記事バナー1

【日本酒】島耕作ラベルの獺祭が誕生!被災地へ力を!!

日本酒といえば「獺祭!」

  • あーちゃん
  • 更新日:
5,877view
favorite
【日本酒】島耕作ラベルの獺祭が誕生!被災地へ力を!!
バナー4

日本酒にあまり詳しくない人でも、「獺祭」という名前は聞いたことがあるのではないでしょうか?

そんな獺祭が大人気漫画「島耕作」とコラボする事に!!約65万本限定の「島耕作」シリーズのラベルが付いた「獺祭 島耕作」は獺祭ファンも島耕作ファンにも見逃せないコラボですよね!?

今回は、ちょっと「獺祭×島耕作」コラボの裏に隠されたちょっとほっこりするお話しをご紹介します。

豪雨被害を乗り越えて…被災地への力となる【お酒】

獺祭といえば、国内だけではなく海外でも各品評会で賞を受賞するほど、日本を代表する日本酒の1つです。

すっきりとした雑味のない吞み口が、料理の味を邪魔をしないと人気で【獺祭】ファンもたくさんいるのではないでしょうか?

獺祭がつくられる【旭酒造】は山口県にある会社です。2018年7月に西日本豪雨の被害にあった【旭酒造】は酒蔵内で発酵中に停電になってしまい、本来の製造工程とは違う本来の品質基準にみたいない【獺祭】となってしまい、通常の【獺祭】としては世に出せない【獺祭】になってしまいました。

当初はすべて廃棄する事も検討されていたが、日本酒としての基準は満たしており問題はないお酒であり、桜井会長も毎日試飲をしたが「けっこうおいしい」という事もあり、頭を抱えていたそうです。

困難にも負けずに、転んでもただでは起き上がらない【島耕作】

日本酒としては美味しく呑めるものの、【獺祭】としての品質には満たない為、世に送り出せない。旭酒造は豪雨被害で1階の酒蔵が浸水し泥水を被った多くの獺祭を廃棄していました。

そこに手を差し伸べたのが、人気漫画「島耕作」の作者弘兼憲史氏(70)さんでした。

島耕作といえば、1983年にモーニングで「課長 島耕作」としてスタートして、2016年にはついに会長にまで上り詰めた男性からしたら夢みたいなサクセスストーリーなのではないでしょうか?

そんな島耕作シリーズの「会長 島耕作」では2016年、獺祭が「喝采」、旭酒造が「桜沼酒造」として漫画の中に登場するほど縁の深い関係でもありました。

そこで弘兼憲史氏さんから「お世話になってきたので力になりたい。島耕作ラベルを貼って売れないか」と申し出があり、被災地全体の復興支援としての【獺祭×島耕作】コラボが実現しました。

課長から会長へ…様々な困難を乗り越え前向きに進んでいく姿と、豪雨被害にあいながらも復興に向けて前向きに進む豪雨被害を受けた地域に向け、販売価格である1200円のうち200円をこの度の西日本豪雨で被害を受けた地域への義援金として寄付するチャリティー獺祭としての販売が決定しました。

【獺祭×島耕作】コラボは2018年8月10日から販売開始!

今回のチャリティーコラボ【獺祭×島耕作】は、通常であれば1450円〜3万円ランクに値する【獺祭】を一律1200円で販売させます。3万円相当の【獺祭】も約3000本あるそうで、届く【獺祭】のランクはお楽しみという事でしたが、3万円の獺祭を1200円で呑めるなんてめちゃくちゃお得ですよね♪

【純米大吟醸 獺祭 島耕作】公式のWEBショップはこちら

ネットで買おうが、店頭で買おうが、200円分はしっかり寄付されるのでご安心ください!

純米大吟醸 獺祭(だっさい) 島耕作 720ml

純米大吟醸 獺祭(だっさい) 島耕作 720ml

【ブランド】獺祭
【容器の種類】瓶
【原産国名】日本
【原材料・成分】米(国産)・米こうじ(国産米)
【メーカー名】旭酒造
【画像出典】Amazon

       
この記事を書いた人
あーちゃん
記事バナー2

最新記事

記事バナー3
バナー5