【ウイスキー】をギフトで!感激してもらえる価格別銘柄

最近コンビニなどでもよく見かけるウイスキー。昔はバーでおじさまが呑むようなイメージでしたが、最近はハイボール人気もあり若い女性にも呑まれるような親しみやすいお酒になりました。今回はそんなウイスキーをギフトするときに感激してもらえる銘柄です!

  • あーちゃん
  • 更新日:
608view
favorite
【ウイスキー】をギフトで!感激してもらえる価格別銘柄

最近コンビニなどでもよく見かけるウイスキー。一昔前だとバーでおじさまがグラスをカランコロン言わせながらちょっといきって呑むようなイメージでしたよね。

しかし、最近は居酒屋なんかでもよくハイボールとしてウイスキーを身近に楽しめる機会が増えました。

ハイボール人気もあり若い女性にも呑まれるような親しみやすいお酒になったウイスキー。コンビニでも売っているほど、お手軽な物から、自分だとちょっと手が出せないような高級なウイスキーまでがあります。

今回はそんなウイスキーをギフトするときに感激してもらえる価格別銘柄をご紹介します!

【価格帯3,000円~】オールドパー12年 伝統的なスタイルのウイスキーはギフトに選んで喜ばれる一本

「オールドパー」という名前の由来は15世紀から17世紀にかけて152歳まで長生きしたという伝説の人物「トーマス・パー」の愛称です。日本語でいうと「パーじいさん」というニュアンス。ご長寿絡みなので日本的には鶴亀ってところでしょうかね。

岩倉具視の使節団がイギリスを訪れた際に日本へ持ち帰り明治天皇に献上されたという逸話があります。日本で初めて紹介されたウイスキーということになりますね。以来、吉田茂や田中角栄といった歴代総理大臣にも愛飲されていた逸話もあります。当時はステイタスシンボルだったこのウイスキー、この国の名士たちの間で語り継がれてきたものなのです。

時代が変わっても変わらない、どっしりとしたボトルの形状は昔は陶器製のボトルに入れられていたことの名残といいます。日本では斜めに自立するユニークなボトルが「決して倒れない」ことから七転び八起きを連想させるとして人気があります。

お味のほうも様々な原酒の香りと味わいが複雑に絡み合い、これぞブレンデットウイスキーだなという王道の味わいです。正直この価格帯で買える品質ではないと思います。

同じ価格帯のライバル達にはジョニーウォーカーブラックやシーバスリーガル等もありますがボトル・ラベルの風格、日本国内での様々なエピソードの豊かさなによりその味わいのバランスのとれた様は飲み手を選びません。まさにギフト用として最適な1本だと思います。

オールドパー 12年 750ml

オールドパー 12年 750ml

【アルコール度数】40 %
【ブランド】Old Parr(オールドパー)
【容器の種類】瓶
【原産国名】イギリス
【原材料・成分】大麦
【メーカー名】MHD
【画像出典】Amazon

【価格帯6,000円~】マッカラン12年 シングルモルトの定番中の定番はギフトで贈って外さない

「シングルモルトのロールスロイス」と呼ばれる程の高級品です。

ウイスキーというものは一般的には貯蔵年数が上がるほどに価格が上がるものですがこのマッカランは同じ貯蔵年数でも他ブランドと比較してお値段が高くなるのが難点です。

というのもマッカランには創業以来の独特のこだわりがあって「マッカランを作るためだけに準備される、厳選されたシェリー樽で最低12年間熟成させた原酒のみを使用。」このため、どうしてもコストがかさむのです。

長期貯蔵するための樽が重要というのはご理解いただけると思いますが、マッカランはウイスキー作りに使用するシェリー樽を準備するために、わざわざシェリー酒を造るところから手掛けている程のこだわりをもってウイスキーを生産しています。

また、単一蒸留所のみでボトリングされたモルトウイスキーをシングルモルトと呼ぶのですがこのマッカランもそうした製法の蒸留所です。つまり、シェリー樽の製造・調達からモルトウイスキーの製造・貯蔵・瓶詰めまで一貫して手掛けているということになるわけです。

マッカラン12年の味わいはシェリー樽由来のフルーティーな香りとシングルモルトらしいまじりっけ無しの口あたりが特徴です。正直なところ、スコッチウイスキーとしては考えられないくらいに甘みが強調されている味わいは「どちらかというとブランデーっぽい」という方もいらっしゃる位なのですが、逆に洋酒の楽しみを最近知った方や、普段そこまで酒量が多くない方等には大変好まれると思います。

いわゆる定番中の定番扱いをされるシングルモルトウイスキーですし、なによりシンプルなラベルとパッケージの色合いが醸し出すギフト品としての品格は、TPOを選ばずギフト品として使いやすいアイテムではないでしょうか。

