますが、コツをつかむまでがかなり苦戦します!

Sugoiti ソムリエナイフ コルク抜き ワインオープナー

Sugoiti ソムリエナイフ コルク抜き ワインオープナー

【ソムリエナイフ サイズ】サイズ: 約12×3×1.5cm(収納時) 重さ:約100g 材質: ステンレススチール+ウッド
【高品質ステンレス】ソムリエナイフの素材はステンレスですから、実用度、耐久性共に抜群です。
【2段階式デザイン】2段階式デザイン、長いコルクも簡単に抜栓することが出来る、人気のソムリエナイフ。ワインだけなくて、ビールの栓抜きとしても使えます。フォイルカッター機能も付いてます。
【簡易梱包 】簡易梱包の製品になります。ギフト・贈り物よりはご自宅用に適してます。
【注意】安全のためにぜひ子供が触らないところに置いてくださいますようお願い申し上げます。
【画像出典】Amazon

レバー式コルクスクリュー

スクリュー部分をコルクに刺すことで両側のレバーが開き、それを同時に引き下げることでコルクを引き抜きます。
力が弱い方や初めての方にもワインボトルが開けやすいです。

パール金属 make a good メタルウイング コルク抜 C-4870

パール金属 make a good メタルウイング コルク抜 C-4870

【メーカー型番】C-4870
【サイズ】 (約)幅75×奥行50×全長185mm
【重量】 (約)270g
【材質】 樹脂部/ABS樹脂(耐熱温度70度)、レバー・栓抜き/亜鉛合金(ニッケルめっき)、スクリュー/鉄(ニッケルめっき)
【画像出典】Amazon

シングルアクション型ワインオープナー

コルクスクリュー部分をコルクに差し込み回していくと徐々にコルクが上がり、簡単に開けることができ、1つの動作で済みます。

電動式ワインオープナー

人の力を使わずにワインボトルを開けます。
ワインボトルにセットしてスイッチを押すだけでコルクが抜けるのでどんな方でも失敗なくワインボトルを開けることができます。

Rosefray 電動ワインオープナー USB充電式 簡単便利 ワイン栓抜き 真空ボトルストッパー搭載 ワインコルク抜き フォイルカッター 日本語取扱説明書付き

Rosefray 電動ワインオープナー USB充電式 簡単便利 ワイン栓抜き 真空ボトルストッパー搭載 ワインコルク抜き フォイルカッター 日本語取扱説明書付き

【セット内容】電動ワインオープナー×1 ワインフォイルカッター×1 ボトルストッパー×1 USB充電ケーブル×1 日本語取扱説明書×1
【画像出典】Amazon

特別なワインを美味しく呑もう♪ワインのコルク抜きに挑戦!

コルク抜きに使う道具がわかったら、さっそくワインのコルク抜きに挑戦してみましょう!

まずは、ワインボトル上部にあるキャップシールを剥がします。シール自体は直接剥がすこともできますが、ソムリエナイフを使ってキャップシールの外周に切れ目を入れて剥がすと綺麗にできますよ!

キャップシールを剥がした後はナプキンでコルク栓の汚れを拭いておきます。

ここで、上記で紹介したコルク抜きの道具の登場です!コルクスクリューの先端をコルク栓に差し込んでいきます。

斜めに入ってしまうとコルク栓が折れてスムーズに開けられなくなるので、差し込む時にコルクスクリューがしっかりと垂直になっているか確認し、ねじ込みましょう。

ソムリエナイフを使う場合は、差し込む深さは浅すぎず深すぎない適度な深さで差込みましょう。コルクスクリューにしっかりと刺さったら、いよいよコルク栓を抜いていきます。

コルクを回して上手く開かない場合はワインボトルを回すようにすると抜きやすいですよ!コルク栓を抜いたらワインボトルの口をナプキンで拭き取ります。

【豆知識】スパークリングワインやシャンパンの開け方

スパークリングワインやシャンパンを上手く開けるポイントは「冷やすこと」です。

冷やす作業はとても重要で、スパークリングワインやシャンパンは気泡があるワインなのですぐに開けると泡が出てしまいます。冷やす作業を事前にしておくことで開封時に急に泡が出てしまうのを防ぐことができます。

ボトルがしっかりと冷えたら、ボトルの上部に付いているキャップシールを剥がします。この時に、大きめに剥がしておくのが良いです。
キャップシールを剥がすとコルクを抑えている針金があります。

ここからは親指で常にコルクの上部を押さえておいて、このまま針金を緩めていきます。完全に外さず、針金を緩ませた状態になったらコルク栓を抜きます。

コルク栓を親指で押さえたままボトル側をゆっくりと回しながら徐々に抜いていくのがポイントです。コルク栓が段々上がっていくので中のガスを抜きながらゆっくり回し、ガスが十分に抜けたらコルク栓を静かに抜きます。

【番外編】やばい!!コルク抜きが無い!!場合のワインの開け方

ワインのコルク抜きには必ず道具が必要とお話ししましたが、実は、コルク抜きが無い場合でもワインボトルを開ける方法があります。

結構荒業なので、BBQなど野外でどうしてもコルク抜きの道具がない場合に苦肉の策として使ってみてくださいね!

まず準備していただきたいのが「靴」です。スニーカーでも革靴でもOK!

ワインボトルを靴の踵部分に入れて合わせます。ワインボトルに靴をはかせるような形にして、そのまま靴の踵部分を壁や木などに向かってぶつけます。

ぶつけていくうちに横向きになっているワインコルクが徐々に抜けていきます。ある程度抜けたら手でコルクを引き抜きます。

空洞現象という物理現象を利用したもので、ワインを靴の踵部分に入れて壁に叩きつけていくことで、ボトル内の液体に圧力差が生まれます。叩きつけてワインの中で圧力差を作り、短時間に泡を発生と消滅が起こる現象によりコルクが徐々に抜けていき、ワインボトルを開けることができます。

ワインボトルを壁に直接叩きつけると割れてしまうので、割れないようにするために靴を利用して、踵の靴で一番強い部分にワインボトルを入れて壁に叩きつけることで道具が無くても割ること開けられますよー!

この記事を書いた人
あーちゃん

最新記事

記事バナー3