娘と晩酌を!お父さん必見のお酒でコミュニケーションを円滑にする方法

  • あーちゃん
  • 更新日:
127view
favorite
娘と晩酌を!お父さん必見のお酒でコミュニケーションを円滑にする方法

お酒好き呑んべぇのみなさんこんにちは!編集部のあーちゃん(@achan_nonbey)です!

世のお父様方にとって、何者にも替え難くいつまでたっても可愛くてしょうがないのが「娘」さんじゃないでしょうか。

しかし、娘の成長とともにお父さんとのコミュニケーションが年々減っていく…のが現実ですよね。

男同士であれば、成人したらお酒を飲みかわすなんていうのが通例のようにありますが、女の子となるとお酒に誘うというのなんとなく気が引けてしまうお父さんも多いのではないでしょうか。

しかし!世間ではお父さんとお酒でコミュニケーションをとっている娘たちは意外と多いのです。

今回は、娘とのコミュニケーションで楽しく晩酌をする方法をご紹介します。

娘との晩酌は「教える」ではなく「聞く」の姿勢で!

私も人の娘なので、娘側の気持ちがよくわかりますが親とコミュニケーションを取るのが面倒だって感じる時ってゴチャゴチャと説教じみた話をされる時なんですよね。

会社の上司だったら聞いてあげるのも仕事のうちと思い、聞き流しながら半笑いで相槌も打てますが実の親となるとそうとは行きません。

せっかく気持ちよくお酒を飲んでいるのにあーだ、こーだ、と説教じみたことを言われては興醒めです。

父親としては、娘のためを思って色々アドバイスしてあげたくなる気持ちも、もちろん分かりますがそこはぐっと堪えて「聞く」側に徹しましょう。

ほら、女性っておしゃべりな人が多いじゃないですか。国宝級のイケメンの話だったら顔を眺めているだけで幸せだから聞く気になりますが、基本的には聞くより喋る方が好きなのが女性です。

特に、気を許して甘えられるお父さんには愚痴や不満を聞いてもらいたいものです。上司になんて、上司の不満をいえませんからね。

そこで「お前はもっと忍耐強くなれ!」なんてアドバイスするのではなくて「うん。うん。そんなことがあったんだ。」とただ相槌を打ってあげればいいんです。

相槌なんて打ち方がわからないという場合は、「屁(へ)はナス」というキーワードを覚えておきましょう。

これは芸能界きってのモテ男ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが言っていた相槌方法で

屁(へ):へぇ~
は:はいはいはいはいはい
ナ:なるほどね
ス:すごいっすね

この4つの単語を繰り返すだけで上手いこと相槌が打てる最強のキーワードです。

例えば、

娘「今日上司に根性がないって注意されたんだよね。」
父「へぇ、なんで?」
娘「外回り何件かして疲れたからちょっと休憩したいって言ったから。」
父「はいはいはいはい。慣れてる人だと休憩入れないよね。」
娘「休憩した方が体力回復するから逆に効率いいのにさ」
父「なるほどね。」
娘「だからずーっと昇進できないんだよ」
父「すごいね。」

という具合に「屁(へ)はナス」を意識するだけで娘に気持ちよく喋ってもらう事ができます。

ここで重要なのは絶対に余計なアドバイスをしない事!自分の意見を言うときは、娘から意見を求められた時だけです。

娘「お父さんはこう言う時どうする?」
父「お父さんだったら、休憩したら10倍頑張るので少しだけ休みませんか?って言うかな?でも、大変なのに頑張ってて偉いね。」

と言うような感じです。

多湖 輝著の【なぜか「娘に好かれる父親」の共通点】の中にも記されていますが、娘はお父さんに褒められる事がなんだかんだ嬉しいんです。

家庭科で作った料理をお父さんが褒めてくれたのをきっかけに料理に目覚めたと言う娘もいるほどです。

大人なんだからもっとしっかりして欲しいと言う気持ちももちろんあると思いますが、そこは父と娘。「パパ!」としゃべれるようになって、大いに感動した時のように。作文でお父さんの事を書いてくれた時に嬉しくて褒めちぎったように…

娘の話をじっくり聞いて褒めてあげる事を心がけましょう。

娘との晩酌には普段飲まないようなちょっとお洒落なお酒を用意して!

娘との晩酌では、娘が美味しく飲めるお酒を用意するのが鉄則です。

特にお父さん世代が愛飲しているウイスキーや焼酎、日本酒は娘からはあまり評価が高くない可能性も高いです。

20代女性の人気のお酒は、
1位 果実酒
2位 チューハイ・サワー
3位 カクテル
ですが、流石に甘いお酒はお父さんが飲むのが辛くなってしまいますよね。

そんな時におすすめしたいのが「クラフトビール 」です。アメリカ発祥のクラフトビールは、見た目も可愛らしくてお洒落なデザインが多いのはもちろん味も普通のビールとは違い個性的なところが会話のネタにもなるポイントです。

スーパーやコンビニではあまりみないクラフトビールも、最近ではネットで簡単に購入する事ができます。しっかり下調べをしておけば、娘との晩酌の時に「これはヴァイツェンって言ってドイツが原産のクラフトビールなんだけど、苦味が少なくてバナナみたいな甘い匂いがするからおすすめだよ」なんてさらっと説明も出来たらかっこいいですよね。

娘との晩酌では時には真面目に「仕事」の話題を!

全国の20代〜40代男女300名を対象にして行ったアンケートでは、お父さんと話題として「仕事」の話が1位に挙げられました。

2位の「出産・子育て」に対して倍以上の差をつけての1位とあって、多くの親子の話題に上がっているのが「仕事」です。

特に、20代後半以降の娘さんであれば、お母さんはそこまでバリバリ仕事をした事がなくリアルな相談ができないと言う場合が多く長年第一線で仕事をしてきている社会人の先輩としてお父さんに相談したいと思うことも多いようです。

彼氏はどうなんだ?結婚はしないのか?孫はまだか?なんて気になることはたくさんあると思いますが、「そういえば、仕事はどうだい?」とライトな感じで切り出し先程の「屁(へ)はナス」をフル活用して娘に思う存分喋らせてあげましょう。

晩酌で娘とのコミュニケーションを楽しもう!

娘との晩酌では

01)「教える」ではなく「聞く」の姿勢で
02)娘好みのちょっとお洒落なお酒を用意する
03)ちょっと真面目に「仕事」の話題

に気を配ってみましょう。

お父さんとの晩酌が心地よいと思ってもらえれば、寂しい一人晩酌から卒業して楽しく親子団欒で晩酌をしながら娘とのコミュニケーションもとる事ができますよ。

この記事を書いた人
あーちゃん

最新記事

記事バナー3

関連するタグ