【獺祭】等外の心意気!あの味でこの値段!?評判の秘密

今回はコストパフォーマンス最高な【獺祭】等外のご紹介です♪

  • あーちゃん
  • 更新日:
287view
favorite
【獺祭】等外の心意気!あの味でこの値段!?評判の秘密

日本を代表するお酒といえば、やっぱり日本酒ですよね。日本には多くの米どころがあり、たくさんの県で作られています。

中でも有名なのが計算しつくされた、理系の日本酒として知名度を上げた山口県の旭酒造の作る【獺祭】ではないでしょうか。

通常の日本酒であれば50%になるまで削れば良い所を、【獺祭】は23%になるまで削っているという、なんともコストと時間をかけてじっくり作られたお酒です。

もちろんお値段も時間とコストをかけただけあってデイユーズなカジュアルな価格ではありませんが、やっぱり呑んべぇだったら手を出してみたくなってしまう銘柄の1つですよね。

そんな【獺祭】にも、じつはちょっとお安いラインがあるって知っていましたか?その名も【獺祭】等外。なんと1,000円台であの獺祭が楽しめるのです!!

等外??獺祭なのに普通酒!?

今回はコストパフォーマンス最高な【獺祭】等外のご紹介です♪

【獺祭】等外の味は実際どのぐらい違うの?

そもそも”等外”と一般的な”純米大吟醸”は何がちがうのでしょう?

獺祭といえば、今までは杜氏の経験により味の良しあしが決まっていた日本酒に”データ”という新しい風を取り入れ誰にでも作れるハイクオリティーな日本酒として有名ですよね。

もちろん”等外”だからといってその製法から外れている事もなく、ただただ、普段使っているお米とはランクが違うだけ。という事なのです。

というわけで、味ももちろん美味!【獺祭】等外を呑んだ呑んべぇさんの感想を聞いてみると…


さらりとした飲み口と芳醇な香り、透明感は「磨き二割三分」と変わらず、生酒らしい清涼感もあり、料理を選ばずに食中酒として楽しめる。


やはり『まろやかさ』では等外の方が勝っているのではないでしょうか。


山田錦の純米大吟醸の味ですが、さらに凝縮されています。香りは柑橘系で、ほんの少しの苦さ、その他、要素が多くパワフルです。


何と、一般的な”純米大吟醸”よりも”等外”の方が好き!という呑んべぇも現れるほどの味わいなのです!たまにはお高い【獺祭】もいいですが、デイユーズなら迷わず”等外”を買ってよし!って事ですね。

【獺祭】等外の判の秘密!お酒を愛する心意気を感じる銘柄

【獺祭】といえば、日本酒の中でも純米大吟醸というお高いランクに属したお酒が造られています。

やはり日本酒といえば、純米大吟醸を好んで呑む人もいますし、実際ランクが上のお酒を造った方が酒造的にも利益があがります。さらに、旭酒造の【獺祭】ともなればもう名の知れた日本酒ですからわざわざ低いランクのお酒なんて出す必要がないようにも思いますよね。

ではなぜ、旭酒造は【獺祭】の名が知れてからわざわざランクの低い”等外”を作ったのでしょうか?それには、お酒を愛する粋な心がありました!

それが、蔵元のメールマガジンに綴られていたこちら

私どもは最近、山田錦を栽培した事がない農家にも「山田錦を栽培してください」とお願いしております。

これで、一定量出ると予想される等外米を「弊社では買えません」ではあんまりです。これでは「農家にリスクを押し付けるが酒蔵はリスクを取らない」といわれても返す言葉がありません。

そんな理由で山田錦の等外品も今年から購入させていただいて酒を造る事にしました。

出典:蔵元日記 【 等外米 】

通常の獺祭で使われているお米は酒米「山田錦」のみを原料米として使用しています。お米にはランクがありそれを”等級”と呼んでいます。純米大吟醸などの特定名称を名乗るには3等以上に格付されたお米を作る必要があるのです。

ですが、メールマガジンにも書かれているように、”等級”のつくお米を作るにはどうしてもくず米と呼ばれる”等級外”のお米が出てしまい、農家は処分するしかありませんでした。

今まで「山田錦」を作った事のない農家であれば、このくず米が多く出てしまい利益にならない状態が続いてしまうのです。利益が出ない仕事なんて、やっぱりやってられないのが人間の心理ですよね。

ですが、「山田錦」が作られなければおいしい【獺祭】も作ることができない…そこで旭酒造はくず米を買い取り、ランクが低くリーズナブルな【獺祭】のラインとして”等外”を作りました。

これで農家さんも収益を上げながら、おいしい「山田錦」を作っていけるというわけですね!しかも、私たちも【獺祭】をリーズナブルに頂けるとなると”win””win”ですね!

【獺祭】等外の値段と知っておかないとやばい注意点

【獺祭】等外はスーパーなどで1,000円台でお手軽に購入する事ができます。

獺祭 (だっさい) 等外 出典:楽天

獺祭 (だっさい) 等外

山田錦の等外米を50%まで磨いてつくられました。

製造元:旭酒造
生産地:山口県岩国市
原材料:米・米麹

ただし、”等外”を買うときに注意しなければいけない事が一つあります!それが劣化が早い!!という事です。

蔵元曰く…

当初発売した等外を三か月後に飲んだ時にあまりの品質劣化の速さに愕然としました。35%までしたにもかかわらずごく少数の磨ききれないコメが残っているのではと考えられ、製造直後には良いのですが、時間の経過とともに劣化を加速させると考えられる。

という事で、3か月以内には呑んでしまいたいお酒なわけです。っで、何に気を付けなければいけないかといいますと、購入するときに生産された日にちをチェックしましょうという事です。

スーパーによっては、「お酒だしー」って事でかなり長期間店頭に並んでいる場合があります。もしかしたら3か月を悠々に過ぎている場合なんかもなきにしもあらず…

せっかくリーズナブルにおいしい”等外”なのですから、ぜひおいしい3か月以内の物を選んでささっと呑んじゃいましょう!

この記事を書いた人
あーちゃん

最新記事

記事バナー3