【ウイスキー】シングルモルトとブレンデッドの違いと魅力

  • あーちゃん
  • 更新日:
915view
favorite
【ウイスキー】シングルモルトとブレンデッドの違いと魅力

ウイスキーと言えばシングルモルトウイスキーをイメージする人も多いのではないでしょうか。シングルモルトはウイスキーの代名詞的な存在といえるウイスキーで、その豊かな味わいは人々を魅了してやみません。

そこで、シングルモルトウイスキーとは何なのか、ブレンデッド ウイスキーとの違い、シングルカスクのカスクストレングスのモルトウイスキーについてや樽の中での熟成などについてご紹介します!

シングルモルトウイスキーとは何?ブレンデッドウイスキーとの違いは?

ウイスキーは蒸留をして作られるお酒です。そんなウイスキーには原料によって様々なお酒の種類があります。

シングルモルト(SINGLE MALT)ウイスキー

シングルモルト(SINGLE MALT)ウイスキーは単一の蒸留所でボトリングがなされたウイスキーで、シングルモルトのシングルというのは単一の蒸留所という意味を表しているのです。

また、モルトというのは大麦麦芽のことで、モルトウイスキーは、大麦麦芽を主原料にしているウイスキーのことをいいます。

シングルモルト ウイスキー グレンフィディック12年

シングルモルト ウイスキー グレンフィディック12年

【アルコール度数】40 %
【ブランド】GLENFIDDICH(グレンフィディック)
【容器の種類】瓶
【原産国名】イギリス
【原材料・成分】モルト
【メーカー名】サントリー
【容器の種類】瓶
【画像出典】Amazon

ブレンデッド(BLENDED) ウイスキー

そして、シングルモルト ウイスキーに対して、ブレンデッド(BLENDED) ウイスキーと呼ばれる種類のウイスキーもあります。

モルト以外を原料にするウイスキーにはトウモロコシやライ麦、小麦などの穀物が主原料として使用されているグレーン・ウイスキーと呼ばれルウイスキーがあります。

複数の蒸留所で製造されたモルトウイスキーにグレーン・ウイスキーをブレンドしたものがブレンデッド ウイスキーなのです。

シーバスリーガル ミズナラ12年 700ml ブレンデッドスコッチウイスキー

シーバスリーガル ミズナラ12年 700ml ブレンデッドスコッチウイスキー

【アルコール度数】40 %
【Barrel Aging Time】1 years
【ブランド】Chivas Regal (シーバスリーガル)
【容器の種類】瓶
【原産国名】イギリス
【原材料・成分】モルト、グレーン
【内容量】700 milliliters
【重量】1.32 Kg
【メーカー名】ペルノリカール
【容器の種類】瓶
【産地(地方)】スコットランド
【画像出典】Amazon

このように、ウイスキーは蒸留法や原料によって名前が付けられているのです。

シングルモルトもブレンデッドもそれぞれに異なったよさがある!

シングルモルト(SINGLE MALT)ウイスキー

シングルモルトは、シングルモルトは単一の蒸留所で造られた主原料として用いられている大麦麦芽の個性を楽しむためのお酒といえます。

大麦麦芽が使用されているシングルモルトウイスキーは、高品質ものも多くあります。熟成期間が長いウイスキーはそれだけ価格なども高くなる傾向もあって、熟成期間などに応じた味や香りを楽しむことができます。

ブレンデッド(BLENDED) ウイスキー

ブレンデッド ウイスキーは配合割合などに工夫を凝らして造られており、味わいや香りのハーモニーを楽しむことができるウイスキーです。シングルモルトもブレンデッド ウイスキーも、それぞれ違った特徴をもっているウイスキーです。

コーラスを例にとれば、シングルモルトは独唱、ブレンデッドは合唱といえ、ソロで楽しめるお酒と、ハーモニーを楽しむお酒というのがその違いといえ、どちらが優れているというよりも、それぞれによさがあって楽しみ方が異なると考えられているといえます。

このように、ウイスキーは味や香りなどへのアプローチ方法が異なったお酒を楽しむことができるのです。

シングルカスクのカスクストレングスのモルトウイスキー

シングルモルトウイスキーの中には一つの樽の中から出されたシングルカスクとよばれるウイスキーがあります。

ウイスキーを造る時にはカスクと呼ばれる樽で熟成をさせます。シングルカスクというのは、一つの樽からそのまま出されたシングルモルトウイスキーで、とても特徴ある香味をもっており、その香味は深くて美しいといわれています。

シングルカスクにはブレンデッド・ウイスキーでは出すことのできない鋭さのある深い味わいが特徴的といわれています。市場に出される総数も少ないため、とても貴重なウイスキーだと考えられているのです。

シングルカスクには、カスクストレングスとよばれる、薄めずにそのまま瓶詰めされたシングルモルトウイスキーがあります。薄めないためアルコール度数はとても高いという特徴がありますが、味がぶれたりしないので、とても貴重なものだと考えられているのです。

このように、シングルモルトウイスキーの中には一つの樽からそのまま出され、香り深く、人々を納得させる質の高い品があります。

高田酒造場 深田蒸留所シングルカスク

高田酒造場 深田蒸留所シングルカスク

【ブランド】高田酒造場
【内容量】1
【メーカー名】高田酒造場
【画像出典】Amazon

ウイスキーのシングルモルトの熟成とその豊かな味わいについて

ウイスキーは熟成される間、ほとんどの期間を樽の中で過ごします。

イギリスでは法律があり、スコッチウイスキーは最低3年以上樽熟成させることが定められています。蒸留したてのウイスキーはとげとげとげしさがある未成熟な状態です。

そのウイスキーが樽の中で長期間熟成されることで、だんだんとまろやかさのある味わいに変化します。

木材で作られた樽からの香りや成分や色素成分などによって豊かな味わいが生まれ、コルク栓を開けた時の芳醇な香りを楽しむことができるシングルモルトはとても注目度の高いウイスキーなのです。

一般的にウイスキーの熟成期間が長いものほど高級なウイスキーといわれています。ウイスキーの樽熟成にはピークがあって、長期間の熟成に耐えられるウイスキーは希少なためだといわれているのです。

樽詰めウイスキーはカドが取れた状態が飲みごろといわれています。そんなシングルモルトウイスキーはウイスキーの代名詞的な存在なのです。

       

この記事を書いた人
あーちゃん

最新記事

記事バナー3