【ウイスキー】トワイスアップとは?水割りとはちょっと違う通におすすめの呑み方♪

【ウイスキー】といえば、ストレートやロック、水割りが有名どころですが、実は通しか知らない”トワイスアップ”という呑み方があるのをご存知ですか?今回は日本人にはなじみの少ない、新しい【ウイスキー】の呑み方”トワイスアップ”のご紹介です!

  • あーちゃん
  • 更新日:
2,987view
favorite
【ウイスキー】トワイスアップとは?水割りとはちょっと違う通におすすめの呑み方♪

【ウィスキー】といえば、ストレートやロック、水割りといった呑み方が大人でかっこいいですよね!大きな氷にウイスキーを注いでカラカラ鳴らしながらバーでウイスキーを楽しむのが大人のステイタス!なんて憧れちゃいますよね。でも、実は、海外ではこのロックやストレートよりもっとなじみのある呑み方があるってご存知でしたか?

それが”トワイスアップ”という呑み方です。

ウィスキー本来を味わう事ができるだけではなく、ウィスキー本来の香りも楽しめるおすすめの呑み方です。

まだまだ日本では定番ではない呑み方ですが、「ウイスキートワイスアップで!」なんて注文したら、ちょっと鼻が高いですよね?っというわけで、今回は日本人がまだ知らないウイスキーの新しいおすすめの呑み方”トワイスアップ”のご紹介です。

【ウイスキー】トワイスアップってどこがおすすの呑み方なの?

ウイスキーといえば、ロックやストレート、ちょっと強すぎると思う場合は水割りやハイボールにして呑むことが一般的ですよね。

でも、ウイスキーに慣れてくると、普段の呑み方にちょっと飽きてきた…なんていう呑んべぇさんもいるのではないでしょうか?そんなときにおすすめなのが、”トワイスアップ”という呑み方です。

”トワイスアップ”はブレンダーやバーテンダーがテイスティングする際の呑み方です。ウイスキー本来の味わいや香りを感じられるので、ウイスキー好きの中では「トワイスアップこそウイスキーの楽しみ方!」という呑んべぇもいるほどです。

このトワイスアップとは、英語で綴るとTwice upとなります。Twiceとは、2回・2倍という意味です。ウイスキー1に対して、水も1で割り、2倍の量になることがらこのように呼ばれています。

水で割るんだったら水割りじゃないか!と思うかもしれませんが、日本でいう水割りって氷が入っていますよね。”トワイスアップ”では氷は入れません。

渋く決めたい時にバーで「トワイスアップで!」なんて言ったらかっこいいですよねー!会社の後輩や部下を連れて行ったら「この人以外と、お酒は詳しいんだ!結構遊んでるのか!?」なんて一目置かれるかもしれませんよ!(笑)

っで、お連れ様に「水割りと何がちがうんですか~」なんて聞かれたときには、鼻を膨らませないように気をつけてこう言ってください。

「常温のウイスキーに水を入れるとウイスキーの持ち味を素直に引き出してくれるんだよ。ストレートだとアルコールを嗅いでいるの変わらないだろ?それに、ロックだとキンキンに冷えすぎてウイスキー本来の豊かな香りが弱くなってしまうんだよ。水割りみたいに氷が溶けだす事がないから、呑み終わるまで一定の味を楽しめるし、何よりウイスキーはアルコール度数が20度くらいが一番香りが引き立つんだ。だから40度のウイスキーに同じ分だけ水を加える”トワイスアップ”がウイスキー通から好まれているんだよ。」

これ、とりあえず1人で10回ぐらい音読してから人前で披露してくださいね!披露するときはくれぐれも目が泳がないように気を付けてください(笑)

家でも気軽に楽しめる!【ウイスキー】トワイスアップの作り方

さて、トワイスアップの作り方ですが、キーポイントは常温です。冷やすことなく、常温にこだわります。

まず、グラスを用意します。グラスはなんでもかまいませんが、出来ればワイングラスのような口の小さなグラスがおすすめです。口の大きなグラスでは、ウィスキーの香りが早く飛んでしまいがちです。出来るだけ長く、ウィスキーの香りを楽しむために、口の小さいグラスでグラス自体もあまり冷やさない方が良いです。

常温のグラスにウィスキーを少し入れます。そして、常温のミネラルウォーターを同じ量だけ入れます。これで、トワイスアップの完成です。

トワイスの意味は、2倍という意味で、ウィスキーの始めの量から水で薄めて2倍の量にするという意味です。間違っても、始めの量の2倍の水で薄めるという意味ではありません。

常温にこだわる意味は、常温の方がウィスキーの香りが広がるからです。ホットウィスキーにすれば、香り高くなりますが、香りが長続きせず、すこし香りが感じるかもしれません。程よい香りを長く楽しむのであれば、トワイスアップが良いのではないでしょうか。

トワイスアップはウィスキー以外でも楽しめる♪

お酒は、ウィスキーだけではありません。トワイスアップの作り方を覚えたら、いろんなお酒でも楽しんでみては如何でしょうか。出来れば、強いお酒が良いです。

ウォッカやリキュールなどです。いままで、強いお酒を避けていた方にとって幅が広がるはずです。お酒本来の香りを楽しみ、独自の飲み方を作ってみましょう。

       
この記事を書いた人
あーちゃん

最新記事

記事バナー3