初心者でも楽しめる!バーボンウイスキーの大人な世界

ウイスキーといえば、バーで大人が呑むもの。といったイメージがありますが、一口にウイスキーといっても様々な種類がるという事をご存知ですか?今回は、ちょっとウイスキー中級者向けのバーボンウイスキーについてご紹介します♪

  • あーちゃん
  • 更新日:
1,284view
favorite
初心者でも楽しめる!バーボンウイスキーの大人な世界

ウイスキーといえば、バーで大人が呑むもの。といったイメージがありますが、一口にウイスキーといっても様々な種類がるという事をご存知ですか?

実はウイスキーには様々な種類があり、その中でも世界5大ウイスキーに数えられているのが、スコッチとバーボン(アメリカン)そしてジャパニーズ、アイリッシュ、カナディアンです。

私たちが良く口にする多くのウイスキーがこの中でもスコッチとジャパニーズではないでしょうか。ジャパニーズウイスキーはスコッチウイスキーを手本にしている事から、どちらのスモーキーなフレーバーが特徴です。日本人の口によくあう事で親しまれているスコッチウイスキーですが、実はバーボンウイスキーも日本人の口にとても合う味わいなのです。

今回は、ちょっとウイスキー中級者向けのバーボンウイスキーについてご紹介します♪

バーボンウイスキーっていたい他と何がちがうの?

日本人になじみの深いスコッチウイスキーは大麦で作られる

スコッチウイスキーでいえば、ジョニー・ウォーカー・ブラックやオールドパーなどがお決まりとされていたのは今は昔、最近ではジャパニーズウイスキーである山崎12年やマッカランが有名です。

スコッチウイスキーは、大麦麦芽だけで作るモルトウイスキーと、大麦だけでなく、ライ麦や小麦、トウモロコシなどの穀類も加えて造る、グレーンウイスキーの二種類に大別されます。

実は、穀類のことを、英語ではグレーンと発音するので、穀類を加えたウイスキーのことを、グレーンウイスキーと呼んでいるのです。ところが、グレーンウイスキーは、そのままでは、どうしても飲みづらいので、他のウイスキーとブレンデツドすることによって、よりマイルドで、上品な味に仕上げることができ、販売されています。

一般的に、ウイスキーとよばれるもののほとんどが、ジョニー・ウォーカー・レッド、ジョニー・ウォーカー・ブラック、オールドパーを始めとして、ブレンデッドウイスキーだとも言えます。

甘く香ばしいバーボンウイスキーはトウモロコシを主原料とする

スコッチウイスキーに対して、バーボンウイスキーは、51%以上がトウモロコシで造られ、オーク材の樽に数年ねかせて、熟成するのを待って、出荷されます。アルコール度数は、40~43%と、スコッチウイスキーと変わりありませんが、独特の苦味といがらっぽさがあり、スコッチウイスキーに比べると、どこか荒削りな感じがします。

しかし、一度その味に慣れてくると、のどごしの美味さと、かーっとくるアルコール分の抜けのよさに魅了されてしまいます。西部劇映画のワンシーンで、カウボーイなどが、カウンターに肘をついて、小さなショットグラスで、一気にあおっているのが、バーボンですね。

香りといい、アルコール度数の高さといい、ちびちびは飲めない独特の味を、くいっと一気に呑みほすのがバーボンの大人な呑み方です。

そのバーボンも、フォアローゼズ、アーリタイムズ、ジム・ビームなど、数多くの銘柄がありますが、中でも、ワイルドターキーだけは、52%という群を抜いた荒々しさです。これが、一度はまると病みつきになる特別な味なのです。

フォアローゼズ びん 700ml

フォアローゼズ びん 700ml

【アルコール度数】40 %
【ブランド】Four Roses(フォアローゼズ)
【容器の種類】瓶
【原産国名】アメリカ合衆国
【原材料・成分】グレーン・モルト
【メーカー名】キリンビール
【画像出典】 Amazon

