安くておいしいワインの選び方!初心者でも簡単に楽しみたい!

安いワインの上手な選び方と美味しく飲むコツを紹介します。

  • ライターN
  • 更新日:
1,378view
favorite
安くておいしいワインの選び方!初心者でも簡単に楽しみたい!

初心者にとってワイン選びはなかなか難しいですよね。

詳しい人であれば、産地やブドウの品種で選びますが初心者にそんな難しいことは無理!そんな呑んべぇさんにおすすめな簡単にコスパなワインを選ぶ方法をご紹介します!

安いコスパワインなら「新世界」と「Amazon」は初心者の味方!

ワイン初心者で「どこで何を買えばいいかわからない!!」のであれば、まずはサクッとAmazonを開いて「新世界 ワイン」で検索するのが簡単でおすすめです。

ワイン初心者がワインを選ぶ時、一番困惑するのが呪文のような言葉の数々ではないでしょうか。”ブルゴーニュ”だの”ピノノワール”だの”フルボディー”だの…ラベルを見れば見るほどわからな過ぎて目まいを起こすのではと思ってしまいますよね。

ワイン好きは産地やブドウの品種でこだわってワインを選びますが、初心者である私たちは「失敗しそう…」で呪文を読解するのすらすこし不安になってしまいます。

失敗する事を怖がって美味しいワインが呑めないのは悲しい…でも自分で選ぶのには時間がかかりすぎるし正直面倒…そんなワイン初心者のお悩みを解決してくれるのがAmazonなんです!

Amazonはこちら

Amazonの検索で「新世界 ワイン」と検索すると、1,000円台で”金賞受賞”や”世界ソムリエコンクール出場ソムリエも認める”などコスパがよさそうなワインがずらっと並びます。

あとは、赤ワインなのか白ワインなのかスパークリングワインなのか…自分の好きなワインを選ぶだけ!Amazonであれば、送料も1,000円台のワインを2本程度買えば無料になりますしスーパーや酒屋さんに行って一人でワインとにらめっこしながら選ぶより、スマホでサクッとAmazonで検索して購入する方がスマートですよね。

Amazonはこちら

ちなみに「新世界って何?」という場合は以下の記事を参考にしてみてくださいね。

   

今すぐ安いワインがほしいなら「チリ産」がおすすめ!

先ほどはインターネットの「Amazon」から安いワインを探す方法をお伝えしましたが、「ネットで買ったら届くまで時間がかかるじゃないか!今すぐ安くて美味しいワインがほしいんだ!」という呑んべぇさんもいますよね。

そんなときは、スーパーやコンビニに駆け込んで”チリワイン”を購入するのがおすすめです。

先ほどもご紹介した”新世界”というキーワードはワイン作りの方法で分けたカテゴリー名になります。

私たちワイン初心者が思い浮かべる「ワイン」といえば、ヨーロッパのフランスやイタリアですよね。ワイン作りに長い歴史があり、いわば”老舗”のようなイメージの国々で作られるワインを”世界”と言います。

一方で、革新的な製法で作られるワインを”世界”といい、チリ・アメリカ・ニュージーランド・オーストラリア・南アフリカ共和国・アルゼンチンなどの国々で造られます。

中でも、チリワインは「EPA(経済連携協定)」という協定が日本との間で結ばれていてなんと関税が2019年4月から0%になっているので品質が良く美味しいワインが安くお得に呑めるのです。

いくらワイン初心者といえど、ワインのラベルから生産国をチェックするのであれば簡単にできますし後は値段を見て予算以内であれば悩まずに購入できます。

それでも迷ってしまいそうなら、スーパーやコンビニで多く取り扱われているコスパ最強ワインと名高い【アルパカ】を選ぶのがおすすめです。

サンタ・ヘレナ・アルパカ カルメネール [ 赤ワイン チリ 750ml ] 出典:Amazon

サンタ・ヘレナ・アルパカ カルメネール [ 赤ワイン チリ 750ml ]

内容量:750ml
合う料理:肉料理全般
原産国:チリ

かわいらしいアルパカのイラストが目印なので見つけやすいです。

赤ワインや白ワイン、店舗によってはロゼもあるので、自分の好きな物でチャレンジしてみましょう!

え!?○○を入れると安いワインが100万円の高級ワインに?


「ありえへん∞世界」(テレビ東京系)では、安い食材を高級品に変身させる裏技が紹介されます。その中で、安いワインを高級ワインのような味にする裏技も紹介されていました。

その方法は、なんと”割りばし”をワインボトルの中に詰めるというにわかには信じられない方法…ワインファンからは「割りばしのにおいになりそう…」なんて非難の声も聞かれますが、実際に番組内では田園調布セレブが1本980円の「割りばしワイン」と1本100万円の「ラ・ターシュ」を呑み比べた結果「割りばしワイン」を高級ワインと勘違いしたセレブが続出!

「セレブっていったって味がわかってないんじゃない?」なんて思ってしまいそうですが、信じるか信じないかはあなた次第!私たち一般人は1本100万円のワインなんてなかなか飲む機会に巡り合えないですし…セレブ気分でワインボトルに割りばしを突っ込んでみるっていうのも1度ぐらい試してみてもいいのではないでしょうか?

番組内では人気料理店「ラ ゴッチャトウキョウ」のオーナーソムリエ・龍花和輝さんが「割り箸から染み出る木の香りが、樽で熟成される高級ワインの風味を生み出しているので、理にかなった裏技だと思います」と解説もしており一度試してみる価値はありそうです。

ちなみに、割りばしは竹製の割り箸ではなくひのきや杉でできた割り箸の方がおすすめとのことです。

割りばしワインの作り方

①割りばしを10本用意
②ワインボトルの中に詰め込む
③10分間放置
高級ワインのような味わいに大変身!

なにはともあれ!自分の好みを知るのが一番大事!

ここまで、安くて美味しいコスパワインの選び方についてご紹介してきましたが結局のところ”美味しいか美味しくないか”を決めるのはあなたの舌しだい!まずは自分の好みを自分自身でしっかり知っておくことがとても重要です!

例えば、柑橘系の香りが好きなのか、渋みが控えめなワインが好きなのか…などおいしいワインと言ってもおいしいと感じるポイントはそれぞれ違います。

一度買ってみて美味しかったワインは、ぜひ店内のポップやネットでの説明文を読んで「このワインはどういうところが特徴なんだろう?」というのを覚えておくと、新しいワインにチャレンジするときに同様のキーワードが書いてあるワインを選べばいいのでワイン選びがより楽しくなります。

自分好みのキーワードがかかれていれば、あとは価格を見ながらお財布と相談!お安いワインならぜひチャレンジしてみたいですね!

   
この記事を書いた人
ライターN

最新記事

記事バナー3

関連するタグ