休日は家でビール♪気軽なのにこんなに違う!クラフトビールの楽しみ方

今回は、家にいながらいつもの宅のみをより楽しくする気軽に買える缶・ビンビールの飲み比べ方法をご紹介します♪

  • あーちゃん
  • 更新日:
103view
favorite
休日は家でビール♪気軽なのにこんなに違う!クラフトビールの楽しみ方

お酒好き呑んべぇのみなさんこんにちは!編集部のあーちゃん(@achan_nonbey)です!

流行の某ウィルスでなかなか外に出られずもどかしい思いをしている呑んべぇさんも多いのではないでしょうか?えぇ、私もその一人です。予定していた飲み会がなくなってショックの色を隠せず降りる駅を間違えました…

そんな事はさておき、外に呑みに行けないとなると家で呑むしかないわけですよね。でもいつも同じお酒をいつもと同じ感じで呑んでいると「あーそとで呑みたいっ!」ってモヤモヤしてくるんですよ。

そこで今回は、家にいながらいつもの宅のみをより楽しくする気軽に買える缶・ビンビールの飲み比べ方法をご紹介します♪最近はやりのクラフトビールは今やお店に行かずとも気軽に楽しめるようになり様々な味わいのビールをコンビニやスーパー、ネット通販で購入してビールイベントさながらの楽しみ方を自宅でも行えます!

なかなか家から出られず悶々としている呑んべぇさんも!気分が沈み気味の呑んべぇさんも!自宅でビールを楽しんじゃいましょう♪

クラフトビールってそもそも何?

最近はやりのクラフトビール。普通のビールとクラフトビールって何がちがうの?って思いますよね。

クラフトビールの定義をざっくりお伝えすると…

「小規模の醸造所による少量生産のビール」

えぇ、これだけです。「そんな大雑把な…」なんて思うでしょうがぶっちゃけクラフトビールの明確な定義ってないんです。クラフトビールの本場アメリカでは生産量の上限など明確な定義があるようですがアメリカだけに適用されているので日本では当てはまらない場合もあります。

日本人が思うビールってキンキンに冷やしたグラスにこれまたキンキンに冷やしたビールを入れて夏の暑い時期にグーっとのどを鳴らしながら飲むのがビール。

でもクラフトビールは常温の方が美味しい物もあったり冬にこそ飲みたい味わいがあったりゆっくり時間をかけて呑みたい味わいだったり…本当に個性的で「ビールが苦手」って人でも「クラフトビールのこの種類なら飲める!」って人が意外と多かったりするんですよね!

もう本当に「これ本当にビール?」って思うぐらい日本人の私たちのビールに対する概念を覆されるものばかりで飲み比べがめちゃくちゃ楽しいです!

   

かという私は以前クラフトビールを買いあさって一人で家でクラフトビール飲み比べ大会を行いました。結果、控えめに言っても最高でした。

もちろんただクラフトビールをたくさん買って飲み比べるだけでももちろん楽しいんですけど、クラフトビールのそれぞれの種類と特徴を知っているとより楽しく一人クラフトビール飲み比べ大会ができるので代表的なクラフトビールをご紹介していきますね!

【01】黒ビール

まずは黒ビール!

黒ビールは焦がした麦芽を使って作られているので香ばしい香りが特徴的なクラフトビールです。黒ビールと一口に言っても大きく分けてラガータイプとエールタイプがあり、黒ビールは苦い!黒ビールは甘い!と一概に言う事はできず黒ビール4種類だけで飲み比べるのも楽しいです!

特に有名なのは「ドラフトギネス」ですよね!

スーパーやコンビニでも気軽に買えるので一番身近なクラフトビールの一つですよね。

   

【02】ホワイトビール(白ビール)


女性に人気のホワイトビール(白ビール)は小麦麦芽もしくは小麦を多く使っているビールです。

こちらも大きく分けて、ベルシャンホワイトとヴァイツェンと呼ばれる2つのスタイルがあり、種類によりで柑橘系の香りや酸味を感じられたり、バナナのような甘味を感じることができます。どちらにしても苦みが少ないので、ビールの苦みが苦手という場合でもおいしく呑む事ができます。

ホワイトビールも最近ではコンビニやスーパーで気軽に買えるようになってきたのでぜひチャレンジしてみたい一本です。

   

【03】IPA

今、世界で一番人気があるクラフトビールと言われているのがIPAスタイルです。IPAにもさまざまな種類がありますが王道のIPAはグレープフルーツのようなさわやかな香りと強い苦み、高いアルコール度数が特徴です。

クラフトビールを呑みなれていない人がIPAをいきなり呑むとあまりの苦さに面食らうというほどしっかりとした苦みを楽しむ事ができます。このIPAははまるとなかなか病みつきでビールは絶対IPAというホリックも多いほど…

ビール好きと豪語するなら呑んでおきたい一杯です。

こちらも気軽にコンビニやスーパーで買えるようになってきましたね!

   

【04】ゴールデンエール

黄金色が美しく、柑橘系の爽やかな香りとすっきりとした味わいが特徴なのがゴールデンエールです。ビール離れが進む若者に対して、ビールファンになってもらうために作られたエールビールとも言われています。

ゴールデンエールも大手が参入するなど比較的気軽に手に取りやすくなったので、試してみてくださいね!

   

バーレイワイン


最後にご紹介するのがバーレイワインです。

ビールなのにワイン?と思いますが、味わいはまさにワインのようにじっくり通常6カ月~数年寝かせて作られるためフルーティな香りとどっしりとした熟成香が特徴です。アルコール度数も8.4〜12.0%とまさにワイン並み!

コンビニやスーパーではまだまだあまり見る事ができませんが、専門店やネット通販であれば手に入れる事ができるので気になる場合はぜひ試してみてくださいね!

   

普段のビールもティーバックを使えばオリジナルの味に!?

さらに、さらに、実は自分でクラフトビールのような味わいのビールを作る事もできます!

しかもティーバックをビールに浸すだけというとても簡単な方法で自分オリジナルの味わいが作れちゃうんです!

   

クラフトビール何種類か用意してさらにティーバックでオリジナリティを足しても面白いし普段呑んでるビールに入れてみてもいいし!外になかなか出れずに時間のある時は、ゆっくりじっくりビールと向き合って呑んべぇスキルをアップしておきたいですね♪

この記事を書いた人
あーちゃん

最新記事

記事バナー3

関連するタグ