アーリータイムズ イエローラベル 700ml

アーリータイムズ イエローラベル 700ml

【アルコール度数】40 %
【ブランド】アーリータイムズ
【容器の種類】瓶
【原産国名】アメリカ合衆国
【原材料・成分】グレーン、モルト
【メーカー名】アサヒビール
【容器の種類】瓶
【産地(地方)】ケンタッキー
【画像出典】 Amazon

バーボンウイスキー ジムビーム 700ml

バーボンウイスキー ジムビーム 700ml

【アルコール度数】40 %
【ブランド】JIM BEAM(ジムビーム)
【容器の種類】瓶
【原産国名】アメリカ合衆国
【原材料・成分】グレーン、モルト
【メーカー名】サントリー
【産地(地方)】アメリカ
【画像出典】 Amazon

バーボンウイスキーはジンジャーで割る!カジュアルに楽しむ今日の一杯

ワイルドターキー8年は、50.5度、ロックにしても、さすがに、そうそう飲めたものではありません。そこで、カクテルにあるジンバックの発想で、ジンジャエールで割って飲むと、ワイルドターキーの苦味とジンジャエールのもつ生姜の甘さとが相まって、たまらなく美味しい味になります。炭酸の泡も度数をやわらげてくれて、マイルドな味になります。

さらに、ワイルドターキーの量を減らせば、度数も低くなって、女性でも飲みやすくなり、ワイルドターキーの世界に触れることができます。ジンジャエールの代わりに、ポッカレモンのドリンク用でも美味しく飲めます。

要は、柑橘系との相性がよいようです。この他にも、コーラーでも試してみましたが、コーラーの強さが鼻について、あまり美味しくありません。やはり、ジンジャエールのもつ、シャンパン系の柔らかさが、バーボンの美味しさを引き出してくれるのだろうと思います。

色もよく、琥珀色のワイルドターキーとよく合います。ちなみに、試みに混ぜてみたところ、ジンジャーによく似た色のリアルゴールドもマッチします。

バーボンウィスキー ワイルドターキー 8年 1000ml

バーボンウィスキー ワイルドターキー 8年 1000ml

【アルコール度数】50.5 %
【ブランド】ワイルドターキー
【容器の種類】瓶
【原産国名】アメリカ合衆国
【原材料・成分】モルト・グレーン
【メーカー名】明治屋
【産地(地方)】ケンタッキー
【画像出典】 Amazon

一度は味わいたい!バーボンウイスキーの中でも希少価値のある【ブラントン】

ところで、バーボンの中でも貴重な1本を手に入れられるのが、ブラントンという銘柄のバーボンです。

角張った丸いボトルのバーボンですが、このバーボン、ボトルに印字された文字の間に、金ラメのペンで、手書きされた部分があるのです。何が、手書きされているかというと、瓶詰めをした年月日だけでなく、どこの倉庫の、どの棚の、何番目の樽から、この日付けに瓶詰めしたかが、書かれているのです。

まさに、今手にしているボトルは、世界に同じ瓶が何本もない、言うなれば一本しかない、貴重なボトルなのです。

さらに、運が良ければ、もっと貴重なボトルを手にすることができます。それは、このバーボンのボトルの栓には、馬のフィギイァがついているのですが、普通はたれているその馬の尻尾が、横一線に伸びている馬のフィギイァがあるそうで、そのボトルにあたると、またまた貴重価値が生まれます。

バーボンの世界は、踏み込むほどに、どんどん広がっていきます。ぜひ、楽しんでください。

ブラントンブラック 750ml

ブラントンブラック 750ml

【アルコール度数】40 %
【ブランド】宝酒造
【商品重量】1.4 Kg
【梱包サイズ】25 x 11.5 x 11 cm
【容器の種類】瓶
【原産国名】アメリカ合衆国
【原材料・成分】モルト、グレーン
【内容量】1
【液体容量】750 milliliters
【メーカー名】宝酒造
【産地(地方)】アメリカ
【画像出典】 Amazon

この記事を書いた人
あーちゃん

最新記事

記事バナー3