【ワイン】と料理のマリアージュ♪種類によって違う相性と組み合わせはこれ!

今回は、種類ごとのワインの特徴や製造方法についてとワインの種類によって合う料理についてご紹介します!

  • あーちゃん
  • 更新日:
475view
favorite
【ワイン】と料理のマリアージュ♪種類によって違う相性と組み合わせはこれ!

赤ワイン・白ワイン・ロゼワインにスパークリングワイン…ワインの種類にはさまざまなものがありますよね。多種多様に渡るワインは、どのワインを選んだら良いのか分からないと悩む方も多いのではないでしょうか?

さらに、ワインは製造方法や原材料によって大きく4つに分けることができます。

スティルワイン、スパークリングワイン、フォーティファイドワイン、フレーバードワインという4つの種類に分けられます。初心者にとっては、それだけでだいぶ頭が痛くなってきますよね(笑)今回は、種類ごとのワインの特徴や製造方法についてとワインの種類によって合う料理についてご紹介します!

【ワインの種類】スティルワインの特徴って?

スティルワインは非発泡性ワインとも呼ばれており、炭酸ガスを含まない状態で製品化したものです。

ブドウ果汁を発酵する際に発生する二酸化炭素つまり炭酸ガスを取り除いた状態で作られるワインです。多くの方に親しみのある一般的なワインと言えば、スティルワインのことを指します。

代表的なものとして赤ワイン、白ワイン、ロゼワイン、アイスワインがあり、アルコール度数は9度から15度程度となります。白ワインはブドウの皮に色が付いていないものや色の薄いものを原料とし、果汁だけで搾ったブドウジュースを発酵させて作ります。

赤ワインはブドウの実をそのままアルコール発酵させて作ります。ロゼワインは赤ワインに使用するブドウを搾って作るものと赤ワインの製造過程においてピンク色に色づいたところに果汁だけを取り出して発酵させる方法で作ります。

アイスワインはブドウから水分を除き、凝縮した果汁から作られるワインで、甘く仕上がります。

【ワインの種類】スパークリングワインの特徴って?

スパークリングワインは製造過程で炭酸ガスを中に封じ込めた発泡性のあるワインで、シュワっとした口当たりが特徴です。

ワインは発酵過程で炭酸ガスを放出します。一般的なワインでは炭酸ガスを出して作りますが、スパークリングワインの場合は発酵しきっていない炭酸ガスが出されている途中の段階で瓶詰めしたり、人工的に二酸化酸素を加えて作り、炭酸ガスを瓶に封じ込め、内部の圧力を高くしたワインです。

スパーリングワイン
の代表的なものとして「シャンパン」があります。フランスのシャンパーニュ地方で作られるスパークリングワインのみをスパークリングワインと呼ぶのですが、使えるブドウの品種もピノノワール、ピノムニエ、シャルドネしか使用できず、細かい泡立ちが特徴です。

シャンパーニュ地方以外で作られ、シャンパンと同様の方式で作られるスパークリングワインとして「クレマン」も挙げられます。シャンパンと比較すると香りが強いものもあり、個性が強いスパークリングワインです。

【ワインの種類】フォーティファイドワインの特徴って?

フォーティファイドワインはワインの製造過程やベースとなるワインにブランデーなどの蒸留酒を添加したものです。

日本では「酒精強化ワイン」とも呼ばれ、全体のアルコール度数を15度から22度と高いのが特徴です。アルコール度数を高めることでワインのコクを引き出し、保存性を高めています。

ワインを作る過程においてアルコールを後から加えてアルコール度数を高めて作られたワインですが、もともとは気温が高いといった温度管理の難しい地域で腐敗や酸化から守るために作られていました。シェリー、ポートワイン、マルサラが代表的なものとして挙げられます。

シェリーの中でも熟成の度合いが違ったり、ポートワインは発酵途中でブランデーを加えます。

マルサラはブランデーを加えて作るのはポートワインと同じですが、3ヶ月から6ヶ月加熱処理後にブランデーを加えます。種類の中で作り方や熟成度合いが幅広いのもフォーティファイドワインの特徴です。

【ワインの種類】フレーヴァードワインの特徴って?

フレーヴァードワインはスティルワインに薬草や果汁、香辛料、甘味料を加えて独特の風味や香りをつけたワインのことです。

ワインに対してハーブ、スパイスなどの蒸留酒や果汁や浸出液などを加えて作るのが特徴です。食前酒や食後の酒やカクテルの材料として使われることが多く、香り付けワインとも言います。

代表的なものでサングリアやヴェルモットがあります。サングリアは比較的なじみのあるもので、ワインに対してレモン果汁やオレンジを加えています。

ヴェルモットは15種類から40種類の香草を加えて、さらにスピリッツを配合させたものです。

白ワインにカシスを加えて作られた「キール」もフレーヴァードワインとしてオーソドックスなものとされています。ブドウ以外の果物で作った「フルーツワイン」もフレーヴァードワインの1つです。

リンゴ、モモ、さくらんぼ、イチゴ、キウイ等が使われていて、リンゴを材料としたシードルは世界的にも有名です。

ワインと料理のマリアージュを楽しもう♪種類ごとに相性の良い組み合わせ

ワインは種類が豊富で味わいも種類によって大きく異なります、そのためワインの種類により合う料理が違っています。よく赤ワインはお肉、白ワインはお魚、なんて言いますよね?

ワインは酸味、甘味、渋み、果実味、旨味が混在し、香りの成分もさまざまなので、料理とワインを引き立て合うようバランスを重視するのがポイントです。

基本的な合わせ方として、酸味が強いワインには酸味の強い料理、濃いワインには濃厚な味の料理と合わせます。

選び方の簡単なポイントとして、ワインと料理の色が似たものを合わせることです。例えば、赤ワインには牛や子羊の赤身肉、白いワインには白身魚や豚や鶏肉のような白身肉と合わせるのが理想です。また、エビ、生ハム、サーモンと合わせるのもおススメです。

肉料理の中でもこってりとした味付けのものは赤ワインと相性が良く、クリームソースやハーブ、レモンなどを使った味付けには白ワインと相性が良いです。

その他にも、ちょっとおしゃれな合わせ方としてワインと料理の産地を合わせるのも良いですね。やはり地元が同じってだけで気が合いますよね(笑)イタリア料理にはイタリアのワイン、フランス料理にはフランスのワインと産地が同じものを組み合わせると安定感が生まれ、ワインとの相性も良いです。

たとえば、和食であればさっぱりとした味わいのワインが合う事が解りますよね。赤ワインであってもライトボディーだったり、白ワインだったら辛めの物だったり…いろいろなワインを試しながら、「このワインにはこんな料理が合うんじゃないか!?」なんてワイン日記をつけてみても楽しそうですね♪

味覚って人によってちがうので、一概にこのワインはおいしい!とか、このワインには絶対にこの料理!と言えないのが楽しいところではないでしょうか?自分だけの最高のワインと、そのワインとの最高なマリアージュを考えれば、それだけでもっと食事とワインがたのしくなりそうですよね♪

奥の深いワインライフをおいしい料理とのマリアージュで楽しんでくださいね!

   
この記事を書いた人
あーちゃん

最新記事

記事バナー3