シングルモルト ウイスキー ザ マッカラン 12年 700ml

シングルモルト ウイスキー ザ マッカラン 12年 700ml

【アルコール度数】40 %
【Barrel Aging Time】12 years
【ブランド】MACALLAN(マッカラン)
【容器の種類】瓶
【原産国名】イギリス
【原材料・成分】モルト
【メーカー名】サントリー
【容器の種類】瓶
【産地(地方)】イギリス
【保存方法】常温ですが開封後は涼しいところに保管してください。
【画像出典】Amazon

【価格帯9,000円~】ウイスキーブームを牽引している山崎12年・白州12年はギフトに最適

日本産ウイスキー、いわゆる「ジャパニーズウイスキー」というのは世界5大ウイスキーの1つに数えられています。更に長年受け継がれてきた丁寧な製造手法やウイスキー作りに適した日本の水や風土から、大変良質なウイスキーが揃っています。今回はその中でも特にギフトに適しているサントリーの山崎12年と白州12年をご紹介します。

それぞれ、サントリーの山崎蒸留所、白州蒸留所で造られたシングルモルトウイスキーの12年ものになります。お味のほうは山崎がモルト由来の深く・広がる旨み(日本人に向けて造られた研究の成果だとよくわかります)、白州のほうが非常にフレッシュで切れの良いモルト、適度なバランスの樽香が特長です。

同じ会社の蒸留所ですがこの2ブランドは味の方向性はだいぶ異なります。何故今回は様々あるジャパニーズウイスキーの中からこの2種をご紹介するかといいますと、実は近年このグレードのウイスキーが品薄になってきているのです。特にサントリーのものは数年前に山崎が世界的に認められている賞を受賞したことで品薄に拍車がかかりました。

そして、ギフト品にウイスキーを贈りたいような相手であれば山崎や白州が今プレミアがついていることは恐らく知っていると思います。何だろうと思いながら、ギフトの包装を解くと中から出てくる山崎や白州の12年物…。これで喜ばないウイスキー党はいないんじゃないでしょうか。

サントリー シングルモルトウイスキー山崎ギフト カートン付き 700ml

サントリー シングルモルトウイスキー山崎ギフト カートン付き 700ml

【アルコール度数】43 %
【ブランド】山崎
【商品重量】1.4 Kg
【梱包サイズ】26.2 x 9 x 9 cm
【原産国名】日本
【原材料・成分】モルト
【内容量】1
【液体容量】700 milliliters
【メーカー名】サントリー
【テーマ別】ギフト、御中元、御歳暮
【容器の種類】瓶
【成長期別】飲酒は20歳になってから
【画像出典】Amazon

サントリー シングルモルトウイスキー 白州12年カートン付き 700ml

サントリー シングルモルトウイスキー 白州12年カートン付き 700ml

【アルコール度数】43 %
【ブランド】白州
【原産国名】日本
【メーカー名】サントリー
【テーマ別】ギフト、御中元、御歳暮
【容器の種類】瓶
【産地(地方)】甲信越地方
【産地(都道府県)】山梨県
【成長期別】飲酒は20歳になってから
【ヴィンテージ(生産年)】12年
【画像出典】Amazon

それぞれのウイスキーにある、ブランドのグレード違いについて

今回ご紹介したそれぞれのブランドには年数表記の無いノンエイジや名称の違うもの、更に年数の増えたものなどがあります。店頭で見た際に困らないように簡単に付け加えておきます。

オールドパーには12年の姉妹品にシルバーがありますが、こちらは味わいが非常にすっきりしすぎていてギフト用には向きません。上位品としては18年やスーペリアがあります。これらになると12年の味わいを更に深く複雑にしつつ長期熟成による味わいのまろやかさも帯びているスコッチウイスキーになります。

所謂ウイスキー党でこの味わいを嫌う人はそうそういないのではないかと言うほどの完成度を誇りますので予算が合うようであればそちらも是非おすすめしたいですね。

マッカランは現行ラインナップで最も一般的なのが12年なのですが、製造工程の違いでダブルカスクやファインオークがあります。マッカラン独特のシェリー樽のみでの熟成ではありませんが、いずれも美味しいシングルモルトなのでギフト品としてはそちらもおすすめです。特にダブルカスクは濃いめの味わいがマッカランらしくなくて飲んだ事無い方が驚くと思います。

山崎や白州は4000円近くで年数表記のないノンエイジボトルがあります。これらも悪くは無いのですが同じ価格帯にオールドパーがある以上、優先度はかなり下がります。

この記事を書いた人
あーちゃん

最新記事

記事バナー3

関連するタグ