ウイスキー好きの人なら見逃せない!工場見学に行こう!

  • メンバー
  • 更新日:
307view
favorite
ウイスキー好きの人なら見逃せない!工場見学に行こう!

ドラマの影響もあり、最近人気のウイスキー。既にウイスキー好きの方にも、これから通になりたいと思っている方にも、おすすめなのがウイスキーの工場見学。日本にはニッカをはじめとする有名なウイスキーの蒸留所がたくさんあり、一般人に開放しているところもあるのです。

旅行やデートがてら、ウイスキーの工場を訪れてみてはいかがでしょう。きっと今までになかったウイスキーの新しい魅力を発見するはず。見学が可能な全国のウイスキー工場をまとめてみました。

あの有名なウイスキーの工場!余市蒸留所

北海道余市郡余市町にある、余市蒸留所。朝の連続テレビ小説『マッサン』の舞台で一躍有名になった「日本のスコットランド」とも称されるニッカウヰスキーの聖地です。

ここは、創業者の竹鶴氏が、何としても日本に本場のスコットランドに負けないウイスキーを!と信念を掲げてたどり着いた場所。豊かな水源と凛と澄んだ空気、ウイスキーの聖地であるスコットランドに似た冷涼湿潤な気候。モルトウイスキーの原料である大麦などが豊富であったことも、竹鶴氏がこの地を選んだ理由だとされています。

工場見学では、ウイスキーの製造方法や工程などが学べます。また、朝ドラの原作ともなった小説に登場する竹鶴氏と妻・リタの暮らした私邸も見学可能です。

工場見学は予約なしのフリーの見学と、事前予約が必要なガイド付き工場見学があります。11名以上での来館には事前に電話予約が必要です。詳しい内容については、ホームページをご確認ください。

【余市蒸留所見学ガイド】
https://www.nikka.com/guide/yoichi/about.html

ニッカウイスキーならこちらも忘れずに!宮崎峡蒸留所

北海道余市で蒸留所をはじめてから30年、創業者の竹鶴氏は年若いスタッフたちと「未来のウイスキーのために」と二番目の蒸留所を設立しました。それがここ、宮崎峡(みやざききょう)蒸留所。竹鶴氏は、「異なる蒸留所で生まれた複数の原酒をブレンドすることでおいしいウイスキーを生み出せる」と考えており、山形県境にほどちかい二つの清流に挟まれたこの地域は、竹鶴氏の考える理想の土地だったと言われています。

ここで使用される「蒸気間接蒸溜方式」は余市蒸留所とは異なるものです。スチームを使い、130度でゆっくり蒸留する方法。改良を重ねて、当時は既に旧式だった「カフェ式連続式蒸溜機」で理想の原酒を作り出すことに成功しました。宮城峡モルトは華やかで軽く、ほんのり甘みがあるのが特徴です。

工場見学は無料。案内ガイド付きのツアーを希望する場合には事前予約が必要です。また、悪天候の場合は工場見学が中止になる場合もあるのでチェックしましょう。試飲付きの有料ツアーも人気です。

【宮崎峡蒸留所見学ガイド】
https://www.nikka.com/guide/miyagikyo/about.html

ウイスキー好きにもビール好きにも!2つおいしい信州マルス蒸留所

長野県の本坊酒造。「信州マルス蒸留所」は中央アルプス駒ヶ岳山麓に位置し、豊かな自然に囲まれたウイスキーの工場です。ここでは、ウイスキーだけでなく、南信州ビールの蒸留所が併設されており、ウイスキーとビールの両方を楽しむことができます。

通常では一般人は見ることがない蒸留機ポットスティルをはじめ、ウイスキー製造プラント、原酒の貯蔵庫、ビールの製造風景などを見学し、マルスウイスキーと南信州ビールの歴史に触れることができます。

また、試飲・売店コーナーも充実しており、蒸留所限定のウイスキーや長野名産の山ぶどうワインも購入できます。試飲コーナーではウイスキーの無料試飲があるのもうれしい特典。試飲でついつい飲みすぎにならないように注意が必要かも。

工場見学は基本無料。10人以上の場合は事前予約を。ゴールデンウイークや連休中などの混雑時に訪問する際は、9名以下でも状況によって見学が断られる場合があるので、事前の予約がおすすめです。

【信州マルス蒸留所】
https://www.hombo.co.jp/factory/shinshu.html

ウイスキーの大御所!サントリー白州蒸留所

ウイスキーはあまり知らないけど、という方でも耳にしたことはあるはず。シングルモルトウイスキーで有名なサントリーの白州蒸留所。山梨県の南アルプスの山々に囲まれ、世界でも珍しい「森の蒸留所」とも呼ばれています。

白州蒸留所の特徴は、世界でも珍しい原酒の作り分け。発酵工程では、保温性に優れた木桶発酵槽にこだわり、蒸溜所内に棲みつく乳酸菌などの微生物の働きによって、白州ならではの独特な風味を生みだしています。各工程で樽を使い分けるなど、すべての工程において多彩な原酒の作り分けが行われています。

工場見学は、無料のフリーでの見学と、有料の案内付きツアーの二つ。どちらも前日までに予約を。製造工程を見学したい場合は、案内付きツアーがおすすめ。敷地内には、日本だけでなく世界のウイスキーについても学べるウイスキー博物館や、地元の食材とウイスキーを一緒に楽しめる森のレストランがあります。また、大自然に囲まれた蒸留所をより楽しむには、野鳥のさえずりを聞きながら森を散策するバードサンクチュアリがおすすめです。

【サントリー白州蒸留所】
https://www.suntory.co.jp/factory/hakushu/info/

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3

関連するタグ