世界最古のワイン!?呑んべぇなら知っておきたいジョージアワインの魅力

ワイン発祥の地といわれて思い浮かべるのは「イタリア?フランス?」と思いますよね。しかし、世界最古のワインと呼ばれる発祥の地は旧ソビエト連邦の”ジョージア”作り方もおもしろいジョージアワインの魅力に迫ります!

  • あーちゃん
  • 更新日:
357view
favorite
世界最古のワイン!?呑んべぇなら知っておきたいジョージアワインの魅力

ワイン発祥の地といわれて思い浮かべるのは「イタリア?フランス?」と思いますよね。しかし、実は世界最古のワインと呼ばれる発祥の地は旧ソビエト連邦の”ジョージア”だったって事をご存知ですか?

日本人にとってはあまりなじみのないように思われる国、”ジョージア”ですが、お相撲さんの栃ノ心や、コーヒーの名前でも意外となじみ深かったりしませんか?


ちなみに私は毎朝GEORGIAのコーヒーを飲んでいるので、「あー!」って思いました(笑)

なかなか旅行に行くことのない”ジョージア”ですが、ワイン好き呑んべぇとしては是非とも知っておきたい作り方もおもしろいジョージアワイン!今回はそんなジョージアワインの魅力に迫ります!

世界最古のワイン発祥の地【ジョージア】っていったいどんな国?

2015年4月まで”グルジア”と呼ばれていた、旧ソビエト連邦の国【ジョージア】は、トルコやロシアと隣接する国です。

見るからに日本人が旅行に行かなさそうな場所にありますね!旅好きの私でさえ、場所がよくわからなかったちょっとした秘境です(笑)実際に、日本からの直行便はないのでイスタンブールで乗り継ぎをして首都のトビリシまで17時間程度かかります(乗り継ぎ時間含め)。

かなり飛行機の中で映画が楽しめそうですね!(笑)

そんなジョージアですが、日本ではお相撲さんの栃ノ心や、コーヒーの名前でも意外と有名だったりします。ただし、日本に住んでいるジョージア人はなんとたったの30人(2018年5月時点)!!結構少ないんです。

ただ、【ジョージア】は世界100ヵ国以上を旅した旅人など、旅のプロが「最高だった!」という観光資源が豊富な国でもあります。

そもそもアジアとヨーロッパの間にある国なので、めちゃくちゃ美人が多いです。ほら、ロシア人って美人じゃないですが?旧ユーゴスラビア連邦であった【ジョージア】も同様に美人が多いんです。「美しすぎる財務相」としてベラ コバリアさんが有名ですよね。

出典:https://matome.naver.jp/odai/2144172932425627301

さらに自然も豊富で、街並みもめちゃくちゃ美しい!
出典:https://www.paylessimages.jp

そして、何よりも多くの旅人が感動するのが、お料理のおいしさです!
出典:https://www.paylessimages.jp
お料理がおいしい事で有名な東南アジアに隣接していて、さらにロシアやトルコのお隣の国でもある【ジョージア】は様々な国のいいとこどりをしたグルジア料理と呼ばれています。

そんなお料理をさらにおいしくしているのが、何といっても【ワイン】なのです!

世界最古のワインは壺で造られていた!

グルジア料理をもっとおいしくするために食卓に欠かせないのが、世界最古のワインと呼ばれるジョージアワインです。
画像出典:https://www.paylessimages.jp

2013年国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されたジョージアワインは、なんとクヴェヴリと呼ばれる壺を地中に埋めて発酵から貯蔵までを行う世界的に見ても珍しい方法で造られるワインなのです。

ジョージアのワインのルーツは今から8000年前の石器時代にさかのぼります。ジョージアの首都トビリシから30キロほど離れた遺跡からブドウの装飾が施された土器が発見され、ワインの醸造に使われていたという事がわかりました。

実際かつてこの地では、ブドウ畑があったそうです。紀元前なんて昔からワインを作っていたなんて…想像しただけで夢が広がりますよね!

ワイン好き呑んべぇもハマる!8000年の歴史を誇るジョージアワインの魅力

世界最古のワインであり、世界的に見ても特殊な製造方法がとられているジョージアワイン。味にはどんな特徴があるのでしょうか?

先ほども説明したように、ジョージアワインは地中に埋められた壺にブドウの実や皮を入れ発酵から貯蔵までを行います。地中に埋めることで温度が安定するだけではなく、種も一緒に壺の中に入れる為ポリフェノールがとても多く、体に優しいワインだと言えます。

実際にジョージアは世界三大長寿国にも数えられています。

さらに、フルーティーな味わいな物が多く、世界三大美女のクレオパトラ・楊貴妃もジョージアワインを愛してやまなかったそうです!ジョージアワインを呑めば美人になれるってことですかね!?

そして、なによりも呑んべぇにはうれしい魅力の一つである【二日酔いしずらい】というのがジョージアワインの特徴でもあります。ワインって呑みすぎると次の日頭痛がひどい…って事おおくないですか?この原因は、酸化防止剤として二酸化硫黄が使われているからです。

ジョージアワインには、こういった添加物が一切加えられていない為体にも良いし、二日酔いもしずらいんですね~!体にも良いとなると俄然呑んべぇのテンションも上がりますよね!

ちなみに、日本の甲州ワインに使われるブドウの品種は、DNA鑑定によりジョージア原産の品種と関係があることが分かったそうです!日本のソムリエも太鼓判を押すほど、お寿司などの日本食とも相性が良いそうですよ!

次のワインは、ぜひジョージアワインでおいしい日本食と一緒に「カバルショス(カンパイ)!」してみてはいかがでしょうか?

奇跡のワイン!おすすめのジョージアワイン

サペラヴィ 陶器 750ml

サペラヴィ 陶器 750ml

【アルコール度数】13 %
【ボディー】ミディアムフルボディ
【ブランド】キンズマラウリ
【原産国名】グルジア
【原材料・成分】ぶどう
【内容量】1
【重量】1.40 Kg
【液体容量】750 milliliters
【画像出典】Amazon

アラザニ レッド【Alazani】

アラザニ レッド【Alazani】

ジョージアで日常的によく呑まれるテーブルワインです。酸味や渋みの少ない甘口ワインです。

【ブランド】GWS社
【内容量】1
【メーカー名】GWS社
【画像出典】Amazon

アラザニ ホワイト【Alazani】

アラザニ ホワイト【Alazani】

酸味の少ないライト系の白ワインです。毎日の食卓で楽しめるお手軽価格で、おいしいジョージアワインを楽しめます。

【ブランド】GWS社
【内容量】1
【メーカー名】GWS社
【画像出典】Amazon

       

この記事を書いた人
あーちゃん

最新記事

記事バナー3

関連するタグ