様々なメーカーによる限定のウイスキーとその主たる特徴

  • メンバー
  • 更新日:
236view
favorite
様々なメーカーによる限定のウイスキーとその主たる特徴

ウイスキーの中には、非常に珍しいタイプがあります。中には、特定の時期でないと購入できないお酒もあるのです。確かに多くのお酒類は、お店で一般販売されている傾向があります。近くのお店に行けば、常にウイスキー自体は陳列されているのです。

しかし常に陳列されている状態は、あらゆるウイスキーに対して該当する訳でもありません。一部のお酒は、特定の時期でないと販売されていない事もあるのです。いわゆる限定のお酒類も、いくつか存在します。

あるメーカーの50周年で販売された限定のウイスキー

あるお酒のメーカーは、数十年の記念に関するウイスキーを販売しています。ただしそのウイスキーは、いつでも購入できる訳ではありません。あくまでもそのメーカーの指定するタイミングでなければ、購入できないお酒になるのです。いわゆる限定の商品という事になります。

まず上述のメーカーは、いわゆる老舗に該当します。すでに50年以上に渡って、様々なお酒類を販売してきているメーカーなのですが、50周年という記念の意味合いでウイスキーを販売しているのです。ですから50周年のタイミングでなければ、その製品を購入する事はできません。

その50周年の製品は、まず色合いに大きな特徴があります。独自の琥珀色のビンに入っているのですが、自然豊かな地域で作られた製品なのです。その地域の職人の方々が作っているウイスキーで、常時販売されている製品と違って、独自の飲み口が特徴的なのです。

ですから50周年というタイミングで、その製品を購入した方々も珍しくありません。

昨年の秋に抽選で販売されていた限定のウイスキー

それは何も、上記のメーカーだけではありません。上記とは全く別のメーカーも、同じような限定の製品を販売しているのです。そのメーカーの場合は、知名度の高さに大きな特徴があります。ウイスキーだけでなく、様々なお酒類を製造しているメーカーなのですが、海外の方々の間でも大人気のお酒類を作っているのです。独自の飲み口に特長があるメーカーになります。

それで去年は、そのメーカーが限定の製品を販売していました。そのメーカーによるウイスキーの場合は、抽選になるのです。そのメーカーが指定する期間に応募しなければ、購入できません。去年のある秋の日に抽選が行われて、24時間以内に応募する必要がある製品なのです。もちろん抽選になりますから、誰でも購入できる訳ではありません。

そのウイスキーの場合は、数に大きな特徴があります。全部で1,500本しか販売されない製品なのです。常時販売されている製品と比べれば、希少価値が非常に高い事だけは間違いありません。

あるスコットランドのメーカーによる限定のウイスキーの製品

そうかと思えば、あるスコットランドのメーカーとしても、同じく限定の意識を販売していました。ただしそのメーカーの場合は、限定販売が初だったのです。

そのメーカーの場合は、ブレンドの技術に大きな特徴があります。特にシングルのウイスキーになっている訳でなく、様々な材料が採用されているのが特徴的ですが、今年の1月に限定販売を行っていたのです。

上述の有名メーカーと同じく、やはり数の限定性に大きな特徴があります。ただし上記の有名メーカーと違って、数は少々多めになり、実に5,000本は販売されていました。

ですがそのスコットランドのメーカーの場合は、販売価格に大きな特徴があって、実に1本7,000円という価格に設定されていたのです。上記の有名メーカーが販売しているウイスキーと比べれば、価格設定はやや高めではありましたが、それでも多くの方々から好評な限定販売だったのです。ちなみに販売日は、今年1月のある日に限定されていました。

限定のウイスキーとその主たる2つの特徴

上述のような状況ですから、限定のウイスキーには主に2つの特徴があります。まず1点目は、販売期間が極めて限られている事です。言うまでもありませんが、常に販売されているウイスキーは、いつでも購入できる事だけは間違いありません。しかし限定販売のウイスキーですと、購入できる日は1日だけに限定される傾向があります。

ただし購入できる日などは、前もってウイスキーの販売メーカーから告知される傾向があります。ですから限定の製品を購入したいと望んでいるなら、メーカーによる情報にアンテナを張っておく必要があります。

それともう1つの特徴は、限定の製品は数が少ない事です。そもそも常時販売されているウイスキーは、在庫が非常に豊富である事は間違いありません。お店に足を運びますと、高確率で購入できる事から、かなりの数は取り揃えられているのです。

しかし限定販売のウイスキーですと、数は極めて少ないのです。一部の方々は、その希少価値に魅力を感じている傾向があります。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3

関連するタグ