ワインを通販で購入するメリットや通販業者の選び方

  • メンバー
  • 更新日:
165view
favorite
ワインを通販で購入するメリットや通販業者の選び方

ワインはスーパーやコンビニなど実店舗で売られているのを自分の目で見て選ぶ方が良さそうに思われますが、実は通販で購入した方がおススメなのです。
通販なら品揃えや品切れの心配もなく、実店舗で買うよりも安く買えることの方が多かったりメリットも大きいです。
そこで、通販でワインを選ぶメリットや選び方について紹介します。
通販を上手く使えば良いワインを安くお得に購入でき、重たいボトルを持って帰る手間も省けるので利用する価値は十分にあります。

ワインを通販で購入した方が良い理由1「保存や保管状態が良い」

実店舗の中でもデパートやワイン専門店のような場所では保管状態はそれなりに整っていることもありますが、身近なスーパーやコンビニは照明が明るすぎることが多く、季節問わずいつまでも棚ざらしのままという環境下で売られている場合の方が多いです。
ワインは光に当たってしまうと劣化するスピードも早くなり、せっかく良いワインであっても照明によって劣化が徐々に進んでしまっているなんてことも有り得ます。
実店舗で目で見て選んだ方が安心なようですが、全ての店舗がワインにとって良い環境で売られているとは限らないのです。
通販だったら保管状態がベストな状態から届けてくれるので、よりワインを美味しい状態を維持して手元に届けてくれるのです。
ワインをベストな状態で届けてくれる通販はワインによって保存や保管が良い状態から発送してくれるのでより美味しくワインを楽しむことができ、ワインの味や質が落ちることなく、良い状態で楽しめます。

通販でワインを購入した方が良い理由2「店舗よりも豊富な品揃え」

美味しくて良いワインは生産量が限られてしまうため、お店に届けられる量が少なくなります。
実店舗の場合は専門店やデパートだったらある程度確保できても、スーパーやコンビニなど身近な店では希少価値のある良質なワインは並ぶことは少ないです。
通販ならそうした心配は少なく、限られた生産量の中から確保してもらえるので、実店舗に行ったら売り切れだったとか、品揃えが少なくて思ったワインが買えなかったといったことは無いのです。
美味しくて良いワインは生産量が限られ、その中でも世界中の愛好家に注目されているものであれば割り当て量が限られ、実店舗に回ってくる量は必然的に少なくなります。
ですが、日本全国に顧客を持つ通販ショップだったら輸入業者からある程度の数を割り当ててくれるので、美味しくて良いワインを手に入るチャンスが広がります。
通販は良いワインを確保できる量も店舗より多くなるので、それだけ品揃えを豊富にできるのです。

ワインを通販で購入した方が良い理由3「実店舗より安く購入できる」

実店舗ではワインを売るための広告宣伝費、ワインを販売する人員の確保、店舗の売り上げを維持する費用がかかり、コストが高くなります。
しかも店舗でワインを値引きして販売するといったことは無く、ワインは高いものというイメージが強いです。
ですが、通販は実店舗とは違い広告費や店舗の維持費、人件費がかかりません。
その分、コストを安く抑えられるので実店舗と比較して安い値段で購入できるのです。
通販側としてもお客様を自社に取り込みたいと考えているので、割引サービスや顧客向けのサービスで還元されます。
そうしたサービスを通して通販側の評価も上がり、固定客の質を高めことにもつながるので良質な口コミが集まりやすいです。
通販は広告費店舗の維持費や人件費がかからない分、固定客に対して割引サービスや顧客向けのサービスの向上につながり、安い価格で良いワインを買うことができるのです。
広告や維持にかかる費用、人件費をかけずに運営できる通販なら実店舗よりも安くお客様に提供できます。
固定客を逃さないようにサービスをしている場合も多いので通販で頼んだ方がコスパが良いと言えます。

ワインを通販で購入した方が良い理由4「安定した供給がある」

実店舗は一定の品質のワインを安定して提供することを目的としてる場合が多いので、売り上げデータで分析された、その店で売れているワインを一括して仕入れる方法です。
なので、実店舗で購入できるワインの種類が限られてしまい、安定した供給をメインとすると大量生産に向いたワインに偏る傾向になります。
実店舗だと同じようなワインが並んでる場合も多く、似た様な品揃えとなる傾向があります。
専門店だとそういったことは少ないですが、人気の商品となると輸送の関係で専門店でも安定した供給が難しくなることもあります。
通販であれば、輸送業者から数を確保できる優先順位が高くなるので、人気のあるワインを安定した状態で提供し続けることができます。
通販は維持費や広告宣伝費、人件費といった実店舗でかかるコストを抑えられるので大量生産に向いたワインだけでなく、希少価値の高いワインも確保できるチャンスも広くなり、通販なら実店舗と違い大量のワインを確保できる環境にあるので、ワインの種類や品数を豊富に取り揃えられるのです。

ワインを通販で購入する際、どのような通販業者を選ぶと良いのか?

通販は実店舗にかかるコストがかからず、希少価値の高いワインを確保できる可能性も高いといったさまざまなメリットがありますが、ワインを通販で購入する際にどういった業者を選ぶのが良いのかを知っておく必要があります。
選ぶポイントは、ワインの収容能力が高い巨大な倉庫を確保しているところであれば、色々な種類のワインを大量に確保しても収容できる環境が整っているかどうかをチェックします。
収容能力の高い保管倉庫を自社で保有しているところもあるので、そういったところなら必ずサイトにワインの保管体制についてしっかりと明記されているので、自社の保管状態についてきちんと明記されているかどうかもチェックすべきポイントです。
よって、自社のワインの保管体制について明確になってるところを選ぶのがおススメです。
ワインは温度管理が大切なので、クール便で届けてくれるかどうかも選ぶポイントになります。
配達に使うトラックや車の中は高温になりやすいので特に暑い時期は温度が高くなり、コルクが盛り上がってしまうことがあるので、クール便で届けてくれる業者であると安心と言えます。
ですが、クール便で届いたワインが届いてすぐ箱から開けるとクール便と家の温度変化によりワインの質が落ちるので、しばらく箱に入れたままにして家の室温に慣らしておくとより美味しくワインを頂けます。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3

関連するタグ