コンビニウイスキーのおすすめはこれ!値段とおつまみを知って最高に楽しい宅のみを!

ちょっと大人なイメージもあるためか、ウイスキーはお店で呑むというイメージが強い人も多いのではないでしょうか?ウイスキーですが、実は宅のみにめちゃくちゃ向いているんです!今回はコンビニで買えるおすすめウイスキーの値段とおつまみをご紹介します。

  • あーちゃん
  • 更新日:
5,287view
favorite
コンビニウイスキーのおすすめはこれ!値段とおつまみを知って最高に楽しい宅のみを!

ウイスキーといえば、バーでしっぽり。なんていうのが乙でかっこいいですよね。

ちょっと大人なイメージもあるためか、ウイスキーはお店で呑むというイメージが強い人も多いのではないでしょうか?そんなウイスキーですが、実は宅のみにめちゃくちゃ向いているお酒なのです!

今回は気軽に買えるコンビニウイスキーのおすすめと値段、合うおつまみを中心にご紹介します♪

コンビニウイスキーの魅力!気軽に便利に宅のみを楽しもう♪

コンビニでウイスキー…。いつもコンビニの片隅にほそぼそと置かれているウイスキーを見ては、「買う人いるの?」なんて目を細めて見つめている人も多いのではないでしょうか?

実際、コンビニでウイスキーを買うと割高なイメージがあり、なかなか手が出しずらいのが実際のところですよね。

でも、それ、全くの誤解です!!コンビニのウイスキーは量が少ないものでは値段は安くて300円~、高い物でも1000円を少し越えるくらいです。

バーや居酒屋で呑むと、安くても1杯200円以上になってしまう事を考えるとコスパ良くないですか?

また、お水や炭酸水などを購入してウイスキーを割れば、コスパはより良くなります!1杯あたり50円やそこらになります。炭酸水だけ毎回買うようにすれば、ウイスキーのボトルを家にストックしておくだけで、何回もたのしめちゃうんです!ちょっとお得だって気づきました?(笑)

コンビニで買うからこそできる贅沢なウイスキーの楽しみ方!

コンビニウイスキーの最大の魅力は、小さいボトルが売っているという事です。スーパーなどでは、だいたい大きくてお得なものがあり「ウイスキーは絶対これしか呑まない!」という人以外は、ちょっと買うのに気が引けてしまう大きさだったりします。

それとは逆に、コンビニのウイスキーは小さめの物が多いです。大きくてお得ではありませんが、いろいろな種類を試してみたい人にとってコンビニのウイスキーはサイズもちょうどよく、値段もかわいいので手に取りやすいのです。

コンビニのウイスキーの相場は小さなボトルでだいたい300円から500円程度です。コンビニの常温のお酒コーナーを見れば、ずらっと並んだ小さなボトルのウイスキーがだいたいそのくらいの値段で買えます。

居酒屋の飲み放題や一杯200円とかで何杯も飲んで2000円くらいをかけるなら、ここで同じ値段で何種類も購入した方が、いろんなウイスキーの味を楽しめますよね。

ウイスキーは銘柄ごとに味、香り、舌触り、のど越しなど全く違います。辛い物からちょっと甘くて飲みやすいものまで、もちろん何で割るかによって味や香りも舌触りも変りますが、そういった部分も呑み比べで試せます。

自分の好きなウイスキーを見つけたり、ウイスキーごとの違いを楽しみやすいのがコンビニのウイスキーなんです!これは居酒屋やバーなんかじゃなかなかできません。コンビニで変える安くて質も劣らないウイスキーだからこそできる贅沢な楽しみだと言えますね♪

コンビニで買えるウイスキーおすすめ5選

ではお待ちかね!コンビニで買えるおすすめウイスキーを5つご紹介します♪

【1】サントリー角瓶

【1】サントリー角瓶

居酒屋さんなどでもよく見かける、サントリー角瓶は値段もお手頃で、とりあえず1本買っておくにはぴったりなウインナー。

【ブランド】角瓶
【容器の種類】瓶
【画像出典】Amazon

【2】サントリー トリス

【2】サントリー トリス

こちらもおなじみのウイスキー。毎回缶を買っているんだったら、とりあえずボトルで一本ストックしておいた方が断然お得です!

【ブランド】トリス
【容器の種類】瓶
【メーカー名】サントリー
【画像出典】Amazon

【3】山崎

【3】山崎

日本のウイスキーといえば「山崎」!といっても過言ではないほど、有名でちょっとお値段の張るウイスキー。小さいサイズであれば、手も出しやすいですね。

【賞受賞】インターナショナルスピリッツ・チャレンジ金賞
【ブランド】サントリー
【メーカー名】サントリービア&スピリッツ 株式会社
【画像出典】Amazon

【4】ジョニーウォーカー レッドラベル

【4】ジョニーウォーカー レッドラベル

ちょっと上品なウインナーを楽しみたいなら、世界でもっとも売れているウイスキーブランド「ジョニーウォーカー」がおすすめ!

【ブランド】JOHNNIE WALKER(ジョニーウォーカー)
【容器の種類】瓶
【原産国名】イギリス
【原材料・成分】モルト・グレーン
【メーカー名】キリンビール
【画像出典】Amazon

【5】ジャックダニエル

【5】ジャックダニエル

珍しいテネシーウイスキーであるジャックダニエルは、テネシー州にあるアメリカ最古の蒸留所である製造されています。家にあるとちょっとかっこいいウイスキーですね!

【ブランド】ジャックダニエル
【原産国名】アメリカ合衆国
【原材料・成分】グレーン、モルト
【メーカー名】アサヒビール
【画像出典】Amazon

おつまみは何にする?ウイスキーを何で割る?考えて選ぶ楽しさ

何種類ものウイスキーから何を飲むかを選ぶことができますが、コンビニで選ぶことができるのはウイスキーだけではありません!!何で割るか、おつまみは何にするか、おつまみは乾物もありますし、スモークタンやチャーシュー、スモークチキンなどもあります。

普通のお店だと料理をしたものも食べられますが、気軽にどのおつまみがウイスキーに合うのか、なんてことを考えながらおつまみを選ぶのもなかなかに楽しいものです。また、何で割るかはボトルで購入して自宅で飲むからこそ考えられることです。

オーソドックスな水割り、コーラでコークハイ、炭酸水でハイボール、居酒屋などで楽しめるのはこれくらいですね。けれど、他にも牛乳やサイダーなどの甘目の炭酸水、さらにはエナジードリンクなどで割って飲むこともでき、お店では気に入らなかったウイスキーも自宅で好きな飲み物で割って、それで飲むことで意外な味に気付けることもあります。

コンビニは飲み物も豊富に売っているので、その中からどれにするかを考えるのも楽しいものです。

マイペースにゆったりと。宅飲みじゃなければ味わえない楽しみ

ウイスキーの一番おいしい飲み方はこれです。居酒屋で知り合いや友達としゃべりながら飲むのも、バーで飲むのも決して悪くはありません。

しかし、ウイスキーは度数も高く一気に大量に飲むのにはあまり向かないお酒ですし、ウイスキーと言えば香りや舌触りをじっくりと楽しんで飲むがオツな楽しみ方というものです。ちょっとずつ自分の飲みやすいように調整しながら飲むのもいいでしょう。それができるのはやっぱり自宅での宅飲みに限りますね。

ラストオーダーや終電に急かされる必要もありませんし、好きな映画やドラマ、テレビ番組や動画を見ながらのんびりと、好きなだけ飲むことが出来ます。ちょっとずつ飲んで、少しずつ体温が上がっていって、酔っぱらっていくのが分かっていく感覚。これを感じやすいのもウイスキーの魅力です。

いつもいつもだとさすがに飽きてしまうと思いますが、居酒屋や人付き合いでのお酒に突かれたときには、コンビニのウイスキーでゆったりと宅飲みをしてみるのはいかがでしょうか?

この記事を書いた人
あーちゃん

最新記事

記事バナー3